結婚の失敗を活かして、最高に幸福な家庭を築く5つの手法

結婚の失敗を活かして、最高に幸福な家庭を築く5つの手法
永遠の愛を誓ったはずの結婚でも失敗することもありますよね。人間だもの、仕方ない。男性にとっても女性にとっても「離婚」は相当なストレスです。

しかしいつまでも結婚の失敗にとらわれて苦しみ続ける必要はありません。パートナーに辛い思いをさせられてきたならなおのこと、そんな屑人間(失礼!)のことなんて今ここで切り捨ててやりましょう。

所詮あなたのこれからの人生には不要な存在です。さんざん苦しんだなら苦しんだなりに、その経験を最大限に活用しなくてはもったいないというものです。

たった一度の人生、悲しみ損で終わらせてよい訳はありませんよね。というわけで今回は、次こそ最高に幸せな家庭を築くために心がけたいポイントについてお伝えします。



 

結婚の失敗を活かして、
最高に幸福な家庭を築く5つの手法

 

あなた自身の感情を整理しましょう。


さて、ズバリ「あなたが結婚生活に失敗した理由は何でしょうか」。思い出したくないことも多々あるのは承知の上ですが、心の負担にならない範囲で思い返してみましょう(トラウマになっている・フラッシュバックして辛いという人は無理しないでくださいね)。

どんなことが辛かった・許せなかった・こうしてほしかった、などなどたくさんのことが思い返されるはず。逆にあなた自身も、こうすればよかった・こうすべきだった、といった反省点がでてくるのではないでしょうか。

この確認作業こそ、前に進むために必要不可欠な要素なのです。結婚の失敗自体は良くも悪くも「失敗」でしかありません。ならば次は同じことを繰り返さなければよいだけのこと。

そのためには一度きちんと状況を分析して把握しておかなくてはなりません。同時に「自分はダメなんだ」「失敗したんだ」と卑下してまで自分の首を絞める必要性はないので、今ここでおしまいにしてしまいましょう。

 

結婚生活において譲れない点を明確にしましょう。


前回の結婚において、あなたが結婚を決めた理由はなんだったのでしょう。結婚と恋愛は違います。結婚前には美点に見えていたところもこの程度なら許せると思っていたところも「運命共同体」として生活するとなると違ってくるものなのだと痛感したはずですよね。

次の結婚で失敗しないためにも「どの部分に対する視野が欠けていたのか」「あなた自身は結婚生活に何を求めているのか」をしっかりと認識しておきましょう。

また、自分自身の許容範囲を知っておくことも重要です。結婚に失敗したとはいえ、あなたは一度は結婚を経験しています。

ということは、「年齢のこともあるのに結婚できなかったらどうしよう」という焦燥感などは比較的少ないのではないでしょうか。

ならば次は腰を据えてじっくり相手を選ぶだけの余裕があるということです。絶対に譲れないポイントが明確なら、その分相手を見極める目もクリアになります。しっかりと活かしていきましょう。

 

個々を尊重し、きちんと互いの考えを共有しておきましょう。


結婚するということは、赤の他人同士が法的手続きを経て生活を共にすることに他なりませんが、これは「一心同体になる」ということと同義語ではありません。

平たく言えば、束縛や過干渉は愛ではなくただの所有欲だということです。結婚に失敗する前の段階で「相手に依存してしまっていた」もしくは「相手に依存されていた」という人がいるかもしれませんが、本来あなたと相手は対等です。

それが捻じ曲げられるようでは何度結婚しても失敗します。対等でありましょう。自立心を養いましょう。個々の人間としてあなたはあなたの自由とプライバシーを尊重されるべきですし、あなたもまた相手の自由とプライバシーを尊重すべきです。

といっても交友関係や家族関係において節操なしでは困りますよね。そこできちんと「ここまでならOK」「ここから先はNG」という境界線をお互いに話し合い、認識の共有を図っておきましょう。自由を尊重するのと好き勝手を放任するのとは違います。

 

現実的なところにもしっかり目を向けましょう。


恋人同士ならあいまいでもなんら問題がない「お金のこと」「介護のこと」「同居のこと」「親戚づきあいのこと」「(子供がいるなら)子供のこと」……ですが、結婚するとなるとすべてがあいまいでは済まされません。

かつて結婚に失敗しているならなおのこと、現実的な面にもきちんと目を向けましょう。これらすべてが結婚に失敗する要因として上位にあげられることばかりです。身にしみている人もいるかもしれませんね。

がめついかも、なんて言っている場合ではありませんよ。相手が話し合う姿勢を見せず、あなたもあいまいなままにしてしまうようでは、あとに待っているのはあなた自身の苦労です。

もちろんお互いに歩み寄りは必要ですが、その歩み寄りのポイントを明確にするためにも、はっきりさせるべき点ははっきりさせておきましょう。

 

結婚=幸せ、ではないというあなた自身の認識が大切です。


さて、ここまでのお話を覆すようですが……。「本当に再婚しなくちゃ幸せになれませんか?」結婚に失敗したからこそ、余計に温かい家庭・幸せな家庭を夢見る気持ちはあるでしょう。

ですがあなた自身の幸せを「結婚」に求めているなら一度立ち止まった方が良いかもしれません。恋人同士でのおつきあいを続けるほうが気楽でよいこともあります。

仕事や趣味などに生きがいを見出すことがあなたらしい生き方につながる場合もあるでしょう。お子さんがいるなら、まずは親として生きることが大前提になるはずです。

結婚はあくまでも、あなたが幸せになるための1つの方法でしかありません。次こそは、という勢いだけではまた結婚に失敗するとも限りませんよ。ご縁は必要な時に訪れます。焦れば焦るほど目は曇るもの。ゆったり構えて、まずはあなた自身が心から笑顔でいられることを探しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

これからの出会いに期待している人も、今現在恋人がいる人も。現実を知っている分だけ結婚に対する相手との認識の差を感じることもあるかもしれません。

ですがそこで、なんでもかんでも妥協してはいけませんよ。「相手を逃したくない」なんて受け身でどうしますか、「相手が逃れられないだけの魅力でひきつけてやる」くらいの気概でいきましょう。

そのためには当然、あなた自身が生き生きしていなくてはいけませんよね。気づいていてもいなくても、苦労した分だけ学んだことはたくさんあるはずです。

いろんなことを乗り越えて、今あなたはここにいるのです。どうぞ自信を持ってくださいね。そして、もう一つ。あなたが抱えているその傷は、ゆっくりゆっくり癒していきましょう。

 

まとめ

結婚の失敗を活かして幸福な家庭を築くには

・ あなた自身の感情を整理しましょう。
・ 結婚生活において譲れない点を明確にしましょう。
・ 個々を尊重し、きちんと互いの考えを共有しておきましょう。
・ 現実的なところにもしっかり目を向けましょう。
・ 結婚=幸せ、ではないというあなた自身の認識が大切です。



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c