休日の過ごし方を改善して仕事の業績を3倍にする方法

休日の過ごし方を改善して仕事の業績を3倍にする方法
頑張って働いてやっと訪れた休日、過ごし方は人それぞれですよね。さっさと家に帰ってくつろぐ人もいればぱーっと飲み歩く人もいるでしょうし、思うさま夜更かししたあと昼近くまで寝ている、なんていう人もいるでしょう。

どの過ごし方も至福のひと時ではありますが、実は「デキる人の休日の過ごし方」は一味違うようなのです。

かといって「大それたなにかをしている」というわけではなさそうな……。休日の過ごし方をちょっと変えてみるだけで作業効率をUPできるのだったら、試してみなくてはもったいないというものですよね。

そこで今回は、仕事がデキる人はどんな風に休日を使っているのかをお伝えします。あなたの生活に取り入れたら、仕事の業績も上がるかも。こっそり同期に差をつけちゃいましょう!



 

休日の過ごし方を改善して
仕事の業績を3倍にする方法

 

休日と平日のリズムを一定に保ちましょう。


夜更かししたって次の日寝坊したって安心、だって明日はお休みだもの!とついつい半徹夜状態で夜を満喫してしまう人は多いのではないでしょうか。しかし!デキる人の休日の過ごし方は睡眠時間からして少し違うんです。

「寝だめは体を疲れさせる」という話を一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、実は人間は平日と休日の睡眠時間に開きがあると、かえって疲労感やストレスが回復しにくくなってしまうのです。

休日の過ごし方こそ、まずは起床時間をあまり変えずに1日をスタートさせる習慣をつけるよう心がけましょう。また「睡眠の質」にも注目するべきです。

いくら睡眠時間をたくさんとっても眠りが浅かったり体がこってしまうようでは、日ごろの疲れをきちんと癒すことはできません。「寝具を良いもの(体に合うもの)に変える」「環境を整える」など、ちょっとした部分を変えるだけでも寝起きのすっきり度に違いを感じるはずですよ。

 

「起きてからの○○」を習慣化してしまいましょう。


貴重な休日の過ごし方こそ有意義なものにしたいですよね。朝起きた後ついやってしまいがちなのが、ついいつまでもだらだらとしてしまうことです。

何の気なしにテレビを見続けてしまったり、ネットサーフィンに時間を費やしてしまったり。それも悪くありませんが、デキル人の休日の過ごし方には「時間の無駄」がありません。

一番良いのが、「朝起きたらやることを1つ、習慣化する」ことです。例えば「30分読書する」「ランニングやストレッチをする」などなど。

「シャワーを浴びる」という人もいるようですよ。もちろんイレギュラーな日はありますが、特に予定のない休日には必ずやることを1つ決め、それを欠かさず行うことで生活にメリハリをつけることができます。

また、人間には決まった流れに身を置くことで安心感を得る性質があります。あれこれと変化が多くなるのは刺激的な分だけ負荷もかかるもの。休日に自分が好ましいと思うことを習慣化することで、普段感じているストレスのリセットとリフレッシュを図ることができます。

 

「自分を労わる」ために時間を使ってみましょう。


デキル人は、時に「癒し」に的を絞った休日の過ごし方をするようですよ。できれば一泊二日、もしくはちょっと長めに休みを取って温泉旅行……といきたいところですが、忙しくてそこまではちょっと、という人も多いことでしょう。

ですが諦めるのはまだ早い!ちょっと検索してみれば、案外近場にスパや銭湯、エステやサウナにマッサージとあなた自身を癒してくれる場所はたくさんあるはずです。日帰りも十分可能、これなら気が向いたときにふらっと行ってみるのも、ハードルとしては低そうですよね。

現実として身体的に疲れがほぐれるというのもありますが、いつもと違う環境に身を置いてつかの間の非日常感を感じるのも心の元気を充電するにはもってこいなのです。日ごろ頑張るあなた自身へのねぎらいも込めたこんな休日の過ごし方も、悪くないのではないでしょうか。

 

今よりワンランク上を目指してみましょう。


スキルアップに費やす休日の過ごし方、なんてちょっとカッコイイと思いませんか?誰でも1日は24時間しか割り振られていません。

たま~に、のんびりだらだら何も考えずに過ごす分には日ごろの緊張感がほぐれてリラックスできるかもしれませんが、毎度毎度それだけ、というのはもったいない話です。

仕事に直接関係するスキルについて勉強してみてもよいでしょうし、全く関係ないような雑学などでも意外な場面で役に立つことだって数多くあるのですよ。聞くだけで勉強ができるCDもありますし、読書でもいいですね。

どこかへ出かけた際もぼけっと歩くより、周囲に関心を向けるだけで見える世界が変わってくるはずです。探求心や好奇心をもって休日の過ごし方を計画立ててみると、視野が広がるかもしれませんよ。

 

気合を入れて掃除をしてみましょう。


あなたのお部屋はきれいでしょうか。仕事がデキル人の部屋は、たいていきれいに整頓されています。環境整備を休日の過ごし方に追加してみましょう。

部屋が散らかっていると、つい目に入るものに気を取られて集中力が散漫になりますし、無意識のうちに落ち着かなさを抱くものです。

必要なものを探し出そうとしても余計な時間を費やす羽目になってしまいます。部屋がきれいならそんな無駄な時間や動作は大幅に軽減されます。

休日の過ごし方に掃除を加えるメリットは他にもあります。実は適度な運動までできてしまうのです。掃除をしっかり行うと、これがけっこうな全身運動になるというのが実感できるはずですよ。

また、掃除を集中して行うことで前頭葉が鍛えられ、平常心が強くなったり、イライラが軽減されたりするのだそう。

仕事を精力的にこなすには、ストレスに強い心身が必要になってきます。部屋がきれいになって運動もできて心まで鍛えられるなんて、これは取り入れない手はありませんよね。

 

いかがでしたでしょうか。

仕事がデキル人の休日の過ごし方を垣間見てきました。……といっても、どれもその気になれば今週のお休みからでも始められそうなものが多かったのではないでしょうか。

特別な休日の過ごし方をするよりも日々の生活をいかに着実に組み立てていくかが、仕事の成果を倍増するか半減させるかの分かれ道になるようですね。

忙殺されてつい心も体も余裕を失いがちになりますが、この機会にあなたの休日の過ごし方、ちょっと見直してみるのも悪くないかもしれません。

すべてを実践しなくても、どれか1つを取り入れてみるだけでも効果はあがるはずです。マンネリ化している毎日を変えたいと思うなら、この機会にぜひチャレンジしてみてください。

 

まとめ

休日の過ごし方を改善するには

・ 休日と平日のリズムを一定に保ちましょう。
・ 「起きてからの○○」を習慣化してしまいましょう。
・ 「自分を労わる」ために時間を使ってみましょう。
・ 今よりワンランク上を目指してみましょう。
・ 気合を入れて掃除をしてみましょう。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c