友達の作り方が分からなくなった時に試してほしい6つの事

友達の作り方が分からなくなった時に試してほしい6つの事
友達の作り方を知っていますか?

そもそも、「友達」とは何でしょうか。「知り合い」や「親友」との境界線は明確ではありません。「友達」とひとくくりにする人間関係は、何を指して言うのでしょうか。私たちはその答えを持っていません。あなたが他人を「どう思うか」という個々の主観にゆだねられることだからです。

それでは次なる疑問として、友達はどう作ればいいのでしょうか。「自分には友達と呼べる人が一人もいない。」と感じているあなたは、友達の作り方がわからずにここにたどり着いたのですよね。そんなあなたのために、友達が欲しくなったときに試してほしい6つの方法をお伝えします。友達の作り方が分からなくなった時に試してほしい事を実践して、友達に囲まれた豊かな人生を歩んでください。



 

友達の作り方が分からなくなった時に
試してほしい6つの事

 

毎日勇気をもって外に出る


「友達がいない」「友達の作り方がわからない」「毎日孤独だ」と感じるあなたは、とにかく何でもいいので毎日外に出てください。部屋の中に引きこもってネットの中を飛び回っていても友達はできません。現実世界の中でこそ、友達はできるのです。

人付き合いが苦手な人ならば、毎日外に出ることは苦痛です。しかし友達作りの第一歩として、とにかく外に出てください。人と接しなければ、友達も作れませんから。

 

毎日誰かと会話をする


一歩外に出たら、必ず自分以外の誰かと会うはずです。毎日必ず自分以外の誰かと会話をするようにしてください。「暑いね。」などの些細なことでいいのです。会話が苦手な人でも、ほんの一言他人に声をかけるだけで十分なので、何でもいいから頑張って声をかけてください。

自分から声をかけることが本当に苦手な場合は、おしゃべり好きで勝手に話しかけてくれる人の近くに毎日行くようにするといいですね。ほんの二言三言、会話をすればノルマクリアです。友人づきあいは、まずは会話からなのです。

 

目標に向かって行動する


「友達が欲しい!」「友達の作り方を知りたい!」と切実に願っているのならば、自分磨きもしっかりと行ってください。あなた自身が目標に向かって努力し輝きを増せば、自然と周囲に人が集まってきます。

友達がいないと感じるこの時期に、コツコツと自分磨きをして魅力を高めるのです。そうすることで人として成長し、「友達がいない!」と悩んでいたことがウソみたいに人間関係に恵まれた人物になれるのです。

 

新しい人間関係に飛び込む


友達を作りたいと願うのであれば、新しい人間関係に積極的に飛び込んでください。人間関係に臆病な人ほど、友達が少なくなります。新しい顔ぶれと接するのは怖いと感じることもあります。しかし同時に、「将来の親友」と接しているのかもしれません。いつどこで自分と波長の合う人間と出会うかはわかりません。

飲み会や食事に誘われたら、顔見知りがいない席であっても勇気をだして参加するべきです。友達の作り方の第一歩として、「誰とでも対峙できる度胸を付ける」ことが大切だからです。

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」を忘れずに


職場でも学校でも、「ありがとう」と「ごめんなさい」を大きな声で主張できる人間になってください。「友達ができない!」と悩むのは、口下手で会話下手な人が多いでしょう。しかし言葉を発せなければ友達どころか誰とも付き合えなくなります。

そうはいっても簡単に、気軽に盛り上がる会話など出てきませんよね。そんなときの魔法の呪文が「ありがとう」と「ごめんなさい」なのです。特に、些細なことでも大きな声で相手の目を見て「○○してくれてありがとう」を言える人ならば、どこへ行っても嫌われはしません。感謝の気持ちを大きな声で表わす人間性が、尊重されるからです。

自分の失敗に対して「すみませんでした」「ごめんなさい」と大きな声で謝る人も同様に、「無口で会話は面白くなくても、人として最低限の責任能力は果たせる人なんだ。」と評価が上がります。

 

目を見て大きな声であいさつをする


「友達の作り方」として一番大切な第一歩は、「大きな声であいさつする」ことです。もじもじ、もごもごとしていたら、友達なんて作れるわけがありません。しかし大きな声であいさつをする人ならば、あいさつの後に二言三言口をきくきっかけが持てるのです。

あなたの周囲の人間だって、会話上手で社交的な人ばかりではありません。会話のきっかけをつかめずに、チャンスをうかがっている人の方が多いのです。友達として付き合うにしても、まずは会話ありきです。その会話の糸口になるのが「あいさつ」なのです。

「おはようございます。」「お疲れさまでした!」と、無口で口下手であろうとも、挨拶くらいは言うことができますよね。本当の友達に巡り合うための第一歩だと心得て、周囲の人間に気持ちのいい挨拶を言える人間になってください。

 

さて、友達の作り方がわからなくなったときに試してほしい6つの事柄を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。友達の作り方を知りたがるということで、「シャイで口下手で内向的な人」向けの紹介文になりましたが、内容はどんな人にも有効です。

ここで紹介した6つの「友達の作り方」を実践すれば、友達がいないと悩む時期もすっきりと過ぎ去り、信頼できる友達に恵まれる人生を送ることができます。友達の作り方は、日常の些細で簡単なことを着実に行っていけばいいだけのことなのです。

そして、「友達が欲しい!」と周囲にばかり目を向けるのではなく、この機に自分自身ともしっかりと向き合ってください。どのような人生プランにするのかを明確に目標だてることで、あなた自身の魅力を増し、友達と幸の多い人生を歩むためです。

 

まとめ

友達の作り方が分からなくなった時に試してほしい6つの事とは?

・毎日勇気をもって外に出る
・毎日誰かと会話をする
・目標に向かって行動することで、友達が寄ってくるような魅力ある人物になる
・怖がらずに新しい人間関係に飛び込む
・「ありがとう」と「ごめんなさい」を忘れずにいう
・目を見て大きな声であいさつをする

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c