ダイエットを成功させる5つのおやつの食べ方

ダイエットを成功させる5つのおやつの食べ方
ダイエット中のおやつで苦労している方はとても多いですよね。食事制限をしないといけないのはわかっていても、小腹が空いたときどうやって空腹を満たすかここがダイエットの分かれ道になってしまいます。

痩せるためには運動で消費するカロリーと食事で摂取するカロリーのバランスを取り、エネルギーをうまく燃焼することが基本。1日3食のメニューは慎重に選んでも、つい油断するのがダイエットのおやつではないでしょうか。

「その一口が・・・」と誰かに言われるようで後ろめたい、でも我慢できない時。この状態はストレスとしてどんどん蓄積され、最終的にダイエットで挫折する原因になってしまいます。

そこで本日はダイエットで失敗した経験がある人にオススメの、ダイエットが成功するおやつの食べ方についてお伝えします。

食事をおやつ時間に振り分けましょう

ダイエットのおやつはわざわざ選んで用意する必要はありません。ダイエットは食事制限が成功のカギを握っているのは皆さんご存知ですよね。出来るだけ摂取するカロリーを減らし運動で燃焼する、頭でわかっていても実践するのは簡単ではありません。

一番辛いのは空腹との闘いで、とくにおやつは一度食べ始めるとアッという間に一袋平らげてしまうこともあるでしょう。そんな悩みを持っている方にオススメしたいダイエットのおやつは、食事を減らしておやつ時間に回すことです。

こうすれば一日のトータル摂取カロリーが増えず、さらにおやつ時間の苦痛も改善されるでしょう。

たとえば夕飯のサラダを食べずに夜食に回す、ランチのサンドイッチを半分残して3時に食べるなど、ダイエットのおやつの量とタイミングを見直してください。

 

ダイエット効果があるものをおやつにしよう

基礎代謝量は寝ているときにも人間の体が消費するカロリーで、年齢とともに減少していきます。でも毎日の生活の中で基礎代謝が減っていることなんて実感ないですよね。

ダイエットのおやつで意識したいのが、この基礎代謝を増やす食べ物で逆に脂肪燃焼を促進させることなのです。オススメの食べ物はナッツ類、食物繊維が豊富で抗酸化成分のビタミンEが豊富に含まれていますので、少量でも満腹感がある点がメリット。

食べやすく持ち運びができるため、仕事中に小腹が減ったときにもよいでしょう。ナッツ類はアスリートのおやつとしても知られていますが、脂肪燃焼を活発にして代謝量をアップする作用もありますので、アーモンドなら1日7~8粒程度ダイエットのおやつとしてプラスしてみましょう。

 

水で空腹を満たそう

ダイエットのおやつはなにを食べたらいいのか、自分で判断するのは難しいですよね。ネットやテレビなどで話題になるダイエット方法、やってみたけど効果がなかったという人もいるでしょう。

おやつの落とし穴は特定のものが食べたくなるのでなく、空腹を満たすために何か食べてしまうことが特徴。そばにあるお菓子をつまみ食いしてつい過剰にカロリー摂取しやすいのです。

それなら簡単に満腹感を満たすもので、ダイエットのおやつとしてもぴったりなものを選べばいいこと。オススメしたいのはミネラルウォーターです。

脂質、糖質が一切なく満腹になり、しかもデトックス効果で体内の老廃物が出やすくなり便秘改善、美肌効果などダイエットのおやつとしてはコストもかからず健康的でオススメです。

 

1日分のおやつの量を決めておこう

ダイエットのおやつでつい食べ過ぎてしまうのは、手あたり次第に食べてしまうためで、しかも空腹状態に糖質や脂質を摂取するとしっかり消化吸収されてしまいます。これでは満腹になってさらに肥満になりやすい食べ方になってしまいますよね。

ダイエット中は食べるものを管理してできればカロリー計算までするのが理想的ですが、面倒な場合はまず1日分のおやつを朝決めておきましょう。量がわかっていれば食べる量も調整しやすくなり、ついペロリと食べてしまうこともなくなります。

徐々に慣れていけばおやつの量も減らせるようになり、食べない時間の過ごし方がわかってきます。

 

カロリーが少ないおやつをよく噛んで食べましょう

ダイエットのおやつは低カロリーで満腹感が続く野菜や果物、豆類などがオススメです。急激な食事制限は体に負担になり、栄養バランスが悪くなるとダイエットどころではありませんよね。

野菜や果物は栄養価が高くしかも食物繊維が豊富で満腹になりやすい食べ物。ダイエットのおやつとしてカロリーも低く美容や健康にもオススメです。

 

このようにダイエットのおやつはなにをどうやっていつ食べるか、が成功の秘訣になります。食事制限は最初は気合でなんとなく出来ても、長期間続けるのは大変ですよね。

ダイエットのおやつで失敗しないためには、食事制限のストレスを解消する好きなおやつで気休めすることも大切です。健康的に痩せるためには運動と食生活を計画的に続け、即効性のある方法よりも長く無理せず継続できるダイエット習慣をスタートしてください。

今日はこれしか食べられないと自分自身にプレッシャーをかけるよりも、食べ過ぎた翌日は量を減らすなど臨機応変に楽しみながらダイエットを続けましょう。

少しでも効果が出てくるとモチベーションもアップしますので、まずは最初の10日間、ダイエットのおやつで効果を引き出してください。


連記事