自分に合った便秘解消法をみつけて、すっきりお腹になる4つ方法

自分に合った便秘解消法をみつけて、すっきりお腹になる4つ方法
女性にとって便秘解消法の悩みって尽きないですよね。便秘解消されない日がが何日も続くと、体も重く気分もスッキリせずブルーになってしまうもの。下腹だけがプックリ出ていて目立ってしまっている・・・、恥ずかしい・・・という悩みもでてきてしまいます。

おまけに肌荒れの原因になったり、頭痛・腹痛の原因やせっかく一生懸命ダイエットを頑張っても思うように結果がでなかったりと悪循環を招いてしまいますよね。そこで今日は、日頃から無理なく自分のペースでできる便秘解消法をお伝えします



 

自分に合った便秘解消法をみつけて
すっきりお腹になる方法

 

便秘解消に効果的な手のツボ


便秘解消法の1つとして、手のツボ押しがおススメです。手のツボ押しは、いつでもどこでも気軽にできるので、通勤中、仕事や家事の合間に押すなど、習慣として取り入れやすい効果的な便秘解消法です。

手のツボは左右対称にあるので、左右両方を優しく刺激してあげてください。

間使(かんし)→ツボの場所:手首の内側。手首から指5本分肘の側に近づいたあたりの筋部分。

支溝(しこう)→ツボの場所:手の甲側。手首から肘に向かい指4本分の腕の中央部分。

神門(しんもん)→ツボの場所:手のひら側。小指側の手首の小じわのあたりの窪み。

合谷(ごうこく)→ツボの場所:親指と人差し指の付け根のちょうど中間あたり。手の甲側にある。

なかでも、「間使(かんし)」は、便秘解消法として、即効性が期待できるツボと知られており、「合谷(ごうこく)」は、便秘解消のみならず、頭痛、眼精疲労、肩こり、不眠症、精神安定などにも効果的と言われています。

はじめツボを押すのは、痛みを感じるかもしれませんが、リラックス効果のある香りの良いハンドクリームと一緒に、マッサージ感覚ではじめてみてください。

 

便秘解消に効果的な足のツボ


便秘解消法の1つとして、足腰を冷やさないように心掛ける事も大切です。血行を良くする足のツボ押しも、効果的な便秘解消法と言えます。

お風呂上がりで体が温かくなっている状態や就寝前で体がリラックスしている状態の時に、是非試してみてください。

足裏の反射区→ツボの場所:両足の土踏まずの周辺

厲兌(れいだ)→ツボの場所:足の人指し指の爪の横、中指寄りの部分

足の三里(あしのさんり)→ツボの場所:膝の皿から指4本分下がった足の外側

三陰交(さんいんこう)→ツボの場所:くるぶしから指4本分上にのぼったあたり、足首の内側付近

「厲兌(れいだ)」は、便秘だけじゃなく、むくみ解消の効果も期待できたり、「三陰交」は消化器、肝臓、腎臓といった内臓器官の働きも助けてくれる効果もあります。

自分でツボを押すと、どうしても間違えた場所を刺激してしまったり、力加減が分からず強く押し過ぎてしまうこともあります。

自分の無理のないペースで目安を考え、慣れてきたら回数や時間を増やしていくのが理想的です。

 

プチ断食も便秘解消には効果的


最近では、様々な種類のプチ断食用のダイエット食品が販売されています。プチ断食も効果的な便秘解消法の1つとしてとても推奨されています。

その中でも、酵素ドリンクによる置き換えダイエット、ジュースクレンズを愛用している人が多いのでないでしょうか。

そもそも、断食って体に悪いってイメージがあるかもしれませんが、食品という固定物を摂取しない事で、普段使い過ぎている胃腸を休ませ、その分体に蓄積された老廃物を排出させる事に集中させる効果があります。

老廃物を排出させるという事は、便秘も例外ではありません。

便秘がちな上に、飲み会・外食続きで食べ過ぎを感じる人には、体重管理をする良いきっかけにもなりますし、胃腸やお腹スッキリさせ、宿便を解消する効果もあります。

便秘解消法として自分にとって、ストレスのない程度に期間とペースを決めて、試してみてはいかがでしょうか。但し、断食した後は、油っぽい食事や刺激の強い食事は控え、胃腸に優しい食事を心掛けましょう。

 

便秘解消には、豆乳も効果的


一般的には、便秘解消法として良く食べられているのが、ヨーグルトですよね。朝食の1品としてや、おやつ、デザート感覚でよく好まれて食べられています。

より効果的な便秘解消法としての食べ方として、食後に食べること、オリゴ糖を混ぜて食べる事が推奨されていますが、豆乳も比較的安価で効果的な便秘解消法としておススメです。

豆乳には、ごぼうの2倍の食物繊維、腸の動きを活発にしてくれる大豆イソフラボン、便を程よく柔らかくしてくれるマグネシウム、そしてオリゴ糖も含まれているので腸内環境を整えてくれます。

特におススメなのは、無調整豆乳ですが、やはり豆乳独特のクセがあるので、慣れるまでは調整豆乳からはじめてみましょう。

飲むタイミングとしては、朝起きてすぐ飲むことです。朝は、最も腸が活動する時間帯であり、直腸を動かし、排便作用を高める効果が期待できます。

また、体に水分や老廃物が溜まりやすい生理前の便秘解消法としても効果的です。豆乳は、女性に合った便秘解消飲料と言えるでしょう。

 

いかがでしたか。便秘解消法として、真っ先に考えるのが、下剤を飲む事だったりすると思いますが、自分のタイミングの良い時間帯に便意がきてくれれば良いですが、いつどこで、腹痛や便意が来るがわかりません。また、下剤に慣れてしまって、自力で便通を良くする力が狂ってしまっても危険です。

便秘やお腹がスッキリしないのは、慢性的なものであったり、足腰の冷え、生理前の兆候だったり、食べ過ぎだったりと色々あると思います。だからこそ、お腹の状態に合わせて、1番適しているものを選んでみてください。

慢性的な便秘や足腰の冷えからくる便秘には、手足のツボ押しがおススメです。食べ過ぎや生理前の兆候には、プチ断食や毎朝豆乳を飲んだりして、身体の老廃物を体外へ出す事を意識してみてください。

 

≪今日のまとめ≫

自分に合った便秘解消法をみつけて、すっきりお腹になるには

・通勤時間、仕事の合間にもできる手のツボを押してみよう。
・足のツボを押して、血行を良くしよう。
・胃腸を休ませ、デトックス効果を活発にしよう。
・食物繊維を多く摂取しよう。
・極力下剤に頼らないようにしよう。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c