仕事で怒られる事が続くときに、注意したい5つのポイント

仕事で怒られる事が続くときに、注意したい5つのポイント
仕事で怒られるとモチベーションが急降下してしまいますよね。そんな心理状態になるとさらにミスが連続する悪循環にもなりかねません。

仕事で怒られる経験は皆さんあるかと思いますが、どんな対処をするかにより職場での評価に影響してきます。世の中完璧は人はいませんが、少しでも完璧に近づくように努力する姿勢が大切。

仕事で怒られる事が続くと最悪クビになってしまう可能性もあり、社会的にも大変なダメージを受けることになります。では仕事で怒られる時が続く場合はどんな点に注意をしたら良いのでしょうか。

職場では仕事だけでなく対人関係など色々な問題があり、ストレスの原因があちこちにあります。そこで早速ですが、本日は仕事で怒られる事が続いた時に注意したい5つのポイントをお伝えします。



 

仕事で怒られる事が続くときに、
注意したい5つのポイント

 

責任転嫁をせずに素直に謝りましょう 


仕事で怒られる時は不幸なことになぜか繰り返し続いてしまいます。一度のミスがまた次のうっかりミスにつながりさらにやる気もなくなってしまいますよね。

仕事で怒られる時は謝るタイミングが大切。ミスが判明した段階で自ら告白して謝りましょう。この時の注意ですがミスをしたのはあくまでも自分の責任である点をアピールしてください。

ほかの人に責任転嫁するのはチームワークを乱す原因になります。上司からミスを指摘され時、または自分で発見した時はとにかく早く謝ることが大切です。同じ過ちを繰り返さないようにミスした原因をしっかり分析しておきましょう。

 

過ちを訂正する努力は惜しまずにしましょう 


仕事で怒られる時が続くと、ミスを訂正するために余計な作業が増えてしまいます。上司とのミーティングの時間も長く伸びる可能性もありますよね。

しかしこの「余計」な時間こそ自分の過ちを訂正するために欠かせないのです。同じ失敗を繰り返さないように、仕事をスムーズにこなす為のさらなる情報収集が必要になるかもしれません。

また失敗防止のために新らたなツールを使う必要がある場合もあります。このような余計に見える時間こそが、反省の態度として必要なのです。過ちをした現実を受け止めるとともに、それをできるだけカバーする努力を惜しまずに続けましょう。

 

集中力を高くする工夫をしましょう 


仕事で怒られると気分的に落ち込み、作業に対する集中力も欠けてしまいます。するとさらにミスが続き上司から何度も呼び出されるなんて事態にもなりかねませんよね。

仕事で怒られることが続く時は、さらに集中力をつける点がポイント。またミスしたくないという不安な気持ちがあると、仕事に集中できなくなってしまいます。

そこで毎日の作業のリズムを見直してみましょう。集中力が欠けやすくなる時間帯や休憩をとるタイミングなどを再度チェック。

たったの5分間だけでもデスクから離れて気分転換すると集中力がアップする効果があります。肩の力を抜いて適度な休憩を入れるとよいでしょう。

 

慣れた作業ほど慎重にこなしましょう 


仕事で怒られるのは色々な要因がありますが、慣れた作業ほどミスをしやすいものです。「慣れ」とは恐ろしいもので、自分を信頼しきって油断する時がありますよね。

そこで仕事で怒られることが続く時は、慣れた作業を慎重に行いましょう。私達は自分の能力以上の仕事をするときは、とても慎重になり何度も見直しています。

しかし慣れた作業をする時は、習慣的にこなす特徴がありますので実はとてもミスをしやすい状況が整っているのです。

一度のミスが他にも広がり本来は全く問題ない作業まで影響がでてしまう場合も。こんな二次被害を防止するためにも確実にできる作業ほど慎重に行ってください。

 

学習の場だと理解して積極的に仕事をしましょう 


仕事で怒られる時が何度も続くと、自分の能力不足にとてもイライラしてしまいます。しかし仕事をする上で失敗はつきもの。結果をマイナスにとらえる人は、さらに悪い偶然が重なってしまいます。

ヤル気をなくす、投げやりになるなどの態度は失敗をすれば誰にも起こるものです。そこからどうやってプラスに転換にするかが、仕事ができる人のスキルとして大切なポイント。

失敗から学ぶことは様々ですが、そのプラス面を気が付かないと人間として成長することはできません。失敗を恐れてびくびくしながら仕事をするよりも、多くを学ぶチャンスがあると思い積極的に仕事をしましょう。

 

いかがでしたか。仕事で怒られる時が続くと、正直なところ気分的に大変落ち込んでしまいます。ミスをするのは確認不足や集中力不足、または知識不足など必ず原因があるものですよね。

ついつい「うっかり」して起こる仕事のミスは誰にでもあること。同じ失敗を繰り返さないように原因と改善策を見つけましょう。仕事を通して自分の苦手分野が徐々に見えてきますよね。

失敗しやすい場面や作業は慎重に行い、さらに効率的に仕事ができるような改善策を見つけるのも仕事をする上では大切な点です。

失敗を乗り越えてこそ、プロとしてそして1人の人間としても豊かに成長ができるのです。仕事で怒られる時が続いたら、注意したいポイントをしっかり理解して今後の作業の質の向上に役立ててください。

まとめ

仕事で怒られる事が続い時に注意する点は

・ 責任転嫁をせずに素直に謝りましょう
・ 過ちを訂正する努力は惜しまずにしましょう
・ 集中力を高くする工夫をしましょう
・ 慣れた作業ほど慎重にこなしましょう
・ 学習の場だと理解して積極的に仕事をしましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c