あがり症を克服したいなら必読、日常で行う5つの訓練

あがり症を克服したいなら必読、日常で行う5つの訓練
あがり症を克服したいと実感する瞬間は、きっとほとんどの人が体験ずみですよね。学校の行事、仕事のプレゼン、初対面の人との会話など、生活のあちこちで緊張する場面があります。しかしあがり症を克服するのは一瞬ではできませんし、どのように悩みにアプローチするべきかとても複雑な問題です。

あがり症を克服できないと、自然と緊張する場面を自ら避けるようになってしまいます。でも世の中にはどうしても勇気を出してやらないといけない場面がありますし、あがり症を改善すれば自分の能力や魅力をもっと発揮できるかもしれません。

人前でも緊張せずに納得できる成果を出すためにはまず何から始めるべきなのか、本日は普段のちょっとした練習であがり症を克服する秘訣をお伝えします。

呼吸法でリラックスするコツをつかみましょう

あがり症を克服する時にまず意識したいのが体で感じる緊張ですよね。手のひらに汗を握り心臓がバクバクするとさらにあがり症もエスカレートしてしまいます。どんな場面にせよ鼓動が早くなると必然的に呼吸も早くなりますので、ここを抑えてリラックスする点がポイントです。

ドキドキしてきたと思ったら、腹式呼吸でゆっくり息を吐きだしてください。鼻から息を吸いながらお腹を膨らませふたたびゆっくり息を全部吐き出します。

腹式呼吸は副交感神経を活発にし脳内の興奮を抑制する効果があります。また体が冷えていると血液の流れが悪くなり口が回らなくなる場合も。大切な場面の前は首や手足を温めて体を整えておきましょう。

 

表情筋を柔軟にしましょう

あがり症を克服するなら相手にわかるような緊張を軽減させる点がコツになります。心臓のバクバク音は人に聞こえるほどではありませんが、表情に現れる不安や恐怖は周囲にも自分が緊張しているとすぐにバレてしまいます。

「落ち着いて」なんて人に言われると余計にあがってしまいますよね。こんな場面を避けるためにも表情を柔軟にするように顔の筋トレや頬のマッサージなどをしておきましょう。

また口で「あいうえお」の発音をするように大きく開きハキハキと話せるように練習し、人がいないところで実際に発生することも大切です。いきなりステージに立たされても緊張せずに話ができる人まず存在しないでしょう。しっかり準備をしておけばあがり症を克服しやすくなるのです。

 

人の評価よりも自己採点を大切にしましょう

あがり症を克服したいと思っている人に共通するのは、周囲の評価を気にしやすい点です。失敗したらどうしよう、まわりからどう見られているか不安、といった評価や採点が気になると自分でプレッシャーをかけてしまいますよね。

あがり症を克服するときは一切周囲の存在を無視して自分が納得できるか、100%の力を出し切ることだけを意識してみましょう。失敗しても自分では想定内のこと、そんな余裕を持っておけば自己採点も高くなり周囲を満足させるストレスも減っていきます。

あがり症を克服したいと考える人は皆さん几帳面でまじめな人が多いので、自分らしく全力を出すことに力を注いでください。

 

ゆっくりした話し方を意識しましょう

あがり症を克服するつもりでも、いざその瞬間になると頭が真っ白になり普段の自分が見えなくなりますよね。いつも通りのペースをつかむためにはコミュケーションがとても重要なのですが、ぺらぺらと話上手みたいな真似をする必要はありません。

言葉がでてこない、言い方を間違えてしまう、そんなリスクを避けるためは、一言ずつはっきりと発生するとよいでしょう。

ゆっくりのスピードで話をすると、焦って頭の中がごちゃごちゃにならずに済みます。場慣れした人のようになるのは理想ですが、あがり症を克服するなら自分のリズムを大切にしましょう。

 

小さな成功を積み重ねていきましょう

あがり症を克服するまでの期間は度合によって異なりますが、人前で緊張したりあがるのはごく自然で誰にでもあることですよね。あがり症により自信を一度自信を無くしてしまうと悩みを克服すための勇気が出てきません。

そんな時は小さな成功体験を積み重ねて、あがり症を克服していきましょう。たとえば見知らぬ人に道を聞くといった行動をゴール設定にして少しずつ勇気を回復してください。

 

あがり症を克服したい時は緊張しやすい場面を頭に描いてください。あがり症といっても24時間ずっと緊張が続くわけではありませんから、必ず苦手な場面があるはずですよね。

あがってしまう瞬間を冷静に判断しどうすれば回避できるのか、リラックス方法や準備を行い取り組んでみましょう。また失敗した場合の逃げ道として、別の策を考えるなど心の余裕を持つ点も大切にしてください。心臓がどきどきする瞬間はこれからも何度もやってくるでしょう。

常に平常心を持って生活するのはほぼ不可能なので、あがり症を克服して自分なりにスムーズに回避できる技を習得してください。緊張は目に見えない壁を乗り越えた瞬間に、自分がすべてをコントロールできるようになるのです。

まとめ

あがり症を克服する訓練とは 

・ 呼吸法でリラックスするコツをつかみましょう
・ 表情筋を柔軟にしましょう
・ 人の評価よりも自己採点を大切にしましょう
・ ゆっくりした話し方を意識しましょう
・ 小さな成功を積み重ねていきましょう


連記事