女の心理を理解して夫婦関係を円満にキープするコツ

爆笑するカップ
女の心理がさっぱりわからずいつも夫婦喧嘩にな進展するは男性のせいだけではありませんが、性別の違いは時には高いハードルになることもありますよね。

大好きで結婚した相手、何年も一緒にいるけどいまだに本音がわからないという夫婦もなかにはいるでしょう。とくに夫からみた女の心理はつかみどころがなく、夫婦のすれ違い原因になる場合も。

いつも円満の夫婦はお互いをひとりの人間として尊重するだけでなく、男女の心理を理解して日々接していることが秘訣のようです。

しかし「秋の空と女心」という言葉があるようにコロコロ変わってしまう態度は、たとえ長年一緒いるパートナーでも理解に苦しむことがあるのです。そこで本日は女の心理の奥底を知り夫婦関係をさらに円満にする秘訣についてお伝えします。

一人の自由時間を増やしてあげましょう

女の心理がわからないと悩む男性は世の中に大勢いますが、夫婦関係となると毎日お互いの顔を見ているので心身共に休む暇がありません。女性はいつも甘えん坊で好きな人のそばにいたいはずと思うのは、男性のちょっとした誤解。

たまには女性も自分一人の時間を有意義に過ごして夫婦関係のリフレッシュをしたいと思っています。しかし男なら会社帰りにひとりで立ち飲みによってストレス発散できるかもしれませんが、女のくせに、女なのに、と言われると行動範囲が狭くなりますよね。

女性は一人になりたいとあからさまにアピールしないかもしれませんが、そんな時は二人でなく一人でやりたいことをさせて自由を感じてもらいましょう。

 

すっきりするまで話をさせてあげましょう

女の心理は言葉と態度が一致しない場面がよくあり、「怒ってない」と言っても本当は煮えたぎるほど頭にきている場合があります。言葉をそのままに鵜呑みにせず、相手の表情や行動なども合わせて相手の気持ちを知ることが夫としての役目。

たとえば口論になったときは奥さんに言いたいことをすべて話してもらい、反論するのでなくよい聞き役になってください。夫婦喧嘩はどこもつきものですが、お互いに自己主張するといつまでも平行線のままです。

女の心理では自分のストレスや不満を言葉にして伝えるだけで気分がすっきりするものなのです。仕事で疲れていても、必ず話を聞いてあげるようにしましょう。

 

適度な距離感を残し追いかけ合う関係にしよう

女の心理はいつも女王様のように男性に大切にされたい願望がありますが、だからと言っていつも男性が追いかけてくるような関係はマンネリして刺激が少なくなってしまいます。何年も夫婦として一緒にいるといつの間にか空気のような存在に。

それはとても素晴らしい関係である反面、恋をいつまでもしていた女の心理では物足りない関係に見える場合もあるのです。夫婦関係を刺激的に維持するためには。お互いに距離感を残し相手にもっと興味を持ってもらうような意識が大切です。

だらだら一日寝ている人よりも、きちんと身だしなみを整え休日はデートに行くような恋人関係でお互いを振り向かせましょう。

 

毎日5分間夫婦で向き合う時間を作りましょう

女の心理は強がりを言っても本当は寂しがり屋のところがあり、弱音を吐かないようにいつも自分をコントロールしています。仕事で家に帰ってきた旦那さんが疲れてすぐにビールを飲んでテレビに夢中。

こんな生活では夫婦のコミュニケーションが十分でなく、奥さんの孤独感が増す一方なのです。毎日何時間も夫婦で一緒に過ごすことは現実的に無理かもしれませんが、たった5分間二人で向き合いお茶を飲むだけでもそれぞれの存在に感謝できるチャンスです。

夕食の時間が一緒にできない場合は朝食に一緒にコーヒーを飲む、夜は一緒に晩酌するなどいつも奥さんの存在が一番であることをアピールしましょう。

 

喧嘩した後は夫から歩み寄ろう

夫婦円満の秘訣は喧嘩した時の仲直りの早さで、どんなに仲が良い夫婦でも必ず口論になった経験はあるでしょう。女の心理ではたとえ自分が悪くても夫から歩み寄って仲直りのきっかけを掴んでほしいものです。

大切にされていると実感できる瞬間なので、夫婦喧嘩をしたときはご機嫌を取るように奥さんの顔色をうかがってみましょう。そんな役割分担がある夫婦はどんなにひどい喧嘩をしても必ず元通りになるでしょう。

 

このように女の心理を理解するためには、奥さんの性格や価値観、育った環境なども考慮してあげることが大切です。夫婦は二人で一人、お互いに不足する部分をカバーしながら人生を送る戦友のようなもの。

辛い時期も楽しい時もいつも二人で共有しながら、幸福をわかちあえる関係が理想ですよね。女の心理を理解することは男性にとって毎日のチャンレジになるでしょう。しかしそれは男性だけでなく、女性側も同じように感じています。

よく知っているはずのパートナーが別人のように見えることもあるかもしれません。そんな人生の山あり谷ありをともに過ごしながら、二人が人間として成長していくことが夫婦である一番の意味になるです。

なんで怒ってるの?と思ったときはストレートに奥さんに質問してあげてください。ちょっとした気くばりが愛情表現になっています。


連記事