人付き合いをめんどくさいと思わなくなる5つの意識改革術

人付き合いをめんどくさいと思わなくなる5つの意識改革術

人付き合いとはめんどくさいもの、しかしちょっと考え方や人付き合いの方法を変えることで、人付き合いがめんどくさいという気持ちを消すことができますよ。

学校や会社、地域社会で生きていくためには、人付き合いは避けては通れない道、人付き合い全てを捨てて一人で生きていくことはできません。

人付き合いを避けられないのであれば、「人付き合いはめんどくさい」というマイナスの感情をなくし、前向きな気持ちで人付き合いに臨む方がよいですよね。

ここでは、人付き合いをめんどくさいと思わなくなる5つの意識改革術をお伝えします。人付き合いに疲れ気味の方、人間不信に陥っている方、新しい世界でうまく人間関係を築けていない方、ぜひ参考にしてください。



 

人付き合いをめんどくさいと思わなくなる
5つの意識改革術

 

相手に嫌われたくない・良く見られたくない欲求を捨てましょう。


「人付き合いがめんどくさい」という人に共通してあるのが「相手に嫌われたくない・良く見られたい」という承認欲求です。

相手に嫌われたくないから、相手に過度に気を遣う、相手の反応にあれこれ気を回し「気に障ったかな、嫌われてしまったかな」と不安になる、その結果、気疲れを起こし「人付き合いはめんどくさい」という結論に達してしまうのです。

人付き合いがめんどくさい方、相手に「嫌われたくない・良く見られたい」気持ちを捨ててみましょう。すると、ほら、なんて楽な気持ちでしょう。

どう思われてもいいやと思えば、相手の反応にいちいち気を回す必要もなく、自分の意見やわがままを我慢せずに済み、相手を怒らせてしまっても追いかけて謝る必要もありません。「相手に良く見られたい」、人付き合いがめんどくさい元凶は全て、この承認欲求からきているのです。

 

相手の期待に応える必要なし!自慢話・不幸話はスルーしましょう。


人付き合い、特に会話においてはしばしば、相手に自分の言動をコントロールされていると感じます。自慢話をしてくる人、特にうらやましくないのに心とは裏腹に口では「すごーい」「うらやましい」を繰り返してしまいます。

また、不幸話をしてくる人、「自業自得じゃん」と肚では笑っていても、眉をへの字にしてせいいっぱい同情してみせたりします。

これら全て、人付き合いがめんどくさくなる理由!相手の期待に応えなきゃと思うあまり、自分の感情とは裏腹のことをしなければいけないのですから、人付き合いが嫌になるのは当然ですよね。

しかし、人付き合いにおいて何も相手の期待に応えなきゃいけない謂れはありません。人付き合いがめんどくさいと感じている方、相手の期待に合わせて自分の感情を押し殺すのをやめましょう。興味を持てない自慢話、同情できない不幸話、そんなものは皆、生返事でスルーしておけばよいのです。

 

選ばれるのではなく選ぶ!あなたの交友関係を決めるのはあなた自身です。


「人付き合いがめんどくさい」と感じるのは相手の都合に合わせた人付き合いをしているからです。気が進まないのに友達の呼び出しに応じたり、楽しくもない遊びに付き合ったり、そのような人付き合いはもうやめましょう。

あなたが友達に選ばれる、そのような人付き合いではなく、あなたが友達を選ぶ!どの友達と付き合うか、どの程度の付き合いをするか、友達の呼び出しを優先するか趣味を優先させるか、それを決めるのは全部あなた自身です。

「身や心を捧げてまでも関係を維持したい友達」であるのならそのように付き合っていけばよし、そうでないのなら趣味やバイトを優先してよいのです。

その結果、友達はあなたから離れていくかもしれません。しかし、惜しくはないですよね。あなたにはもっと大切にしたものがあるのですから。友達に嫌われても気に病むことはないのです。

 

相手に変な期待を持たせない!変わり者と見られましょう。


「人付き合いがめんどくさい」、それは言い換えれば、「人の期待に応えるのがめんどくさい」ということですよね。では、どうしたらこのめんどくささを回避できるか。簡単なことです。

最初から相手に期待を持たせなければよいのです。「いい格好しい」はやめましょう。最初から「不愛想キャラや冷血キャラなどの変わり者」を演じてください。そうすることで、相手はあなたに妙な期待を持たなくなります。人付き合いがずいぶん楽になるはずですよ。

 

面倒臭い・責任は相手の肩へ!相手を利用しましょう。


「人付き合いがめんどくさい」のは「自分が損をしている」と感じているからです。面倒事を押し付けられたり、責任をなすりつけられたり……うっかり口にしてしまった一言で「じゃあ、○○君がやってね」とお鉢が回ってきたり。「やってらんね」という気持ちになりますよね。

しかし、よく考えてください。あなたが損をしているということは、相手はあなたとの付き合いで「得」をしているということです。あなたも人付き合いで得できるように立ち回りましょう。

相手を言いくるめて、あなたの仕事や責任を相手に押し付けてしまえばよいのです。口先だけで仕事や責任から解放されるのですから、こんなに楽なことはありませんよね。

「人付き合いで得をする」このような明確な目的意識を持ちましょう。上手く実行できるようになったら、「人付き合いがめんどくさい」なんて思うことはなくなりますよ。

 

いかがでしたか。

以上が、人付き合いをめんどくさいと思わなくなる5つの意識改革術です。「人付き合いがめんどくさい」と思うのは、相手にいいように扱われているという証拠です。

まずは「いい人」をやめましょう。愚痴の聞き役、仕事のピンチヒッター役、宴会やコンパの数合わせ・盛り上げ役、このようなことはもうやめましょう。

あなたにとって得るものは何もありませんよ。人付き合いによる「負担・マイナス」を切り捨てたら、今度は、人付き合いで「得する」ことを考えてください。

得するために大切なことが「相手を利用する」ことです。頼み事や面倒事、責任は周囲に押しつけてしまいましょう。これでもう「人付き合いがめんどくさい」なんて思わなくなるはずです。

また、人付き合いの範囲を「付き合っていて得する人」に限定することも大切です。人付き合いには優先順位をつけて!あなたに利をもたらす人と積極的に付き合うようにしましょう。

 

まとめ

人付き合いをめんどくさいと思わなくなるには

・ 相手に嫌われたくない・良く見られたくない欲求を捨てましょう。
・ 相手の期待に応える必要なし!自慢話・不幸話はスルーしましょう。
・ 選ばれるのではなく選ぶ!あなたの交友関係を決めるのはあなた自身です。
・ 相手に変な期待を持たせない!変わり者と見られましょう。
・ 面倒臭い・責任は相手の肩へ!相手を利用しましょう。

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c