別れるべきか迷った時に読みたい5つのヒント

別れるべきか迷った時に読みたい5つのヒント
恋人とケンカしたときや嫌な一面を見てしまったときなど、恋人と別れるべきか考えることってありますよね。でも、情があったり、まだ好きな気持ちが残っていたりすると、なかなか答えを出せないもの。

とは言え、二人の関係がぎくしゃくし始めると、以前のような関係に戻すのも簡単ではありません。多くの人が、付き合いを続ける中で、別れるべきか迷う時期を経験しますが、自分ではなかなかその答えを導き出せないので、友人や家族など外側に答えを求めがち。

でも、いくら相談しても、これと言った答えに辿りつけず、堂々巡りを繰り返している人が多いのではないでしょうか。それもそのはず。

そこで導き出された答えは、あなたの答えではなく、相談した相手の答えなのですから。では、どうすれば自分の中の答えに辿りつけるのでしょうか。ここでは、別れるべきか迷ったときに自分の中の答えに辿りつくヒントをお伝えします。



 

別れるべきか迷った時に
読みたい5つのヒント

 

どうして別れるべきだと思ったのかその理由を考えてみましょう


別れるべきか迷っているとき、そのことばかりを考えてしまうので、どうして別れるべきだと思ったのか、その要因となることを忘れてしまいがちですよね。

でも、別れるべきか迷っているときだからこそ、どうして別れるべきだと感じたのか、冷静に見つめ直しましょう。このとき、どうしても相手にだけ要因があるような視点で見てしまいがちですが、これだけでは不十分です。

自分のことを見つめ直すのは、難しいものですが、自分自身の中にある別れるべきだと感じた要因も見つめ直し、それぞれを紙に書き出しましょう。

すべての要因を拾い出したら、どうしてそうなってしまったのかをひとつずつ考えていきます。それは、一時的な感情のもつれやちょっとしたすれ違いだったのかもしれません。

どうしても避けられないことだったのか、どうすれば避けられたのか、サインは出ていなかったのかなど、しっかりと分析していきましょう。こうすることにより、この先、恋人とどうしたいのか、自分の本当の気持ちが見えてきますよ。

 

恋人と別れた方が良い理由と別れたくない理由を明確にしましょう


別れるべきか迷っているということは、少なからず、別れたくない、別れない方が良いと思う気持ちもあるということですよね。そんなときには、自分の中のそれぞれの気持ちを整理しましょう。

別れた方が良いと思う理由と、別れたくないと思う理由をそれぞれ紙に書き出しましょう。ここでのポイントは、できるだけたくさん挙げること。自分の中のそれぞれの気持ちを客観的に見つめ直すことで、自然と答えが導き出されますよ。

別れた方が良い理由と別れたくない理由をたくさん挙げられない場合には、付き合った時間の中で良かったことと良くなかったことを挙げてみましょう。

その上で、今後、良かったことに目を向け、良くなかったことと折り合いをつけることができるのかをじっくりと考えると、自ずと答えが見えてくるはずです。

 

一旦恋人との距離を置いてみましょう


別れるべきか迷ったときにもっとも大切なのは、一時的な感情で結論を出さないこと。恋人とケンカしたときに、勢いで別れてしまうこともありますよね。でも、多くの場合、勢いで別れたことを後悔するものです。

恋人と別れるべきか迷っているときは、どうしても感情に流されてしまいやすいので、後悔を避けるためにも、一旦恋人との距離を置き、二人の関係を見つめ直す時間を作りましょう。

この間、恋人と連絡を取らずに、一人で過ごす時間を増やすのがポイント。恋人と離れることで、これまで当たり前になっていたことに気づいたり、見えずにいた自分の気持ちが見えてきたりします。

距離を置いているからこそ、よりリアルに恋人と別れたあとのことを想像できるので、別れるべきかどうかの答えも出てきやすくなりますよ。

 

恋人との未来を想像してみましょう


恋人と付き合い続けるのが、なんとなく不安で別れるべきか悩むこともありますよね。そんなときには、このまま二人が付き合い続けたら、どんな未来が待っているのか想像してみましょう。

このとき、もしも二人の幸せな未来を想像できない場合は要注意!若いころは、ただ「好き」という気持ちだけで、突き進むこともできますが、結婚や家族のことなど、将来を考えるような年齢になってくると、好きだけではどうにもならないことがあることに気づくはず。

どんなにまだ好きという気持ちが残っていても、今、辛くても別れを選択する方が、将来的に幸せになれることもあります。

恋人との未来を想像したときに、それでも不安が残るようであれば、何に対して不安を感じるのか、どうして幸せになれないと感じるのかを明確にして、折り合いをつける方法を考えてみましょう。ここをしっかりと考えることで、自分の中の答えが見えてきます。

 

今すぐ別れるべき判断基準を把握しておきましょう


ここまで、別れるべきか悩んだときに、自分の中の答えを見つけるためのヒントをご紹介してきましたが、中には、残念なことに、今すぐにでも分かれた方がいい場合もあります。将来的な幸せをつかむためにも、今すぐ別れるべき判断基準を知っておきましょう。

◇殴られたり蹴られたりなどの暴力(DV)を受けている
◇恋人に友人と遊ぶなどの行動が制限されている
◇恋人の言うとおりにしないと怒られる
◇仕事や生活に問題が生じている
◇恋人に触れられると嫌悪感がある

これらにひとつでも該当する場合には、今すぐにでも別れを選択した方が良いお付き合いです。恋愛とは、もっと自由なもの。お互いが対等でいるからこそ成り立つものです。

二人の関係の中に上下関係ができていれば、困難や壁にぶつかったときに、しっかりと話し合いができないだけでなく、思っていることや考えていることすら伝えることができません。

これでは、二人の絆を深めることすらできませんよね。もちろん、恋愛の数だけ形があり、その良し悪しを推し量ることはできませんが、自分らしくいられたり、恋人と付き合うことで、自分を高めたりできるのが幸せな恋愛と言えるのではないでしょうか。この機会に、今の恋愛が幸せなものなのかをじっくりと見つめ直してみましょう。

 

いかがでしたか。さまざまな理由で恋人と別れるべきか悩むことってありますよね。どこかにまだ情や好きという気持ちが残っていれば、答えを出せないのも当然です。

恋人と別れるべきか悩んだときには、どうして別れようと思ったのかを明確にしましょう。このとき、相手の要因ばかりに気を取られがちですが、自分の中にある要因にも目を向けることもお忘れなく。

また、一旦恋人と距離を置いてみるのもおすすめです。少しの間、恋人との連絡を絶ち、一人の時間を増やすことで、今まで気づけなかった自分の気持ちも見えてきます。

別れるべきか迷った時点で、どちらの答えを選択しても、いつか後悔する日がくるかもしれません。でも、一生残るような後悔は避けたいもの。

だからこそ、答えを焦らず、ここにご紹介したヒントを参考に、じっくりと自分自身と向き合い、別れるべきかどうかの答えを見つけてください。

まとめ

恋人と別れるべきか迷ったときには

・ どうして別れるべきだと思ったのかその理由を考えてみましょう
・ 恋人と別れた方が良い理由と別れたくない理由を明確にしましょう
・ 一旦恋人との距離を置いてみましょう
・ 恋人との未来を想像してみましょう
・ 今すぐ別れるべき判断基準を把握しておきましょう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c