何をしても楽しくないときの5つの時間のすごし方

 何をしても楽しくないときの5つの時間のすごし方
何をしても楽しくないとき、ただダラダラとした時間をすごしている人も多いかもしれません。何をしても楽しくないので、時間が長く感じるもの。あとから振り返ったときに、無駄な時間をすごしたと思うことも少なくないですよね。

そんな時間を有意義に過ごせたら、満足度が高くなると思いませんか?何をしても楽しくないと、運命や境遇、環境のせいにしがち。でも、実は人生をつまらないものにしているのは、病気による場合もありますが、多くの場合は精神的な疲れや考え方に原因があります。

放っておくと、精神的な病気を引き起こすことも・・。毎日を楽しく有意義にすごせるようになると、人生に対する考え方が大きく変わることもあるので、何をしても楽しくないときこそ、時間を有効に活用しましょう。ここでは、何をしても楽しくないときにおすすめしたい時間の有効活用法をお伝えします。



 

何をしても楽しくないときの
5つの時間のすごし方

 

外に出て自然を満喫しましょう


学校や会社と自宅の往復ばかりの毎日では、ストレスがたまりますよね。そんな人におすすめの時間のすごし方は、自然に触れること。

都市部では特に、自然に触れる機会が少なくなっていますが、実は自然に触れ合うと免疫力が高まったり、自律神経が整ったり、心身がリラックスしたりなどの嬉しい効果があることが分かっています。

驚くことに、この効果はひと月も続くと言われているので、何をしても楽しくないと思う人にピッタリ!日ごろからストレスにさらされていることで、何をしても楽しくないと感じる場合には、少し遠出をして、豊かな自然に触れるのがおすすめですが、まとまった時間が取れないこともありますよね。

そんなときには、近所の公園や神社などでも大丈夫!できるだけ樹木がたくさんある場所で、のんびりとした時間をすごしましょう。

 

凝った料理やお菓子作りにチャレンジしてみましょう


日ごろから料理をする習慣がある人でも、なかなか本格的な料理を作る時間ってないですよね。何をしても楽しくないときこそ、少し凝った料理やお菓子作りにチャレンジしてみませんか?

本格的に作る料理やお菓子作りは、時間と手間がかかります。作り始めは、楽しいと思えないかもしれませんが、いつの間にか調理に没頭している自分に気づくはず。

いつもよりも何倍も美味しいご飯やお菓子を食べられるだけでなく、料理の知識や腕前もアップします。最近では、さまざまなレシピサイトがあるので、料理本をわざわざ購入する必要がないのも嬉しいポイント!

さまざまな料理を作って、小分けにして冷凍保存しておくと、忙しいときの食事に活躍するので一石二鳥ですよ。

 

部屋の掃除や模様替えをしましょう


何をしても楽しくないときって、集中力もないですよね。そんなときにこそおすすめしたいのが部屋の掃除や模様替えです。

部屋の乱れは心の乱れというように、部屋と心のあり方には、密接な関係があります。実際に、キレイに整理された部屋にいると、気持ちが良いものですが、物が多くゴチャゴチャとした部屋では、なんとなく心が落ち着かないもの。

これが、何をしても楽しくないと思わせる原因になってしまうこともあります。部屋の掃除は、やり始めるまでは面倒で後回しにしがち。でも、始めてしまうと、いつの間にか模様替えを始めてしまうほど、夢中になっているものです。

何をしても楽しくないときこそ、部屋の掃除や模様替えをしましょう。良い気分転換になるだけでなく、キレイになった部屋ですごすことで、精神的な疲れも吹き飛びますよ。

 

運動で体を動かしましょう


社会に出ると、体を動かす機会が減る人が多いですよね。何をしても楽しくないときこそ、体を動かしてみてはいかがでしょうか。

何をしても楽しめないときは、何かしらの理由で心の元気がなくなっているもの。体を動かすと肉体的な疲労はありますが、無理な運動でない限り、それは心地よい疲れなので、爽快感があり、気分は元気になっているものです。

昼間、適度に体を動かすことで、睡眠の質が良くなるだけでなく、血行が良くなったり、カロリーを消費できたりなど、嬉しい効果もあるので、おすすめですよ。ただし、無理な運動は逆効果になることがあるので、自分の体力や筋力に合った運動をすることがポイントです。

 

昔からの友だちに連絡してみましょう


何をしても楽しくないときは、いつもと違ったことをやってみるのに最適です。忙しい毎日をすごしていると、なんとなく疎遠になりがちな「昔からの友だち」に連絡してみましょう。

昔からよく知る友だちには、気兼ねなく何でも話せるもの。昔話に花を咲かせたり、近況を話したり、悩みを吐き出したりなどしているうちに、当時の関係や気持ちが思い起こされ、いつの間にか気分がリフレッシュして、友だちとの時間を楽しめますよ。

 

いかがでしたか。

何をしても楽しくない、つまらないと思うことってありますよね。そんなときは、たいてい心が疲れているもの。放っておくと、精神的な病気につながることもあるので、何をしても楽しくないときこそ、時間を有効に活用しましょう。

何かと忙しい毎日を過ごしていると、道端に咲く花にさえ気づけなくなるほど、自然から遠ざかってしまいます。でも、自然と触れ合うことで、心身がリラックスしたり、免疫力がアップしたりするので、少し遠出をして、海や森林などの自然に触れましょう。

まとまった時間がないときには、近所の公園などでもOK!自然の中で、本当は何がしたいのかを素直に感じてみるのもおすすめです。何をしても楽しくないときには、ダラダラとした時間をすごさずに、ここにご紹介したことを参考に、時間を有効に活用してみてくださいね。

 

まとめ

何をしても楽しくないときの時間のすごし方とは

・ 外に出て自然を満喫しましょう
・ 凝った料理やお菓子作りにチャレンジしてみましょう
・ 部屋の掃除や模様替えをしましょう
・ 運動で体を動かしましょう
・ 昔からの友だちに連絡してみましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c