アルコールで頭痛を引き起こさないための簡単な予防策

アルコールで頭痛を引き起こさないための簡単な予防策

飲みに行った晩や次の日に、過度のアルコール摂取により頭痛を引き起こす場合があります。俗に「二日酔い」と呼ばれるこの症状は、しつこい倦怠感を伴いお酒好きの悩みの種と言えますね。

「二日酔いを何とか出来たら。」と色々工夫している方も多いのですが、お酒を飲みだすと楽しくなってそんなことも吹っ飛んで、翌朝にまた後悔…なんてことも多々あります。

そこで、アルコールが原因の頭痛を回避する簡単な予防策をいくつか紹介しますので、参考にして実践してみてください。たとえお酒を飲んでいても、「これならできそうだ!」という簡単なものばかりを集めてみたので、頭痛回避のために習慣づけてみてください。

その場しのぎの頭痛回避だけではなく、アルコールによる肝臓の機能低下なども防いでくれるアイデアでもあります。長く楽しくお酒を楽しむためにも、アルコール摂取と同時に健康にも気づかっていけたらいいですね。



 

アルコールで頭痛を引き起こさないための
簡単な予防策

 

低血糖防止にスポーツドリンクを


アルコールの分解のために、大量の糖を必要とすることをご存知でしょうか。お酒を飲みすぎると、体内の糖分が分解に使われてしまい、低血糖状態になってしまうことがあります。

低血糖になると頭痛がおきて意識がなくなり、救急車のお世話になることもあるため、気を付けなくてはなりません。そこで、アルコールを飲みすぎたと感じたときは、低血糖を避けるためにポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲みましょう。

毎日のように飲み歩くような人は、枕元にポカリを常備しておいてもいいくらいです。スポーツドリンクには適切な糖分がしっかりと含まれているため、低血糖の防止になります。

また、アルコールは脱水症状も引き起こすため、脱水防止のためにもスポーツドリンクは適しています。

 

頭痛薬を飲まない


アルコールは肝臓で分解されます。アルコールを大量に摂取した時は、肝臓はフル活動で分解作業を行っている状態です。

「そこに頭痛防止のために。」と頭痛薬や、「しっかりと睡眠をとるために。」と睡眠薬を摂ってはいけません。薬の分解のために、胃腸や肝臓にさらなる負担がかかるからです。

アルコールによる頭痛回避には、水分摂取と糖分摂取が効果的です。薬はむしろ逆効果であると覚えておきましょう。

 

睡眠時間をたくさんとる


アルコールを摂取した日には、睡眠をしっかりとるようにしましょう。若いころのように一晩中飲んで、次の日の朝二日酔いに耐えて出勤ということの無いようにしましょう。

睡眠は体の機能を正常に戻すための大切な時間です。睡眠をおろそかにすると万病のもとになります。しかしどんなに体に不摂生をしても、睡眠だけはしっかりととっていればそうそう病気にはなりません。

アルコールを飲んで疲れている体には、水分や糖分をしっかりと補給してからたっぷりと睡眠時間を取ってあげてください。翌日の二日酔い防止に効果的です。

 

長風呂をしない


アルコールを摂ると、体は脱水症状になりやすくなります。「アルコールを抜くために」と飲んだ後に長風呂をする人がいますが、これは大間違いです。

汗として多少のアルコールは流れ出るものの、アルコールの分解は相変わらず肝臓がフル回転で行っている状況なのです。また、アルコール以外の体の水分が汗として出ていくことで、余計に脱水症状になりやすいといえます。

脱水になると頭痛がおき、そのまま意識がなくなる可能性もあります。そのため、アルコールを摂取した日の長風呂は絶対にやめてください。

 

お酒と一緒に水を飲む


お酒を飲んだ時の頭痛の原因は、脱水である可能性が非常に高いです。そこで、お酒と一緒に水も飲んでいくと、脱水を緩和することができ、頭痛を回避できます。

しかしお酒と一緒に水を飲むことは、ダブルで水分を摂ることになるため、トイレに行く回数が増えるという難点もあります。

 

アルコール前にトマトジュースを


トマトは非常に優秀な野菜です。アルコールと一緒にトマトを食べると、血中のアルコール濃度を下げる働きをしてくれるのです!しかしお酒のおつまみに「トマト」というのはあまり聞いたことがないですよね。

そこで飲みに行く前にコンビニなどで、100%のトマト果汁を購入して飲んでいくといいですね。それだけで血中のアルコール濃度が低下して、肝臓の助けにもなるのです。

 

沖縄の二日酔い回避方法


沖縄地方では、お酒を飲んだ日には必ず「アロエ」を食べるそうです。沖縄はアロエの産地でもあるため、大きなアロエベラの畑がいたるところにあります。

そのアロエをちょっと切って、中の果肉を食べやすい大きさに切り、醤油でさっと食べるだけです。それだけで、アルコールによる頭痛や二日酔いが回避できるというから驚きです。

海の男は翌日の早朝から漁にでるため、二日酔いなどを引きずっているわけにはいきません。かといって、海の男は大量にお酒を飲むものです。

そこで毎晩必ずアロエを摂ることで、肝臓の働きをよくして翌日に備えるのです。アロエには肝臓の解毒作用を助ける働きがあると言います。しつこい頭痛や二日酔いに苦しんでいる方は、アロエヨーグルトなどから試してみてください。

 

さて、アルコールによる頭痛を回避するための簡単な方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

頭痛の原因である脱水症状や低血糖症状は、頭痛で済めばいいけれど、病院に運び込まれることもあり得る症状なのです。「たかが頭痛。」と甘くみず、頭痛を回避する方法を覚えて実践し、上手にお酒を楽しめる大人になりましょう。

中年になってもいつまでも二日酔いで苦しむような飲み方は、大人として恥ずかしいと言えます。お酒を飲むときは、脱水症状と肝機能に気を配り、あらかじめ予防策を携えていくべきです。

今まで試したことの無かったアロエやトマトの意外な効果に、感動するかもしれませんよ。お友だちや飲み仲間にも、是非教えてあげてくださいね。

 

まとめ

アルコールで頭痛を引き起こさないための簡単な予防策

・低血糖防止にスポーツドリンクを
・頭痛薬を飲まない
・睡眠時間をたくさんとる
・長風呂をしない
・脱水を避ける
・お酒と一緒に水を飲む
・アルコール前にトマトジュースを
・沖縄の二日酔い回避方法

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c