【出産費用】たった5つの手続きで税金が大幅に軽減できる方法

【出産費用】たった5つの手続きで税金が大幅に軽減できる方法
出産費用は国から出産手当一時金が出るからと言って決して安いものではありませんよね。家族が増えるのは大変喜ばしいことですが、妊娠期間中には実にさまざまなお金がかかってしまうのです。それに、妊娠・出産は何事もないほうが珍しいです。不妊治療にも莫大なお金がかかりますし、妊娠したからと言ってすべての赤ちゃんが順調に生まれるとは限りません。

切迫流産・切迫早産で入院や治療が必要となってたり、また出産時にも緊急手術や赤ちゃんの入院など何かしらとかかるお金はたくさん出てきます。出産するまでには総額で結構なお金がかかりますが、ある手続きをすることで税金が軽減できる方法があるってご存知でしたか?そこで、今回のテーマは、~【出産費用】たった5つの手続きで税金が大幅に軽減できる方法です。知っていて絶対に損はない内容となっていますので、是非ご覧ください。



 

【出産費用】たった5つの手続きで
税金が大幅に軽減できる方法

 


医療費控除を受けよう


「医療費控除」とは、1年間のうちにかかった医療費が既定の金額より多かった場合に税金が返ってくるという控除性度です。 妊娠・出産をした年は妊婦健診や分娩・出産時の入院費用など医療費が普段より多くかかっているので、確定申告で申請すればなんとお金が戻ってくるのです。

 


申告条件をチェックしよう


医療費控除の場合、給付条件は2種類です。皆さんはどちらかにあてはまっていますか?当てはまっている場合は医療費控除のための確定申告が出来ますので、きちんと確認してみてください。まず、1つ目の給付条件は、1世帯の医療費が1年間で10万円超えてしまった場合です。これは、家族全員で1年間にかかった医療費が申告の対象となっています。その際に注意して頂きたいポイントがあります。この医療費控除の申告の際には、申告する人は所得税を払っていて、世帯で最も所得の多い人がするとお得です!なぜなら、この条件に当てはまる方が申告するだけで戻ってくる金額が多くなるのです。それはうれしいですよね~!

また、2つ目の申告条件は、以下の条件が必須となります。
・所得税を払っていて所得が200万円未満の方
・1年間の医療費が所得の5%を超えた方
この場合ですが、一つ目の条件とは異なり、個人の医療費が所得の5%を超えた場合に申告できます。

 


手続きの際に必要な書類を準備しよう


申告条件に合えば、どなたでも申告が可能ですがそれには色々と揃えなければいけない書類があります。自分でコツコツ準備するものもあれば、申請して取り寄せるものもありますのでコツコツ準備していきましょう。まず、ご自分で準備するものについてお話しさせていただきます。

1つ目は、1年間の医療費の領収書です。これはちょっと面倒かもしれませんが、証明出来る大事なものですのでなくさないで取っておきましょう。1箇所に集めて、日付順に並べておくと後々便利かもしれません。
2つ目は、病院にいったときの交通費の領収書などです。これも控除対象なんだ!と驚きました~。交通費はメモ書きでも対象になりますので、神経質にならなくてもよいと思いますよ。でも、上記の医療費の領収書と一緒に日付順に並べておくと完璧です。
3つ目は、健康保険や保険会社などから支給された金額の証明書となります。健康保険から支給された出産一時金、高額医療費が対象になっています。出産手当金などは、は給与のかわりとして支給されるので給与が関係しているものとして扱われるので対象になりません。

ここまでが、自分で準備する書類ですが、最後に職場に準備してもらう書類もあります。源泉徴収票です!会社員・公務員の人は12月に入ると会社から発行されます。また出産を機に退職してしまった場合などは、1月に入ったら退職した勤務先に発行してもらえますのできちんともらってくださいね。

 


実際に確定申告の手続きをしてみよう


では、上記の書類を準備したら税務署で手続きをしましょう。確定申告の用紙と医療費の明細記入用紙が必要となります。こちらに関しては、税務署にとりにいく必要がありますよ~。きちんと申請期間内に行くようにしましょう。

 


早めに準備しましょう


間接的に税金が軽減できる制度として、他には高額医療費申請、乳幼児医療費控除、失業給付金・出産一時手当金などがあります。妊娠・出産の際はいろいろとしなければいけない手続きが増えますので早めの準備をしておきましょう。

 

いかがでしたか。【出産費用】たった5つの手続きで税金が大幅に軽減できる方法をご紹介しました。妊娠・出産も初めてで戸惑うことが多いのに、やらなければいけないことがたくさんあって、何だか不安というかたも多いでしょう。

しかしインターネットで調べると実にわかりやすく教えてくれているサイトもたくさんありますので、わからないことは自治体に聞きながらコツコツと準備を始めてはどうでしょうか?ちょっとの手間で、得するのであれば面倒くさがらずに、やっていきましょう!

 

今日のまとめ

【出産費用】たった5つの手続きで
税金が大幅に軽減するには

1、医療費控除を受けよう
2、申告条件をチェックする
3、手続きの際に必要な書類を準備しよう
4、実際に確定申告の手続きをしてみよう
5、早めに準備しましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c