実年齢よりも若く見られる人が行っている健康生活習慣

実年齢よりも若く見られる人が行っている健康生活習慣

実年齢よりも若く見られる人の共通点はズバリ「お肌」。透明感があって、キメが細かくて、シミとしわが少ないことが特徴です。

実年齢よりも若く見られる人達に、何かオススメの化粧品があるかと聞いてみると、人とは違う特別なものや高価なものを使っていることは少なく、何か美容にいいことをしているかを聞いても特別なことは本当に何もしていないので驚くほどです。

ということは逆に、誰もが実践できるようなことを普通にしているのではないでしょうか。だとするとそれは即効性のあるものというよりは、毎日の積み重ねで効果が出る、体だけではなく心にも関係があることかもしれませんね。ということで今日は、実年齢よりも若く見られる人が行っている健康生活習慣をお伝えします。



実年齢よりも若く見られる人が
行っている健康生活習慣

 

睡眠を大事にしよう


今さら何をと思わないでくださいね。体のためにもお肌のためにも、睡眠は大事にしましょう。単純に寝不足が続くと、肌のうるおいは落ちて毛穴が目立つようになり、今にも死にそうな土気色の肌になり、大きな吹き出物がドカンとできる経験をした方は多いはずです。

以前は22時~午前2時がお肌のゴールデンタイムと言われていました。今は入眠後3~4時間が勝負と言われているようです。となると、理想は「お休み3秒」。

お布団に入ってすぐに電池が切れたように眠りに入るために、夕食も入浴も寝る2~3時間前には済ませておいて少しリラックスタイムをつくるのがいいでしょう。

そしてガツンと眠れば、翌日のお肌の状態は内側から発光しているかのように絶好調。若く見られる人は例外なく、よく寝ていますよ。いつ会っても若く見られるよう、毎日の睡眠は大事にしてくださいね。

 

姿勢に気をつけよう


若く見られる人はたたずまいがとても美しいですよね。歩き方も、背筋がピンと伸びていて颯爽としています。なんとなく前かがみになっていたり、だらしなく歩いている人で若く見られる人はいないはず。

若さは年齢ではなくて内側からあふれでる生命力です。具合が悪いせいでうつむき加減になっているのなら具合が悪い原因を治しましょう。

筋力がなくて背筋が伸びないのなら今から筋力をつけていけばいいですね。姿勢を良くしただけで、体調が良くなって、筋力がつくという事もあります。

姿勢を良くするために普段の生活習慣に気をつける、生活習慣に気をつければ自然と姿勢が良くなる。お互いに影響しあって、循環しているのですね。生活のあらゆる場面での姿勢に気をつければ、若く見られる機会は増えるでしょう。

 

笑顔を心がけよう


人の悪口や噂話をする人の顔は、悲しいくらいに老けてみえます。実年齢よりも年上に見られるという次元ではなく、悪い意味で超越してしまっています。

ネガティブな想いが身の回りにまとわりついて、みずみずしさを奪っているのでしょう。若く見られる人は、人の悪口や噂話をあまりしません。

もちろん人間ですから少しぐらい毒を吐くことはあるでしょうが、若く見られる人はそんな時でも必ず愛とユーモアを忘れません。

若く見られる人はきっと、ほとんどの物事をシンプルに素直に受け止めているのではないでしょうか。くよくよ悩んだり、妬んだり…ともやもやした気持ちを持ち続けるほど、やつれていきますよ。

笑顔でいられるように、自分で自分をこじらせないようにしたいものです。そのコツは、意識をすればどこまでも上達していく事ができるので、年を重ねるごとに若く見られるようになっていきますよ。

 

おしゃれ心を持ち続けよう


ある程度の年齢までは実年齢よりも若く見られるために攻めたファッションをしてしまいがちですが、ある時を境にして、ドドメ色もしくは原色をベースに意味不明な模様がついたテロテロ素材の服を重ね着しはじめます。

どうしてこのようになってしまうのでしょうか。若く見られる人は、向上心があります。おしゃれに対してもそうですね。研究して、試して、楽しむ気持ちを忘れていません。

でも、その気持ちを忘れると手近で楽な方へ流れて、行きつく先はドドメ色の世界…ということに。確かにおしゃれ心も向上心も少し面倒ですが、取り組み続けていると老けることがありません。

そこに楽しみを見つける事ができれば、いつまでも実年齢より若く見られる事うけあいですよ。

 

自分にとってのいい加減を見つけよう


実年齢よりも若く見られる人は、お肌がとにかくキレイです。必要以上に甘やかさず、かといって放りっぱなしではない、ちょうどよいスキンケアをしている人が多いですね。

食生活も適度に気を付けつつ、たまにハメをはずしたり…とストレスにならないようにやりくりしているようです。運動もストイックすぎない程度に毎日続けています。

若く見られる人はどうやら、自分にとっての心地よい距離と「いい加減」を見つけるのが上手なのですね。習慣にするには、最初は少し頑張らなくてはいけませんが無理があると続きません。

そこの見極めが上手なのではないでしょうか。自分を甘やかしているわけではありません。体と心にいい習慣を身につけるために工夫し続ける事が、その人を若く見られるようにしているのですね。

 

いかがでしたか。

若く見られる人は例外なくお肌がキレイです。お肌がキレイでいるために一番大事なのは睡眠。寝不足がお肌の大敵というのは誰もが知っている常識ですよね。

毎日質の良い睡眠をとるようにしましょう。次に姿勢です。姿勢が悪いと若々しさに欠けてしまいまい、若く見られるのは難しいはず。

誰かに見られているという緊張感をほどほどに持つようにしていると美しい姿勢が保てますよ。そう、若く見られる人は、自分がいつも良い状態でいられるよう、毎日を工夫しています。

厳しすぎず甘やかしすぎない絶妙な距離感で日々向上し、研究しているからこそファッションも人付き合いもセンスがいいのです。もちろん健康状態もバッチリ。

実年齢より若く見られる人の健康生活習慣にはお手本になることがいっぱいです。ぜひ取り入れて、あなたもどんどん若く見られる人になりましょう。

 

まとめ

実年齢よりも若く見られる人が次のことをしよう

・ 睡眠を大事にしよう
・ 姿勢に気をつけよう
・ 笑顔を心がけよう
・ おしゃれ心を持ち続けよう
・ 自分にとってのいい加減を見つけよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c