男の心理を上手に活用して円満な交際をする鉄則とは

男の心理を上手に活用して円満な交際をする鉄則とは

男の心理を理解し、それを活用することによって幸せな交際を実現できたら嬉しいですよね。こんなに自分は彼のことを思っているのになかなか関係が上手くいかない…という悩みを持つ女性は意外にも多いもの。

せっかく交際が始まったのに、彼を怒らせてばっかりで辛い…という声もよく聞きます。相手のことを思って行動したのに結果が裏目に出てしまって失敗してしまうと誰でも落ち込みます。

どうすれば円満な交際ができるのかが分からず恋愛に対して自信を無くしてしまうということもあり得ますよね。そうなる前に、男の心理を理解することで交際に良い変化が生じるのなら試したいと思うもの。そこで今回は男の心理を上手に活用して円満な交際をする鉄則を5つお伝えします。



 

男の心理を上手に活用して
円満な交際をする鉄則とは

 

彼の自由を大切にする


男の心理の代表的なものとして、自由を大切にしたいというものがあります。大好きな彼女と交際できることは嬉しいことだけど、それによって自分の自由が奪われることは避けたいと心のどこかで思っている男性は多いよう。

よく言われることではありますが、不必要な束縛をせず、彼の自由を大切に思っているということを言動で示すようにしましょう。

例えば、会社での飲み会や同窓会、男友達と遊びに行くことなど、全てを禁止してしまうようでは男性はストレスを溜めてしまうのでその点はできるだけ寛容に許してあげるようにしましょう。

いつも快く送り出してくれる彼女が極たまに「今日は寂しいな、一緒にいてほしい。」と口に出すなら彼としても心から今日は一緒にいようという気持ちになるはず。いつも束縛してばかりいるなら「一緒にいたい」という言葉の重みも無くなってしまうので気をつけましょう。

 

彼の顔をいつも立てる


女性がいつも彼からの愛を確かめたいと思っているのと同じほど男性にとって重要なことは彼女からの尊敬の気持ちや敬意を払ってもらうこと。

男の心理としてはいつも彼女に自分を立ててほしいと思っています。人前ではもちろんのこと2人きりの時にもバカにされてばかりいると男性は気分を悪くしてしまい、また自信もなくしてしまいます。

そこで人前で彼の話を訂正したり、彼の間違いや弱点についてあれこれと話すことはやめましょう。尊敬の気持ちは言葉によっても表れるので、会話の中で彼のことを見下げるような話し方をしたり、命令したりするような発言も避けたほうがよいでしょう。

むしろ自慢にならない程度に、人前でも彼の良いところをさりげなく褒めたり、尊敬しているということを普段の会話からも伝えるようにしましょう。男性はそんな彼女のことを大切にしたいと思うはずですよ。

 

交際が安らぎの場となるようにする


多くのストレスと戦いながら仕事をこなす男の心理に交際を安らぎの場としたいというものがあります。幸せを感じられるはずの彼女との間でもストレスの原因があるとしたら、男性は「彼女と一緒にいると疲れる…」というふうにマイナスのことを考え出します。

いつも誰かの愚痴ばかりを言っている彼女や、いつも泣いてばかりの彼女を目の前に多くの男の心理としては面倒臭いと思ってしまうはず。

そこで男性が、「彼女といると仕事での嫌な気持ちも忘れられる、気持ちが明るくなる!元気になれる。」というプラスの影響を与えられるような彼女になる努力をしましょう。

辛いことがあったとしても明るく振舞おうといつも笑顔で頑張っている彼女のことを男性は大切にしたいと思うし、そんな彼女がたまに見せる涙に「この子を守りたい!」という強い気持ちを抱くことでしょう。

 

相談することによって頼りにしていることを示す


男の心理の一つとして「頼ってほしい」というものがあります。彼女が自分を頼りにしてくれているということを知ると男としての自信を持つことができるようになります。

逆に彼のことを全く頼らず、どんなことでも自分1人で解決してしまうようだと、自分はそんなに頼りないのか…と彼が落ち込む原因に。

そして相談をしたり意見を求めた際には「でも…」と言い訳をしながら受け答えするのではなく、「なるほど〜!」「さすがだね!」と彼の意見に賛同したり感謝するようにしましょう。

自分がいないとだめだなぁと思ってもらうことを目指したいですね。「あなたといると安心する。」などの一言を伝えることも効果的。彼女を守りたいという男の心理を上手に活用して円満な交際を実現させましょう。

 

彼の嫉妬心を丁度良い分だけ駆り立てる


男の心理では彼女は自分だけのものという独占欲が強く、他の男性に目移りしてほしくないという気持ちがあります。もちろんそれは女性の心理にもあることなので理解し易いはず。

しかし女性のように男性は感情的になって嫉妬心を言い表すことが少ないかもしれないのでその点は女性が理解して丁度良い程度に嫉妬心を保つようにすることが円満な交際の鉄則。

あまりにも仲の良い男友達の話ばかりを彼女の口から聞かされると男の心理としては、彼女のことが心配になるという気持ちを通り越して「もう聞きたくない」という具合にうんざりしてしまいます。

そんな状態では嫉妬心を駆り立てすぎと言えるかもしれません。そこで基本的には日常で他の男性の話はあまりしないというのが最善でしょう。

しかし時々、職場で異性から好意を示されているなど他の男性からも狙われているという様子を伝えることで丁度良く嫉妬心が駆り立てられ、誰にも渡したくない!という彼の気持ちを強められますよ。

 

いかがでしたか。

悪気がない言動であったとしても、男の心理を考慮に入れていないがために交際が上手くいかないということはよくあること。

しかしその男の心理を上手に活用することによって円満な交際を続けられたらとても良いですよね。そこで今回お伝えした5つの鉄則を心に留めて男の心理を上手に活用してみましょう。

彼の顔を立てたり、頼りにしていることを示したり、寛容に彼の自由を大切にするなど難しく感じることもあるかもしれませんが、本当に彼のことを尊敬し愛しているのなら難しすぎることはないはず。

これらを守って交際できるようになると、彼としても「こんなに良い女を離したくない!」という強い気持ちを持つようになること間違いなし。

男の心理を理解している、そしてそれを上手く活用できる彼女になりましょう。幸せな交際が続きますよ。

 

まとめ

男の心理を活用して交際するには

・ 彼の自由を大切にする
・ 彼の顔をいつも立てる
・ 交際が安らぎの場となるようにする
・ 相談することによって頼りにしていることを示す
・ 彼の嫉妬心を丁度良い分だけ駆り立てる

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c