仕事休む理由で悩む人必見!スムーズに休暇を申請する方法

仕事休む理由で悩む人必見!スムーズに休暇を申請する方法
仕事を休む理由は色々ありますが、できるだけ上司に納得してもらえる妥当な言い訳があると良いですよね。職場の雰囲気によっては有給が取りづらいところも多く、皆さん無理をして毎日仕事をしないといけない場合もあります。

風邪をひいた時のような仕事を休む理由なら仕方がありませんが、気分をリフレッシュするために休暇を取りた時もあります。そんな場合、正直な理由で休暇を申請すると却下される可能性もあるのです。

仕事をさらに頑張るために、休暇をとって気分転換することはとても大切ですが、一番困難なのはどうやって仕事を休む理由を考えるかという点です。そこで早速ですが、毎日疲れている人にオススメの、仕事を休む理由をスムーズに申請する方法をお伝えします。



 

仕事休む理由で悩む人必見!
スムーズに休暇を申請する方法

 

迷惑にならないように長期の休暇は早めに申請しましょう 


仕事を休む理由は思いつくものがなく、ギリギリになって休暇を申請する場合もありますよね。しかし注意したいのは、長い休暇をとる場合は職場の人にできるだけ迷惑をかけないように配慮が必要な点です。

一日休んだだけでも、必ず自分の穴を埋めてくれる人が存在するため、長期休暇の場合はできるだけ早めに申請をして、事前に準備できることは完璧にこなしておきましょう。

仕事をしていると海外旅行などの長期休暇を頻繁にとるのは難しいのですが、まずは休みが承認されるかどうかわかるまでは、休暇の予定を立てるのは待ちましょう。

 

体調を理由に仕事を休みましょう 


仕事を休む理由で最も一般的で納得してもらえるのが「体調が悪い」という健康上の理由ですよね。熱がある、頭痛がひどいなど、具合が悪くなることは誰にでも可能性があります。

さらに胃腸炎やインフルエンザなど周囲に感染する可能性がある場合は、上司も休みを許可しない訳にはいきません。体調が悪いことを仕事を休む理由にする場合は、前日からなんとなくだるそうにしておいてもよいでしょう。休む当日できるだけ早めに会社に連絡をして休暇を申請してください。

または健康診断に行くという理由も会社側では却下しずらいことなので、定期的に仕事を休む理由として使ってみましょう。

 

家族を言い訳にして休暇を申請しましょう 


仕事を休む理由を考えるのはとても難しいことですよね。毎日残業で疲れた時は、「ずる休み」をすることも必要かもしれません。

そんな場合の仕事を休む理由は、適当な言い訳が思いつかず、失敗したら嘘がバレてしまうことにもなりかねません。よく使われる仕事を休む理由として家族を言い訳にする場合がありますが、「そんな理由で?」と思われない内容にしないといけません。

家族や親せきの冠婚葬祭はずる休みの定番の言い訳なので、もっと真実味を出す為には子どもの学校行事、親の検査に付き添い、祖父母が状況するなど上手な理由を考えましょう。

 

役所関係の用事を理由に休みましょう 


仕事を休む理由は、何度も同じ内容を繰り返してしまうと嘘がバレる可能性が高くなりますよね。スムーズに休暇申請できる理由には、「役所関係」があります。

例えば自動車免許の更新や市役所での手続き、検定試験を受けに行くなど。このような理由は当日判明するものではありませんので、なるべく早めに休暇申請したほうが真実味も多くなります。

しかし役場関係の用事は一日休みを取るほど時間がかからない場合もありますので、遠方の役場や本庁まで出向くことを必ず告げておきましょう。

休暇申請する場合は週末に合わせて連休にすると、怪しまれる可能性もありますので平日のド真ん中の方が許可されやすいのです。

 

言い訳せず正直な理由を上司に伝えましょう 


仕事を休む理由が思いつかない時は、あれこれ悩みとても不自然な言い訳をしてしまう場合がありますよね。後で職場での雰囲気が悪くならないように、正直に休みたい理由を勇気を出して上司に伝えましょう。

例えば残業が続いて疲労がたまっている、旅行に行ってリラックスしたいなど、仕事を休む理由を正直にアピールした方が気持ち的に楽になります。

言い訳をして休んだ場合はいつまでも嘘がバレないように神経をとがらせないといけません。そんなストレスを抱えるぐらいなら、無理をして仕事を休む必要はないのです。

 

いかがでしたか。朝起きた瞬間にどうしても仕事に行きたくない時って皆さん一度は経験がありますよね。そんな時にどうやって仕事を休む理由を考えるか、とても面倒でよい理由が思い付きません。

風邪をひいた、具合が悪いという理由は出社した時も体調が悪いふりをしないといけませんし、定番の理由なので嘘をついていると思われるので注意しないといけません。

スムーズに休暇を申請するためには、事前から準備を重ねできるだけ早めに会社に伝えることが重要です。誰でも仕事に行きたくない日は必ずありますが、そんな時にスムーズに休める理由をいくつか知っておくと安心です。

疑われないように仕事を休むには、理由と告げるタイミングにも注意をして周囲に迷惑をかけないことが大切です。

まとめ

仕事を休みたい時に机でできるリラックスとは

・ 迷惑にならないように長期の休暇は早めに申請しましょう
・ 体調を理由に仕事を休みましょう
・ 家族を言い訳にして休暇を申請しましょう
・ 役所関係の用事を理由に休みましょう
・ 言い訳せず正直な理由を上司に伝えましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c