ダイエットの鍵は食事!健康的に美しく痩せるためのレシピ

ダイエットの鍵は食事!
ダイエットと食事は大切な関係がありますが、痩せるために自己流で急激に食事制限をする人もいますよね。

しかし痩せるためには体に必要なエネルギーがあり、栄養バランスが悪くなることがダイエットの食事にとって一番効率が悪い原因なのです。

なんとなく太らなそう、カロリーが低そう、というあいまいな情報だけでは健康的にダイエットが出来ず、無理な食事制限で途中で挫折する人もいるでしょう。

そもそもダイエットは食事内容でさらに効果を実感しやすくなりますが、一番辛いのはダイエット食を継続しないといけない点。食事管理でギブアップする方はとても多く、せっかくのモチベーションもなくなってしまうでしょう。

そこで本日はダイエットの食事内容の意味を正しく理解して、健康的に痩せるためのレシピをお伝えします。

消化に良い脂肪燃焼スープを食べましょう

1週間で数キロは痩せると噂の脂肪燃焼スープ、普段不足しやすい野菜をたっぷり食べられるので栄養補給としても抜群のメニューです。

作り方はセロリ、キャベツ、ブロッコリー、トマト缶、を細かく刻んでスープのもとで煮込むだけ。水溶性ビタミンもスープにしっかり溶け込んでいますので、栄養を損なわず補給できます。

脂肪燃焼スープは1皿分のカロリーは100kcal程度と少なくしかも野菜の食物繊維で満腹感が出るので安心。夕飯をスープに置き換えてダイエットの食事をスタートしましょう。

野菜を生で食べると体が冷えるという方も多いため、スープなら血行改善効果がありますので冷え性予防にもなります。

 

時間節約できるスムージーの朝食をスタートしよう

スムージーはダイエットの食事として人気がありますが、多種類の野菜や果物を使うので作るのがとても手間に感じますよね。そこで忙しい人でも簡単にできるスムージーのレシピがあるので早速ご紹介しましょう。

必要な材料はお好きな野菜や果物で旬のものなら値段も安く揃えられます。もし野菜が高騰している時は冷凍カット野菜を使ってもOK。時間節約のために毎回作るのではく、3日分ほどまとめてスムージーを作り冷凍保存します。

バナナ、セロリ、キャベツ、ホウレン草、リンゴなど好みで材料を合わせペースト状のまま3回分ほどに小分けして冷凍庫へ。朝飲むときに牛乳や豆乳で伸ばしてください。

 

メタボ予防になるアーモンドバタートーストを作ろう

アーモンドバターは抗酸化作用が高いビタミンEを多く含むため、中高年のメタボ予防にびったりの食材です。トーストの作り方ですが、できれば全粒粉パンを使いアーモンドバターを塗ってバナナのスライスをトッピング。

このままオーブントースターで軽く焼き色を付けたら完成です。炭水化物とバナナの糖質はエネルギー補給として大切なので朝食としてもオススメです。

またアーモンドバターはコレステロールを下げる働きもありますので、生活習慣病の予防にもよいでしょう。

オーガニックストアなどで販売していますので、マーガリンやバターの代わりに、これからはアーモンドバターでヘルシーにメタボ予防をスタートしてください。

 

スーパーフードを使った簡単ランチにトライしよう

お昼は外食が多いという方、摂取カロリーが高くなりダイエットの食事もうまく続かなくなります。そんなときは簡単に作れるスーパーフードのランチをお弁当にしませんか。

使うものはキヌア、最近ブームになっている南米の穀物で良質なたんぱく質と食物線維が脂肪燃焼に効果をもたらします。

キヌアは2倍の水で15分ほど弱火で加熱して準備、そこに豆類や刻んだ野菜、脂肪の少ない鶏肉などを混ぜてキヌアサラダを作りましょう。

味付けは塩、コショウ、オリーブオイルとレモン汁、夕飯もご飯や麺類の代わりにキヌアに変えるだけでカロリー制限になります。

キヌアには人間の体に欠かせない必須アミノ酸9種類がすべて含まれ、まさしくスーパーフードと言われる理由は栄養価の高さにあるのです。

 

カロリー半分のごはんで糖質制限しましょう

ダイエットの食事で制限するべきものに糖質と脂質があります。糖質は甘いお菓子だけでなくご飯やパンなどの炭水化物も注意しないといけませんが、完全に抜いてしまうと体に負担になるため、食べ過ぎないように上手に糖質制限をしましょう。

そこでオススメなのがしらたきを入れて炊くご飯。お米の量を半分にして代わりに刻んだ白滝を混ぜて炊飯器へ。これならお茶碗1杯たっぷり食べても糖質が半分なのでダイエットの食事にもぴったりです。

 

さてダイエットの食事管理は栄養バランスやカロリー計算などとても面倒な部分が多いですよね。真剣に食事からアプローチするためには、楽しみながらダイエットの食事プランを立ててみませんか。

1週間ごとの献立作り、また作り置きできるものは早めに準備、健康的に美しく痩せるためにはその日の気分で食べることは避けないといけません。

ダイエットをしていない人ですら栄養の偏りが多い近年、食生活は健康をつかさどる基盤となりダイエットの食事はさらに目的に沿った内容を考えないといけません。

さらに食べ方を変える、運動時間を増やすなど、ほかのプラス材料になることも行い効率的なダイエットの食事をはじめましょう。1日3食で体を整えながら痩せやすい体質に変えることが重要です。


連記事