サプライズで誕生日を祝う時にやってしまう失敗とは

サプライズで誕生日を祝う時にやってしまう失敗とは
大切な人のためにサプライズで誕生日をお祝いしたいこと、ありますよね。サプライズプレゼントに驚いたり喜ぶ相手の顔を見たり想像すると、お祝いをするこっちまで幸せな気分になります。

また、「どうやってびっくりさせようかな」とサプライズの内容をあれこれ考えるのも楽しいものです。ただ、サプライズでのお祝いは注意しなければ相手を不快にさせたり、予定していた段取り通りに事が運ばなかったりなどの失敗をしてしまうことがあります。

サプライズで誕生日をお祝いする時、失敗せず相手を喜ばせるには何に気を付ければよいのか。ということで、今回はサプライズで誕生日を祝う時にやってしまう失敗をお伝えします。サプライズで誕生日をお祝いする予定の方、ぜひ参考にしてください。

サプライズで相手を不快にさせたり怒らせること

びっくりさせられることや予定外の出来事が好きな人ばかりではありません。サプライズが苦手・嫌いな人にサプライズで誕生日をお祝いしてしまうと、相手を怒らせたり不快にさせてしまうことがあります。

サプライズは相手を喜ばせるものでなければだめ!大がかりなサプライズを準備しても、それで少しでも相手の気分を害することがあればそれは失敗なのです。

サプライズで誕生日を祝いたいなと思ったら、まずは相手がサプライズが好きかどうかを確認してください。

また、サプライズの誕生日プレゼントやパーティーで相手のびっくりする顔やリアクションをカメラで撮るというのもやめた方がよいですよ。カメラで撮りたいときには、相手の了承を得てからにしましょう。

 

サプライズを隠したために相手が別の予定を入れてしまうこと

大切な人の誕生日、お祝いをしたいのはあなただけでとは限りません。相手をびっくりさせるために誕生日当日までプレゼントやパーティーの計画をしていることを隠していると、相手は別の予定を入れてしまうことがあります。

誕生日当日に相手にサプライズを打ち明けても、相手に「ごめん、別の予定がある」と断られてしまうことがあるのです。これではサプライズのプレゼントもパーティーも何もかも台無しですよね。

サプライズで誕生日をお祝いする時、できるだけ相手に隠しておきたいという気持ちは分かりますが、隠しすぎは失敗の元!相手に「誕生日プレゼントやパーティーを予定しているよ。だから誕生日は空けておいてね」くらいは打ち明けておきましょう。

また、相手はあなた以外の人と誕生日を過ごしたいかもしれません。相手の誕生日の予定を確認しておくことも大切です。

 

ほしいものではないプレゼントを贈ってしまうこと

サプライズで誕生日プレゼントを渡すとき、事前に相手のほしいものを確認しておくのが難しいですよね。ほしいものを確認できないため、ほしいものを色々推測してプレゼントを用意することになります。

あなたの推理が当たっていればよいですが、もし外れていたときには相手にとっては期待外れのプレゼントになってしまいます。

また、「サプライズで相手を喜ばせるぞ」という気持ちが大きいあまり、つい自分の「びっくりさせたい」という気持ちが先走り、相手のほしいものよりも自分がプレゼントしたいものを選んでしまうこともありますよね。

サプライズでは相手を喜ばせるつもりが結果的に相手の期待にこたえない誕生日プレゼントを贈ってしまうことがあるのです。「今年の誕生日にはこれをもらおう」と期待していたのに、それが叶えられないと悲しいですよね。

サプライズで誕生日プレゼントを用意するときも、相手のほしいものをプレゼントすることが必要です。

 

他の人とプレゼントがかぶること

日頃「あれがほしい、これがほしい」が口癖の人の誕生日プレゼントは選びやすいですよね。ただ、この場合には他の人と誕生日プレゼントがかぶることがあるので注意が必要です。

サプライズの誕生日プレゼントで、プレゼントかぶりの失敗を防ぐためには、他の人が何をプレゼントするのかを確認しておくこと!

誕生日パーティーを予定しているのなら、パーティーの出席者にはプレゼントの内容を確認したり、「私はこれをプレゼントする予定」と打ち明けておくのがおすすめです。

サプライズでプレゼントの中身を秘密にしておきたいのは誕生日の主だけ、他の人にまで秘密にする必要はありません。

 

あなたの期待や予定通りに事が運ばないこと

相手がトイレに立ったら相手の席にプレゼントを置く、あるいは会社からの帰りがけの相手に声をかけて誕生日パーティーの会場に連れていく、など相手をびっくりさせるために、色々計画していても、相手があなたの期待通りに動いてくれるとは限らないし予定通りに事が運ぶとは限りません。

その日に限って相手はちっともトイレに立たないということもあるし、誕生日には相手は有休をとっているかもしれません。

サプライズで誕生日を祝う時、プレゼントの渡し方に凝り過ぎたり、ロマンチックな雰囲気や相手をびっくりさせることばかりを考えて現実離れした計画を立ててしまうのは失敗の元です。サプライズの計画は凝り過ぎないのが成功の秘訣ですよ。

 

以上がサプライズで誕生日を祝う時にやってしまう失敗についてでした。サプライズは誕生日の相手を喜ばせるものでなければだめ!少しでも不快にさせるサプライズは全て失敗です。

サプライズで誕生日を祝う時は、まずは相手がサプライズを喜ぶ人かどうかを確かめましょう。また、サプライズで相手をびっくりさせるのはよいことですが、相手の期待を裏切るサプライズは失敗です。

サプライズの誕生日プレゼントも、きちんと事前にリサーチして相手のほしいものを選びましょう。あなたがサプライズを計画していても相手や周囲があなたの期待通りに動いてくれるとは限りません。

サプライズで失敗しないためには、相手の誕生日の予定を確認したり誕生日の日を空けておいてもらいましょう。あなた以外の人の誕生日プレゼントも確認しておくことで、プレゼントかぶりを防ぐことができます。

まとめ

サプライズで誕生日を祝う時にやってしまう失敗とは

・ サプライズで相手を不快にさせたり怒らせること
・ サプライズを隠したために相手が別の予定を入れてしまうこと
・ ほしいものではないプレゼントを贈ってしまうこと
・ 他の人とプレゼントがかぶること
・ あなたの期待や予定通りに事が運ばないこと


連記事