大人ニキビが出来てしまったら、見直すべき6つの生活習慣とは

大人ニキビが出来てしまったら、見直すべき6つの生活習慣とは朝起きて鏡を見ると顔に大人ニキビを発見!なんてことありますよね。これでは朝からテンション下がってしまいます。。。ニキビは青春のシンボルなどと言われていますが、大人ニキビは、そうはいきません。では、思春期でもないのに、なぜ大人ニキビが出来てしまうのでしょうか。

思春期の頃は誰しもニキビを経験しますが、20歳を過ぎてもなお大人ニキビができてしまうなんて、まだまだ若い証拠かな?と思うかもしれませんが、実は大人ニキビには、毎日の生活の中であなたが行っているいくつかの見直すべき生活習慣が関係しているのです。

大人ニキビが出来てしまったあなた。見直すべき生活習慣には、きっと心当たりがあるはずです。そこで今日は大人ニキビにさようならできるよう、大人ニキビが出来てしまったら、見直すべき6つの生活習慣についてお伝えします。ではご覧ください。



 

大人ニキビが出来てしまったら
見直すべき6つの生活習慣とは

 

睡眠不足は美肌の大敵。質の良い睡眠を心がけよう


大人ニキビに悩まされているあなたは、睡眠時間を十分に取れているでしょうか。 睡眠不足は美肌の大敵と言われるように、大人ニキビを作る大きな原因でもあるのです。

睡眠が十分に取れていると成長ホルモンが分泌され、体調や肌の状態が良好に促されます。成長ホルモンは成長期の子どもにとっては身長を伸ばすために働きますが、大人にとっては体の機能を正常に整える大切な機能を果たしています。

毎日睡眠不足が続いていると体の機能が低下し、翌朝大人ニキビとなって表れてしまうのです。

お肌のゴールデンタイムと言われる夜10時から午前2時の間には、この成長ホルモンが最も多く分泌されます。この時間帯に良い睡眠が取れるよう、なるべく早めに夕食をとり、寝る1時間前には入浴を済ませておきましょう。アロマを炊いたり、心地よい音楽を聴くなど心をリラックスして、自然と眠気を誘うよう心がけてみましょう。

 

ストレスをためず、自分をリラックスできる方法を見つけよう


仕事やプライベートで嫌なことがあったり、気になることがあったり、大人になり社会に出ると悩みはつきませんよね。体の疲れだけではなく、心が疲れてストレスがたまってくると睡眠不足になったり心の状態が不安定なり、それが体や肌にも表れてきます。

そんな時に大人ニキビはできやすく、注意信号の表れなのです。ストレスをそのままにしておくと、体の免疫力が落ちて様々な病気を引き起こします。大人ニキビはその前兆とも言えるもので、過信せず、自分に合ったストレスを取り除く方法を一刻も早く探しましょう。

汗をかくようなスポーツでも良いですし、興味があるおけいこ事に通い集中してみるのも良いかもしれません。自分なりのリラックス方法を見つけ、心身ともに健康になり、大人ニキビとは無縁の美しい肌を目指しましょう。

 

暴飲暴食、喫煙は避け、体に優しい物を取り入れよう


大人ニキビができやすい人に多い食生活の習慣が、好きなものを好きなだけ食べ、好きなだけ飲むパターンです。ストレスがたまると大食いしてしまったり、お酒を大量に飲んでしまったりしがちですが、そんなことを続けていては大人ニキビができるにおさまらず、肥満、内臓への負担が懸念されます。

また、喫煙も肌に悪いと言われますが、タバコの主成分ニコチンは神経中枢、末梢神経を刺激し血管の凝縮を起こし血流の流れを妨げることが分かっています。血行が悪くなった肌には酸素や栄養分が行き届かず、新陳代謝が悪くなるので、大人ニキビのような形で肌へ悪影響となって表れるのです。大人ニキビ対策にも、そして健康維持のためにも禁煙外来を受診し、禁煙にトライしてみてはいかがでしょうか。

食生活は、質の良い食べ物をを適度に取り入れることが一番です。大人ニキビと無縁の肌を望むのであれば、暴飲暴食、喫煙を避け、体が喜ぶものを取り入れることができるよう、自分の食生活を見直してみましょう。毎日何を食べたのか、何時に食べたのか、食日記をつけるのも良いでしょう。

 

冷えは大敵。体をあたためて体の中から元気になろう


最近では冷え取りソックスなどが話題になるなど、体を冷やさない工夫がすすめられています。女性が男性より冷え性が多いのは、皮下脂肪が多く、一度冷えてしまうと温かいものが通りにくいので冷え性になりやすいと言われています。

また、生理前や後などに大人ニキビができたことはないでしょうか。生理がやってくる周期にはホルモンの分泌に変化が生じ、冷え性になりやすいことが分かっています。

体温の低下は、血流、代謝が悪くなるだけではなく、自律神経にも影響を及ぼします。大人ニキビができにくい体や肌になるよう、衣服を工夫し、冷たい飲み物や食べ物はなるべく避けて、体の中からしっかり温めて元気に過ごしていると大人ニキビも減っていくはずです。

 

紫外線対策をして、肌の角質化を防ごう


日差しが強くなってくると紫外線対策に日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりしますよね。美白ブームでもあり、紫外線対策を気にする人が増えていますが、実は紫外線は大人ニキビにも悪い影響を与えているのです。

日焼け対策をせず、そのままの肌の状態で紫外線を浴びると肌を守ろうと角質化がおこり、肌が厚く固くなります。固くなった肌は毛穴がフタをされた状態で、汚れが詰まり大人ニキビができてしまうというわけです。固く角質化した肌は抵抗力が弱り、炎症を引き起こしバリア機能も低下します。

大人ニキビを予防するのであれば、普段から日焼け止めを塗るなど紫外線対策を忘れず行いましょう。

 

基礎化粧品やメイク用品、シャンプー、洗顔料などを見直し、すすぎ残しがないようにいつも清潔にしよう


食生活にも気をつけているし、紫外線対策も万全なのに突然大人ニキビが出来てしまった・・・こんな人は、もしかすると最近変えたばかりの化粧品やシャンプー、洗顔料などが原因かもしれません。

直接肌につける化粧品やシャンプー、洗顔料などは肌に合わないと様々なトラブルを引き起こします。かぶれや湿疹で表れると、それらの影響だとすぐに分かりますが、大人ニキビの場合は、まさかシャンプー?洗顔料で?となかなか結びつきにくいですよね。

また、肌に合うものであってもすすぎ残しがあると大人ニキビの原因になってしまいます。顔や頭を洗う時はゴシゴシこするのではなく、優しく洗い、すすぎ残しがないようにしっかり流しておきましょう。

 

このように大人ニキビが出来てしまう原因には、今まで何気なくしていた生活習慣が深く関わっていたことがお分りいただけましたよね。睡眠不足やストレスの蓄積、食生活の乱れ、体の低温化、紫外線の悪影響、肌につける化粧品など、社会生活を送る誰もが気をつけなければならないことばかりです。大人ニキビぐらいそのうち治ると過信していてはいけません。大人ニキビは生活習慣の見直しを教えてくれているサインなのです。

大人ニキビのサインを見逃して生活習慣を改善しなければ、後々深刻な病気にかかってしまう可能性もあるのです。過信は禁物です。大人ニキビができる状態は、体の健康にも影響していることを忘れないでくださいね。心も体も元気に健康でいられたら、いつの間にか大人ニキビと無縁のいきいきとしたあなたに変わっていることでしょう。

 

今日のまとめ

大人ニキビが出来てしまったら

1. 質の良い睡眠を心がけ、美肌の大敵睡眠不足を解消しよう

2. 心の疲れやストレスは肌に悪影響。自分なりのリラックスできる方法を見つけよう

3. 暴飲暴食、喫煙をやめて、質の良い食べ物を適度に取り入れる習慣をつけよう

4. 体温の低下は色々な症状を引き起こす、常に体を温めることを意識して過ごそう

5. 紫外線対策は日焼けのためだけではない、肌の角質化を防ぐために普段から紫外線対策を実践しよう

6. 肌に直接つける化粧品やシャンプー、洗顔料を見直そう。すすぎ残しは禁物です。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c