社内恋愛はしちゃだめなの?職場のホントの内情

社内恋愛はしちゃだめなの?職場のホントの内情
会社は出会いの場のひとつ。一緒に働くうちに社内恋愛に発展するのは自然の流れとも言えます。事実、結婚相手と出会った場所第一位は職場、もしくは仕事関係なのです。忙しい職場ほど会社で過ごす時間が長く、プライベートの時間は限られ、外で出会いの機会がないので、社内恋愛して結婚に至るケールが多いというのは納得できますよね。

でも、周囲を見渡すと、社内恋愛で失敗しているケースは少なくなく、場合によっては「社内恋愛、やめたほうがいいよ」なんて職場の先輩や同僚から話を聞くこともあります。社内恋愛って本当にリスキーなのでしょうか?恋人を探すならば、社外の方が安心?

そこで、社内恋愛のホントのところについて、内情を詳しくお話します。



 

社内恋愛はしちゃだめなの?
職場のホントの内情

 

ラブラブで社内恋愛を公にしていたのに破局、社内に伝説を残す


社内恋愛で失敗するパターンで最も多いのは、付き合い始めのラブラブな時期に、嬉しさが爆発して周囲に公表しまくり、相手と約束したわけではないのに結婚の可能性を否定せず、社内で有名なカップルとして周知された後に破局してしまうこと。

ラブラブな時は、男性も女性もずっとこの状況が続くと信じて疑わず、いつでもイチャイチャしたくて爪の先ほども隠そうとせず、むしろ周囲に「僕たち、私たち、付き合ってま~す!」と、アピールしてしまうのです。周囲は半ば呆れながらも気を使ってくれるので、二人の関係が良好の内は、隠す必要もなくなってとっても快適。だけど、恋愛の未来は誰にもわからないもの。まさかの破局になってしまいます。

「あの二人、昔は付き合っていたんだよ」と、部署に異動や入社をして当時を知らない人に、余計なことを教える人と言うのは必ず存在しているため、何年経っても二人がラブラブだった記憶は伝説として残ってしまうのです。

 

社内恋愛が嬉しくて隠しきれず、周囲からひんしゅくを買いまくる


一方、隠しておこうと思っても、社内恋愛が嬉しくて楽しくて隠しきれないというパターンも存在します。周囲から見たら確実に付き合っているというのはバレバレ。それを指摘されても、「え~、そんなことないですよ~」と、満面の笑みで否定し、周囲をうんざりさせてしまいます。

隠しているポーズだけとって、社内恋愛中なのはダダ漏れ。それだけ相手に夢中と言う事で、当然ながら仕事にも悪い方向に影響が出ます。「いっそ認めてくれれば無用な気を使わなくて済むのに…」と、周囲からひんしゅくを買っていることに本人たちは全く気付かず、職場に迷惑をかけてしまうのです。このような社内恋愛は職場で最も嫌われます。

 

相手の希望で社内恋愛をひた隠しにしていたら、実は自分が浮気相手だった


社内恋愛と言うのは、露骨にせず、周囲に気付かれないよう気配りをするというのが暗黙のルール。普通の恋愛は、周囲に隠す必要がないので、相手が隠したいと言ったら不信に思いますよね。でも社内恋愛だけは、特に深く勘繰らず「そうだね」と応じてしまうもの。でも、実は相手がひた隠しにしたがるのは、既に恋人がいるからという最悪のパターンがあるのです。

内緒の社内恋愛を上手に続けていると思ったら、ある日、全く別の角度から「あの人、来年結婚が決まったんだって」と、自分以外の存在が、しかも自分以上の存在がいるということを聞かされます。

恋人から「絶対に社内恋愛を気付かれないようにしよう」と、社内で会話をすることすら禁止されている場合は、ちょっと注意が必要です。

 

お互いに社内恋愛を秘密にしようと決めたはずなのに、不安でたまらなくなって喧嘩


社内恋愛は顔を合わせる機会が多く、日常的に会えるという最大のメリットがありますが、社内だからこそ、相手の状況がわかりやすく、それが喧嘩のきっかけになってしまうことが多々あります。

特に、社内恋愛は付き合いを公にしないカップルが多いので、何も知らない人が恋人にアプローチをかけることもあるでしょう。社内だけに無下に断ることができないとわかっていても、面白い事態ではないですよね。

相手のことを信じたいのに、抑えられない不信感から喧嘩が勃発。同じ職場だからこそ分かり合えるかと思いきや、意外にも喧嘩のネタがありすぎて、破局を迎えてしまうカップルは多いです。

 

密かに愛をはぐくみ、毎日に覇気が出て仕事も楽しくなる


もちろん、社内恋愛には成功パターンもあります。毎日好きな人の顔を見られる、それだけでやる気パワーが湧いてくるものですよね。

恋人が自分のことを見てくれている、いいところを見せたい、頑張りたいという前向きな気持ちが仕事の効率を上げ、社内恋愛をする前よりずっと、仕事に打ち込むことができるようになります。仕事で疲れた時、恋人に顔を向けると、目だけで「がんばって」と励ましてくれる、そんな些細なことが嬉しくて、挫けそうな気持を立て直すことができます。

そして、仕事の評価も上がっていき、毎日に覇気が出て、仕事もプライベートも充実。社内恋愛には、そんな素敵な力もあるのです。

 

結婚が決まってから社内恋愛を公にして周囲を騒然とさせる


あなたも一度は経験ありませんか?社内恋愛の末、結婚を決めたカップルが上司に報告、ようやく二人の付き合いが公になるのですが、そのカップルの意外な組み合わせに職場が騒然になるということを。

社内恋愛で上手に愛をはぐくみ、結婚に至るカップル程、上手に付き合いを隠しているものです。結婚するならばともかく、社内恋愛は職場にいらない気を使わせてしまうもの。そうならないように、お互いに気配りできる二人だからこそ、順調に結婚まで話が進んだとも言えます。

 

いかがでしたでしょうか。社内恋愛にはメリットもデメリットもあります。成功パターンも失敗パターンもあります。

ですが、社内恋愛を上手に続けて結婚に至るケースには共通点があるのです。職場に迷惑をかけないことをお互い第一に考え、むやみに公表することなく、社内恋愛でも仕事とプライベートのけじめをしっかりつけます。それでいて、同じ職場だからこそ大変な部分を充分理解し、時に励まし合い、支え合い、仕事でも恋愛でも相乗効果で良い結果を出します。そして、二人で未来を一緒に歩んでいこうと決めた時、初めて公表するのです。

ある意味、用意周到。でも、社内恋愛をするならば、これくらい警戒心を持って慎重に行うことが、成功させる秘訣。

社内で一緒に過ごすと、恋心を抱くこともありますよね。社内恋愛をしちゃだめなんてことはありません。ただし、いつもの恋より考えなければならないことはちょっと増えてしまいます。そこを上手にコントロールして、あなたの恋を成就させてください。

 

まとめ

社内恋愛の内情は

・ラブラブで社内恋愛を公にしていたのに破局、社内に伝説を残す
・社内恋愛が嬉しくて隠しきれず、周囲からひんしゅくを買いまくる
・相手の希望で社内恋愛をひた隠しにしていたら、実は自分が浮気相手だった
・お互いに社内恋愛を秘密にしようと決めたはずなのに、不安でたまらなくなって喧嘩
・密かに愛をはぐくみ、毎日に覇気が出て仕事も楽しくなる
・結婚が決まってから社内恋愛を公にするのが正解

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c