就職難を乗り越えて採用される人の資質・スキルとは?

就職難を乗り越えて採用される人の資質・スキルとは?
経済の業況によって就職難になってしまうことがあります。これは仕方のないことです。高校や大学卒業するため就職活動をする方や転職活動をしている方にとって就職難というものは本当につらく、今後の人生を左右してしまうかもしれない重要な出来事です。

しかし、どんな就職難であっても変わらず採用される、ある資質を持っている方やあるスキルを持っている方がいます。その資質やスキルはどのようなものだと思いますか?

資質やスキルと聞くと、「持って生まれたもの」「才能」と考えがちですが、世の中には才能を持った方ばかりではありません。むしろ才能を持っている方の方が少ないのです。

今回は、就職難でも採用される人の資質・スキルについて解説いたします。また、そのスキルがなぜ有利なのか、どうすればスキルを取得できるかもあわせてお伝えします。



 

就職難を乗り越えて採用される人の
資質・スキルとは?

 

資質1:物事を冷静に客観的に分析できる


「採用される人の資質とは?」と聞かれると答えることがなかなか難しいですが、就職難でも何社も採用される人や採用後にどんどん出世していく人に共通して見られることは「物事を冷静に客観的に分析できる」です。

「履歴書はどれも同じようなことばかり書いている」と言う声もありますが、実際のところ物事を冷静に客観的に分析している方とそうでない方の履歴書は大きく違います。

そして分析ができる方は面接でも面接官の質問に対して的確に答えることができる傾向が強いです。そのため、面接官の印象もよく、就職難でも採用されています。

 

資質2:物事を多方面から見ることができる


物事を冷静に客観的に分析できる資質がある方が採用されると伝えましたが、それと同時に就職難ても採用を勝ち取る方々に多く見られる資質に「物事を多方面から見ることができる」があります。

物事を多方面から見ることができる人物は面接でも、「おっ」と面接官を感心させることがあります。また、採用したら新しいアイディアを出してくれそうだと期待させてくれます。

この、「物事を多方面から見る」は特別な能力のように思えますが、ひとつのことについていくつもキーワードを挙げていくという訓練で身につきますので、ぜひ訓練してみてください。

 

スキル1:経理・簿記の知識がある


ここからは一般的ではなく、少し専門的なスキルとなりますが、持っていれば就職難も関係なく採用されるスキルなので、転職を考えているときや大学の専攻を悩んでいる方は参考にしてください。

どの会社でも必ず扱っていて共通であるものがあります。それは「お金」です。そのため、お金にまつわるスキルを持っていれば、会社を選ばず働くことができます。したがって、簿記の知識や資格があると就職難であっても就職に有利になります。

簿記は慣れないととても難しく感じるかもしれませんが、簿記3級の内容を動画で講座を行っている無料のものもありますので、それを活用して勉強してみてはいかがでしょうか。

 

スキル2:デザイン能力がある


今はパソコンやスマートフォンの普及により、インターネット上の広告が注目されています。また、ソージャルゲームがさかんなことからキャラクターデザインを描く人が多く求められています。

こういった事情から、デザイン能力やイラストが得意な方の能力を活かせる場所が昔に比べて増えており、企業もそういったスキルを持った人を募集しています。そのため就職難でも、デザイン能力がある方は採用されています。

「絵は得意じゃない」という方でも、写真や画像を使って作る広告もありますから、そういったものが好きであったり興味があれば、決して特別な世界ではないため、勉強することをオススメします。デザイン関係の学校も今はたくさんありますから、自分の実力に合わせて選ぶことができることもできます。

 

スキル3: パソコンを難なく操作できる


今の時代、「パソコンは使えて当たり前」と言われています。確かにパソコンが全く使えない人は就職が厳しいです。しかし、パソコンを難なく操作できる方も実はそう多くはありません。「ワードやエクセル、パワーポイントも何となく使える」という方が圧倒的なのです。

そのため、パソコン検定など、パソコンの知識、操作ともに難なく使えることを証明できる資格を取ることをオススメします。それと同時に、資料作成のスキルがあることも証明できれば、就職難でも即戦力として採用されますので、日商PC検定を取得してみることも考えてみてください。

 

いかがでしょうか。記事を読んで「持って生まれたものだから自分には無理だ」「才能がないからそんなスキルは取得できない」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は、勉強すれば身に付きそうな資質やスキルだと感じたのではないでしょうか。

冒頭でも述べたように、才能を持っている方というのはそう多くはいません。ほとんどの方が「普通」なのです。しかし、そういった普通の方々が働いています。ですので、あなたもその方々のように勉強や訓練をすることで同じステージに立てるのです。

確かに勉強は必要で大変ですが、専門的なものですので、そのスキルの評価もきちんとしてもらえます。就職難でも採用される人になるために、ぜひ参考にしてみてください。この記事を読んで、就職難を乗り越えて採用される人の資質やスキルが少しでも知っていただければ幸いです。

 

まとめ

就職難を乗り越えて採用される人の資質・スキルとは?

・資質1:物事を冷静に客観的に分析して面接で信頼を勝ち取りましょう
・資質2:訓練で身につく!物事を多方面から見て様々なアイディアを出そう
・スキル1:お金を扱わない会社はない!簿記のスキルで就職難も会社を選ばず就職しましょう
・スキル2:需要が高まるデザインスキルをうまく活かそう
・スキル3:パソコンの資格で即戦力であることをアピールしましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c