あがり症を克服して初対面でも落ち着いて話す方法

あがり症を克服して初対面でも落ち着いて話す方法
あがり症を克服して初対面の人と落ち着いて話すことができたら良いですよね。学校や会社で、もっと気軽に新しい友達を作ることができるし仕事ももっとうまくいくのにと思っている人も多いでしょう。。あがり症というだけで、人付き合いに臆病になっている方も多いのでは?

あがり症は生まれつきの性格のこともあるし、これまでの人生経験の中で培われた性格のこともあります。どちらにせよ、己の中で深く根付いたあがり症を克服することは並大抵のことではありませんが、初対面の話すとき、ちょっとした工夫や心構えをすることであがり症を克服して落ち着いて話すことができますよ。

ということで、今回はあがり症で困っている方のために、あがり症を克服して初対面でも落ち着いて話す方法をお伝えします。

会う前に深呼吸をしてリラックスすること

これから初対面の人と会うぞというとき、あがり症の方は会う前から緊張して胸がドキドキしてしまいますよね。しかし、あがり症の人の緊張の最高潮は初対面の人と会ったとき!前哨戦の段階で口から心臓が飛び出るほど緊張していては、本番ではどうなることやら、先が思いやられます。

いざ会ったときの緊張の度合いをできるだけ低くするためには、会う前の緊張をできるだけ低くする、できればゼロにしておくことが大切です。ということで、初対面の人と会う前には、深呼吸をするなどしてリラックス、緊張を和らげておきましょう。

 

自信が持てるよう、身なりを整えること

服装やメイクは初対面の人と会うときの鎧です。あがり症を克服するために、初対面の人と会うときには、自分に自信を持てる洋服を着るようにしてください。ボロボロ・安物の洋服やみすぼらしい格好では、自分に自信が持てませんから、相手に会う前から気持ちの面で負けてしまいます。

逆に、自分をきれいに・格好良く見せてくれる洋服を着ると、自分に自信が持てますし、初対面の相手に対して強気に出ることができます。女性ではメイクもきちんとしてくださいね。あがり症を克服するためには、台本を覚えたり発声練習をすることも大切ですが、外面を整えることも同じくらい大切です。

 

自己紹介や最初の挨拶を決めておくこと

初対面の人と話すとき、最初の挨拶や自己紹介までが緊張のピーク、それをうまく乗り切ることができれば、徐々に緊張も和らいでいきますよね。反対にここで失敗してしまうと、パニックでますます緊張してしまいます。

あがり症を克服するためには、いかに自己紹介や最初の挨拶を乗り切るかがポイント!自己紹介や最初の挨拶の言葉は相手に会う前にあらかじめ決めておきましょう。何事も繰り返せば繰り返すほどうまくなるし、自信もつきます。

自己紹介や初対面の最初の挨拶は、繰り返し使えるものを決めておくとよいですよ。何度も使いまわせば、頭で考えなくても自然と口が動くようになりますし、「うまくできた」という成功体験を重ねるごとにあがり症も克服できます。

 

相手をじっと観察すること

初対面で緊張するのは、相手に見られている・相手に評価されているという意識が強すぎるためです。初対面の緊張を和らげるためには「相手に見られている」のではなくあなたが「相手を見てやる・評価してやる」という気持ちを持つのがポイント!見られる側から見る側に回るのです。

ということで、初対面の人と会うときには、相手をじっと観察してみましょう。意識的に相手の顔や服装に目を向けて、「どんな奴なのだろう」「この服はいくらくらいなのだろう」と観察するのです。観察者の意識を強く持つことで、「見られている」という意識が薄れ、あがり症を克服することができますよ。

 

相手に会話の主導権を渡すこと

あがり症で緊張しているとき、「この場をうまく切りまわさなきゃ」「相手を楽しませなきゃ」と頑張ると、ますます緊張してしまいますし、空回りしてしまいますよね。あがり症の方は、初対面の人相手に会話の主導権を握ることはありません。

相手に会話の主導権を渡し、会話の運びは相手に任せてしまいましょう。あなたは、相手からの問いかけに答えたり、相手が自己紹介をしたら今度は自分の番ね、というように相手のやることに合わせるだけでOK!自分が主導権を握らない分、緊張せずに済みますよ。

あがり症の方が初対面の人と話すときは、自分からどうこうしようとせず、まずは相手の出方や会話の運び方をうかがいましょう。

 

以上があがり症を克服して初対面でも落ち着いて話す方法でした。あがり症の方では初対面の人と会う前から緊張が高まってしまいます。深呼吸をしたり、お菓子を食べるなどして、リラックスを心掛けてくださいね。

初対面の人と会うときは自分に自信を持つことが大切!身なりを整え、自分をきれいに・格好良く見せましょう。また、自己紹介や初対面の最初の挨拶を決めておくと、緊張してもうまく自己紹介をすることができますよね。

自己紹介や最初の挨拶を乗り切れば、緊張は徐々に和らぐので、自己紹介や最初の挨拶で失敗しないように、何を言うか、あらかじめ決めておいてください。あがり症を克服するためには、「見られる」から「相手を見る」という意識を強く持ったり、相手に会話の主導権を渡すことも効果的です。

まとめ

あがり症を克服して初対面でも落ち着いて話すためには

・ 会う前に深呼吸をしてリラックスすること
・ 自信が持てるよう、身なりを整えること
・ 自己紹介や最初の挨拶を決めておくこと
・ 相手をじっと観察すること
・ 相手に会話の主導権を渡すこと


連記事