太る原因になる食事とは?きょうから治せる6つの改善策

太る原因になる食事とは?きょうから治せる6つの改善策
太る原因と言えば、やっぱり食べ物。ダイエットする時、人は食べ物の内容と量を一生懸命考えますよね。それなのに、ダイエットに効果が出なかったり、一時的に痩せてもリバウンドしたりと、うまくいかなくて悩んでいるという話を良く聞きます。

ダイエットと食べ物は切っても切れない関係。自分では気を付けているつもりでも、もしかしたら根本的に太る原因となる食事について、誤解をしているかもしれませんよ。

スナック菓子や甘いものを控えるというのは、ダイエットの基本中の基本ですが、実はそれ以外にも気を付けなければならない、太る原因となってしまう食事があるのです。

それは一体何なのか、ダイエットを成功させるために、食事ではどんなことに気を付ければ良いのかを、お話します。



 

太る原因になる食事とは?
きょうから治せる6つの改善策

 


水分補給は無糖のお茶か水にしよう


生活の中で必要な水分接種。今は色々な種類がありますよね。コンビニに行けば、お茶、ジュース、コーヒー、スポーツドリンク、炭酸飲料、ありとあらゆる飲み物が揃っています。

だけど、痩せたい人は、迷わずお茶、もちろん無糖のお茶又は水を選んでください。

市販の甘い飲み物には、大量の糖分が含まれています。これを日常的に飲む行為は太る原因となります。今は飲み物のパッケージにカロリーが書いてありますが、どんなに少なくてもお茶や水に比べたら、砂糖水を飲んでいるのと同等なのです。

 

主食にパンは危険!米中心の食生活にしよう


炭水化物ダイエットという言葉が存在しますが、3食バランスの良い食事を採ることは、健康を維持するためにとても大切なことです。また、過激なダイエットは続かず、心が折れた時に抑えていた食欲が爆発してしまう恐れがあります。

なので、炭水化物も量を考えて食べましょう。しかし、選ぶ炭水化物は米にしてください。米を中心とした食事は、自然と和食になります。和食は日本人の体に合っているし、何より余分な糖質や油が少ない食事です。

一方、パンはパンそのものの中に糖質や脂質が含まれています。一緒に食べるものも、洋食に偏り、和食より食事のカロリーが上がってしまうのです。痩せたいときこそ、米中心の食事が良いでしょう。

 

類にも危険が潜んでいる…、ダイエットにラーメンはご法度!


パンには糖質脂質が含まれているけど、麺類は大丈夫じゃない?とお思いかもしれませんが、麺類、特にラーメンはダイエット中最も食べてはいけない食事の中の1つです。

なぜならば、スープには大量の油が含まれていますし、麺そのものにも脂質が添加されていることが殆ど。トッピングについては、説明するまでもありませんね。

ラーメンにはあっさり、こってりなどありますが、あっさりラーメンだって、カロリーは物凄いことになっているのです。

ちなみに、同じ麺類でも、ざるうどんやざるそばについては、確かに脂質は少ないかもしれませんが、お腹を満たすためには一定量炭水化物を摂取する必要があり、結果、炭水化物に含まれる糖質もたっぷり摂取していることになるので、やはりおすすめはできません。

 

ダイエットにカレーも天敵!実は油の塊です


じゃあ、カレーはどう?なんてお考えではありませんか?香辛料が入っているし、辛くて汗もかくし、ダイエット中に食べても問題なしと思ったら大間違いです。

確かに、本格的なカレーで、特にシャボシャボとしたスープカレーならば話は別なのですが、一般的にカレーと表現されるドロドロのカレーは、油の塊を食べているのと一緒。

もしも、今ご家庭にカレールーがあるならば、その原材料名を是非確認していただきたいです。一番先頭に「食用油脂」と書いてあるはずです。一番初めに書いてあるということは、食用油脂がカレールーの中で最も多く含まれる成分と言うことなのです。

カレーはとても美味しいですよね。だけど太る原因なので、ご注意ください。

 

朝食抜きはかえって太る!簡単朝食のススメ


太る原因は、その食事内容だけではなく、食事のリズムにも大きく関係しています。

朝は寝ていたいし、1日の総摂取カロリーを減らすためにも、朝食抜きにしている方がいるかもしれませんが、その生活リズムは、実は太る原因です。

朝食を抜くと、代謝が下がり、そして空腹状態が続くので、体が栄養を蓄えようとするため、脂肪がつきやすい体質になってしまいます。

朝から意欲的に活動するためにも朝食はとても大切。できれば日本の朝ご飯、焼き魚や納豆、みそ汁などを食べて欲しいところ。ですが、毎日時間に追われている人は難しいですよね。そのような場合は前日に小さなおにぎりを作っておきましょう。それを朝食べれば時短できます。

冷めたお米は味が落ちるものの、暖かいご飯より血糖値の上昇がゆるやかで、かつ脂肪燃焼効果も高いのでおすすめです。

 

夜中の食事は厳禁!22時前には夕食を終わらせよう


夜遅い食事は太る原因というのは、今や常識かもしれませんね。痩せるためには、食事をとる時間に気を配るのは、とても大切なことなのです。

夜は副交感神経が優位になり、代謝が悪くなります。また、同じ食事内容でも、朝より夜の方がエネルギーとして消費される量が少ないのです。消費されなかった分は、当然脂肪として蓄積されてしまいます。

やはり、ダイエットに夜遅い食事は止めた方が良いでしょう。仕事の関係で難しいかもしれませんが、なるべく22時までに夕食を済ませ、無理な場合は夕食を軽く、朝食をしっかりというスタイルに変えましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

日常的に食べている食事の中に、意外にも太る原因が隠れているものなのです。ダイエットに大切なのは、極端になり過ぎないこと。無理なダイエットは継続にかなりの精神力が必要ですし、何より健康面で心配がでてきてしまいます。

痩せるためには、太る原因となる食事の知識を身につけた上で、3度の食事をバランス良くとることが、結局一番の近道になります。そして、太る原因の食べ物を理解していれば、極端に食事の量を減らす必要はなくなります。

ストレスは太る原因になりますが、食事内容を考えれば、満足できる量を食べても太らず、食事制限によるストレスからも解放されるのです。太る原因の知識を身につけ、無理なく続けられる健康的なダイエットをしてくださいね。

 

まとめ

太る原因になる食事とは?きょうから治せる6つの改善策

・水分補給は無糖のお茶か水にしよう
・主食にパンは危険!米中心の食生活にしよう
・麺類にも危険が潜んでいる…、ダイエットにラーメンはご法度!
・ダイエットにカレーも天敵!実は油の塊です
・朝食抜きはかえって太る!簡単和朝食のススメ
・夜中の食事は厳禁!22時前には夕食を終わらせよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c