肌断食をするときに守るべき5つのポイント

肌断食をするときに守るべき5つのポイント
「『肌断食』であなたの美しさを保つことができる」と言われたら、これは女性として試してみない手はありませんよね。普段はメイクを落とした後ケアをするものですが、肌断食はメイクはもちろん、ケアもストップして刺激に疲れた素肌を休め、本来持っている自然治癒力などを引き出そうというものです。

ですが当然ながら「いきなりメイクも日焼け止めもケアもやめ、水のみの洗顔だけにする」ことがすべての女性の肌に合うわけではありません。

ライフスタイルによっては毎日必ずメイクをしなくてはいけない女性だって大勢いるはずですし、肌質によってはかえって肌断食がトラブルを引き起こしてしまうことだってあるのです。

そこで今回は、いくつかある肌断食の方法やコツについてお伝えします。生兵法は大怪我の基、あなたのライフスタイルや肌質をよく考慮して取り入れてみてください。



 

肌断食をするときに守るべき5つのポイント

 

「クレンジング」をカットするタイプの肌断食を試す


一番手軽にできる肌断食のパターンがコレ「クレンジングをやめる方法」です。クレンジングはスキンケアのうちでもっとも肌に負担をかけます。

といってもメイクをした以上、落とさなくては肌荒れやトラブルを引き起こしてしまいますよね。この方法を行うには、化粧品を変えメイクそのものを薄くする必要があります。

クレンジングを使わなくても洗顔料だけで落とすことができるミネラルファンデーションやフェイスパウダーを活用し、夜の洗顔は洗顔料のみ、そのあとの保湿ケアは普段どうりに行うようにしましょう。

簡単お手軽な分だけ効果が出るのも比較的ゆっくりですが、これだけでも肌にかかる負担はだいぶ軽減されますよ。

 

「クレンジング+夜のスキンケア」をカットするタイプも肌断食を試す


昼間のメイクは外せない!というあなたはクレンジング+夜のスキンケアをカットするタイプの肌断食を試してみましょう。朝は化粧水や乳液を使った後にメイクをし、夜は洗顔料のみでメイクを落としてからケアを行います。

これなら昼間ノーメイクで外出するわけにはいかない女性でも毎日続けることができますよね。ただしここでも、一度化粧品を見直す必要があるかもしれません。

クレンジングを使用せず、ケア自体も軽くしなくてはいけないので「洗顔料だけで落とせる化粧品」で薄めのメイクを心がけるようにした方がよいでしょう。

 

「週末限定」で肌断食を試してみる


少しずつ本格的な断食に近づけていきましょう。金曜日の夜から月曜日の朝まで、週末の3日間で行う方法です。

1.金曜日の夜肌への刺激が少ないクレンジングを使用してメイクを落とした後、無添加のせっけんで洗顔を行いましょう。洗顔後のスキンケアは行いません。
2.土曜日の朝水かぬるま湯のみで洗顔します。スキンケアもメイクもしてはいけません。
3.土曜日の夜無添加のせっけんで洗顔のみ行います。
4.日曜日の朝・夜土曜日と同じ日課を繰り返します。
5.月曜日の朝通常通りのスキンケアとメイクを行います。

週末は通常の日焼け止めが使用できないため紫外線には注意しましょう。できれば自宅でのんびり過ごせるとよいですね。毎週続けることで化粧のノリなどで効果が実感できるようになりますよ。

 

「完全な肌断食」に挑戦してみよう


完全な肌断食がコレです。最終的にケア用品を完全に排除するため、人によっては初期の肌荒れが激しくなります。自身の肌の状態と相談しながら行うようにしてください。

まずは洗顔やメイクの時の洗い過ぎ・こすりすぎをやめるようにしましょう。同時にケア用品の種類を少しずつ減らしていきます。「クレンジング」「クリーム」「乳液」「美容液」「化粧水」の順で抜き、最後は水洗顔のみの状態にしていきます。

肌の汚れが気になる場合は純せっけんを使って洗顔してください。乾燥がひどい場合は白色ワセリンを薄く塗って肌を保護しましょう。べたつくのでつけすぎに注意してくださいね。

 

肌断食の特徴を正しくつかんでおこう


肌断食の効果を最大限に引き出すには、肌断食の特徴を理解しておく必要があります。

【効果が出る日数は?】

肌断食を行ったからと言ってすぐに効果が表れるわけではありません。数週間で柔らかくハリのある肌を実感できる場合もいれば、数年ほどかかってしまう人もいます。今までスキンケアなど肌に手をかけすぎていた人ほど、本来の肌の回復力が蘇るまでには時間がかかるようです。

【週末や夜だけで効果はあるの?】

肌の状態を根本から改善する完全な肌断食と違って、週末や夜だけの肌断食はどちらかというと肌に休息を与えるようなもの。ゆえに効果が実感できるのはさらに時間がかかると覚えておきましょう。それでも今までに比べれば肌への負担は格段に減っています。

【紫外線対策、どうすればよいの?】

肌断食を行っている間は基本的に日焼け止めは一切使いません。外出は極力控え、出かける際には日傘や帽子、サングラス、長そでシャツなどで予防しましょう。屋内でも油断は厳禁。窓から紫外線が入ってくるので工夫を凝らしてください。例外として、防腐剤不使用・ワセリンベースの日焼け止めなら使えます。

【肌荒れの期間を短くする方法は?】

一気にすべてのスキンケアアイテムを減らしてしまうよりは、少しずつ減らしていく方が肌の負担を軽くすることができますよ。また、この機会に生活習慣を見直すとよいでしょう。

肌荒れが起きている期間中は特に、食事や睡眠、ストレスに注意してください。ただし「もともと敏感肌な人」「肌が弱い人」などには向いていない場合があります。

状態を確認しダメだと思ったら早めに中止してください。かかりつけのお医者さんがあるなら相談してみるのもよいですね。

 

いかがでしたでしょうか。一朝一夕で劇的に変わるわけではない肌断食ですが、うまく肌質に合えば大きな効果が期待できます。かといって無理をしたり中途半端だったりではかえって肌トラブルの原因となりかねません。

今の肌の状態と相談して、スキンケアと併用して肌を休める方向で進めてもよいですし、お試しで夜だけ・週末だけなどライフスタイルに合わせて行った後に本格的に取り組んでもよいでしょう。

やり方はありますが「絶対にコレ」というものでもありません。日常生活にうまく取り入れてみてください。同時にあなた自身の生活習慣なども見直してみてくださいね。

ストレスや不規則な生活は乙女の大敵。頑張りすぎていないか振り返るとともに、自分自身にも休息や癒しを与えてあげましょう。

まとめ

肌断食の効果を最大限に引き出すには

・ 「クレンジング」をカットするタイプの肌断食を試す
・ 「クレンジング+夜のスキンケア」をカットするタイプも肌断食を試す
・ 「週末限定」で肌断食を試してみる
・ 「完全な肌断食」に挑戦してみよう
・ 肌断食の特徴を正しくつかんでおこう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c