お酒好きの味方!二日酔いに効く飲み物ベスト5

お酒好きの味方!二日酔いに効く飲み物ベスト5
二日酔いに効く飲み物を知っているならあの気持ち悪い不快感を怖がらずに済む…と思う人もいることでしょう。。お酒はとても好きなのに、飲んだ後の二日酔いが毎回辛い…と悩む人は少なくありません。

もちろん二日酔いに効く飲み物に頼りすぎてお酒を飲み過ぎることはよくありませんが、二日酔いになってしまった時に少しでも早くその不快感から逃れられたら良いですよね。

次の日の仕事に支障をきたすことも絶対に避けたいこと。とは言っても飲みの席では楽しくなってしまってついつい飲み過ぎてしまう大人はあなただけではありません。

飲み過ぎてしまったのなら仕方がないので二日酔いに効く飲み物を使って素早く対処することを考えましょう。そこで今回はお酒好きの味方!二日酔いに効く飲み物ベスト5をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

二日酔いを素早く解消する為に行うべき5つの事

二日酔いになる原因は飲んだお酒の量だけではなく、その日の体調コンディションも関係します。お酒の成分であるアルコールは、肝臓で「アセトアルデヒド」という成分に分解されその後、酢酸、水と二酸化炭素に分解され体外へ排出されます。この「アセトアルデヒド」が、ちゃんと分解されなかった場合、強烈な毒素を発します。これが、二日酔いを引き起こす原因になります。そこで今日は、この辛い二日酔いを素早く解消する為に行うべき事についてお伝えします。
友達と飲むお酒・仕事帰りの一杯は最高ですよね。でも、飲み過ぎると次の日つらいのが、二日酔い。飲み会イベントは、年間を通して盛り沢山なので、二日酔い防止策として有名なウコン飲料・サプリメントを摂取しながら、身体のコンディションと相談して出来る限り参加していきたいものですが、次の日の仕事や二日酔いの事を考えると、どうしても控え気味になってしまいます。

しかし、たまにはハメをはずして思いっきり飲みたい、二日酔いの事なんか忘れて気持ち良く酔ってストレスを発散したいって時だってありますよね。二日酔いで、仕事に支障をきたすようでは大問題ですが、大切なのは二日酔いをいかに素早く解消出来るかということ。

二日酔いになる原因は飲んだお酒の量だけではなく、その日の体調コンディションも関係します。お酒の成分であるアルコールは、肝臓で「アセトアルデヒド」という成分に分解されその後、酢酸、水と二酸化炭素に分解され体外へ排出されます。この「アセトアルデヒド」が、ちゃんと分解されなかった場合、強烈な毒素を発します。これが、二日酔いを引き起こす原因になります。そこで今日は、この辛い二日酔いを素早く解消する為に行うべき事についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

手を掛けずに二日酔いを撃退&解消する7つの食べ物

手を掛けずに二日酔いを撃退&解消する7つの食べ物

二日酔い・・・なんとも嫌な響きです。お酒を飲む方なら必ず経験があり前日の自分を叱りたくなる。。。体の不調、倦怠感、震え、憂鬱感。そして、「もうお酒やめよう」という後悔と懺悔。そんなこともすぐ忘れ楽しいとついつい進んでしまうお酒・・・堂々巡りの二日酔い!!

二日酔いの原因になる成分は、お酒に含まれるコンジナーという成分が関係しているそうです。ではコンジナーの濃度の見分けたかとは?意外と簡単!!高い色つきのお酒(赤ワインやブランデー、ウィスキーなど)熟成中にこの「コンジナー」という不純物を多く生成します。

コンナジーの少ない色のないお酒(白ワインやウォッカなど)コンジナーは基本的に、二日酔いの症状すべてを悪化させちゃいます。

人の体が処理できる純粋なアルコールの量は、1時間に15ml程度。チャンポンすると味や気分が変わってついつい量がオーバーしがち。さらに、炭酸が含まれているお酒は、炭酸化によって血液へのアルコールの吸収が促進され頭痛がひどくなる。

二日酔いにならないためには、ビールなら約600ml弱、ワインなら200ml弱を1時間で少しずつ飲む。当たり前ですが「自分の適正量を知る」ことが大切です。分解酵素がない人やその発現が少ない人は、アルコールの中間代謝物のアセトアルデヒドが分解されにくく、毒性を発揮し食道がんになる可能性を高めるとか。

さて、それでも二日酔いになってしまったときのために、今日は 手を掛けずに二日酔いを撃退&解消する7つの食べ物についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

宴会続きの人は要チェック!肝臓に良い食べ物ベスト10

宴会続きの人は要チェック!肝臓に良い食べ物ベスト10日常生活の中では、さまざまな場面でお酒を飲む機会がありますよね。しかし、会社関係や仲の良いお友達との歓迎会や送別会、忘年会などの宴会が続いてしまうと、ついついお酒を飲みすぎてしまうこともあるかと存じます。

身体の中に入ったアルコールを分解する働きをもつのが、みなさんもよくご存じの「肝臓」です。肝臓は、私たちの身体の右上に位置しており、肋骨に守られている大切な臓器です。その多岐にわたるその機能から、「人体の科学工場」と例えられることもしばしばです。

主な働きとして、身体の中に入った有害物質を取り除く「解毒作用」、身体に摂取された栄養素を作り替え私達の身体で使用できる状態にする「代謝作用」、脂肪の消化や吸収に必要な胆汁を作る「胆汁の作成」があります。

その中でもアルコールを摂取したときに働く機能が、「解毒作用」です。摂取されたアルコールは、肝臓へと運ばれ分解されますが、そのときに「アセトアルデヒド」という有害物質が発生します。通常、このアセトアルデヒドは、水と炭酸ガスになり身体の外へ排出されます。しかし大量に飲酒をした場合、このアセトアルデヒドは分解されず肝臓にそのまま蓄積し、肝臓病を引き起こしてしまうといわれているのです。

そうはいっても、仕事の上のお付き合いなど参加しなければいけない宴会もありますよね。そこで効果的なのが、「肝臓に良い食べ物を食べる」ということです。私達が日頃口にしている食べ物の中には、肝臓を助ける働きをする成分が含まれている物がたくさんあります。

本記事では、「肝臓に良い食べ物ベスト10」をご紹介しますので、最近宴会が続いている…という方は、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

宴会ではこれを食べる!二日酔いを防ぐ7つの食べ物

宴会ではこれを食べる!二日酔いを防ぐ7つの食べ物

これからの季節 なにかと宴会が多くなり、ついつい調子に乗って深酒してしまい、翌日に立ち直れないほど落ち込んで反省する・・・なんてことの無いように・・・。二日酔いの防止のための事前の対策を忘れてしまった人でも 宴会中に二日酔いの予防対策をこっそりしてみてはいかがでしょう。

仕事が忙しくて職場から宴会場に直行して、事前に二日酔いの予防のための準備ができなかった方でも、どの食材を食べれば、二日酔いの予防になるか知っていると、飲酒中でもとても気分よく、悪酔いせずに楽しく長くお酒を飲むことができます。

ここでは、二日酔い防止のための食べ物やその効果などについてお伝えします。

お酒は、飲み方しだいで二日酔いになりにくくなります。

アルコールはゆっくり吸収されることによって二日酔い予防になり、アルコールが急激に体内に吸収されると二日酔いの原因となりますので、少しでも吸収を遅くすることが二日酔い防止にはとても大切です。でも、みんなが盛り上がっているのに、一人だけゆっくりちびちび飲み続けても楽しくないですよね。だからと言って、いくら二日酔いの防止に効果のある食材を知っていても、暴飲暴食はやめましょう。

宴会中でも二日酔いの防止対策をすることで、アルコールの吸収速度を遅くすることができます。アルコールの吸収を遅くすることがなによりも効果を発揮する二日酔い防止策です。

まず、一番気をつけたいのが、空腹時にアルコールを摂取することです。空腹時に飲酒をすることは、胃や腸からより多くのアルコールの吸収を早めてしまい同時に、血中アルコール濃度のピークを早めてしまい、血中アルコール濃度が高くなることによって二日酔いの原因になります。理由は他に吸収すべき栄養がない為、アルコールのみを吸収するからです。

その結果、血中アルコール濃度のピークが早まると、二日酔いや気分が悪くなる原因となります。二日酔いを防止するためには、必ず空腹時を避け、これからご紹介する食べ物をすすんで取りましょう。

[ 続きを読む… ]