イライラする原因を取り除きリラックスするコツ

イライラする原因を取り除きリラックスするコツ
日常生活の中では些細なことで苛立ったり、イライラする原因がないのに短気を起こしてしまうことがありますよね。

また、「私がイライラするのはこいつのせいだ」とイライラの原因が明らかなときも、「普段ならこの程度のことで短気を起こしたりしないのに今日は我慢できない」「よくよく考えたらこんなに苛立つほどのことじゃなかった」ということもあります。

イライラすることはストレスになるだけでなく、仕事がうまく行かなかったり、周囲に八つ当たりして不快にさせてしまうなど、良いことは何もありません。

「いつもイライラしているけど、本当は些細なことで苛立ったりせずリラックスして日々過ごしたいんだ」という方は多いでしょう。ということで、今回はイライラする原因を取り除きリラックスするコツをお伝えします。

イライラの原因は糖質不足!きちんと食事をとること

イライラの原因の一つ目は糖質不足による脳のエネルギー切れです。ということで、些細なことで無性に苛立ったり腹が立つときにはきちんと食事をとりましょう。

食事ではダイエットや糖質制限はしちゃだめ!脳のエネルギーになるのは糖質だけですから、ご飯(米)やパン、麺類などの糖質(炭水化物)を食べてくださいね。また、仕事中や勉強に集中しているときは、脳が多くの糖質を消費しています。

おやつに飴やクッキーなどの糖質を摂り脳にエネルギーを補給することで、最後まで集中して仕事をしたり勉強をすることができますよ。

 

イライラの原因はカルシウム不足!牛乳を飲むこと

カルシウム不足もイライラする原因です。牛乳やチーズなどの乳製品を食べてカルシウムを補いましょう。特に成長期の方や妊娠・授乳中の方はカルシウム不足になりやすいので、意識して摂取してみてくださいね。

毎朝コップ一杯の牛乳を飲んだり朝食にヨーグルトを食べるなど乳製品を食べることを習慣づけるとカルシウム不足になりにくいです。牛乳などの乳製品が苦手な方は、いりこなどの小魚や小松菜を食べるのがおすすめです。

 

イライラの原因は睡眠不足!きちんと寝ること

イライラの原因の三つ目は睡眠不足です。脳は睡眠中に休みます。睡眠時間が短い状態が続くと脳はオーバーワークになります。オーバーワーク状態の脳は、普段は我慢できることが我慢できなかったり、かっとしたりかちんときたときに感情が爆発しやすくなります。

このようなときには睡眠をとって脳をしっかり休めることが大切です。普段は1日6時間以上、脳が特に疲れているときには8時間以上の睡眠をとってくださいね。

 

イライラの原因は神経が興奮すること!副交感神経を優位にすること

イライラする原因の四つ目は交感神経が優位になりやすくなっていること!交感神経が優位になると、副交感神経の働きが弱くなるため、脳や体が興奮しやすくなってしまうのです。些細なことで苛立つのをやめたいときには副交感神経を優位にする必要があります。

副交感神経が優位になるのは寝ているときやリラックスしているとき!なので、意識的に脳や体をリラックスさせるようにしてみてくださいね。

好きな音楽やヒーリング音楽を聞いたり、甘いホットドリンクを飲む、アロマをたいたりマッサージチェアに座るなど、自分向きのリラックス方法を見つけましょう。神経が高ぶってなかなかリラックスできないときには、目を閉じてみてください。

目を閉じることは脳をリラックスさせたり休める一番の近道!楽な姿勢で目を閉じ体から力を抜くだけで、自然と副交感神経が優位になりますよ。そのまま寝てしまってもかまいません。

 

イライラの原因は忙しいこと!スケジュールに余裕をもたせること

家事や仕事で忙しいときは些細なことで苛立ったり短気を起こしてしまいますよね。毎日のイライラの原因はタイトなスケジュールかもしれません。自分のスケジュールを見直し、余裕のあるスケジュールを立ててみましょう。

たとえば、一日の予定を3つから2つに減らしてみることで、気持ちに余裕をもって一つ一つの予定をこなすことができますし、予定と予定の間に休憩時間があれば食事やおやつをゆっくり食べることもできますよね。前の予定が遅れても、次の予定が詰まっていなければイライラしません。

些細なことですぐイラッとしてしまう、毎日何かに急かされている気分で過ごしているときにはあなたの体力やキャパとスケジュールが合っていません。一日にこなすべき予定を減らし、スケジュールに余裕をもたせましょう。仕事が忙しいなら家事を手抜きにすることで、やるべき予定の数を減らすこともできます。

 

以上がイライラする原因を取り除きリラックスするコツでした。イライラするのは私たちの脳!脳がエネルギー不足やカルシウム不足になったり、睡眠不足でオーバーワーク状態になると脳から「忍耐」や「理性」といった言葉はなくなり、些細なことで苛立ったり短気を起こしてしまいます。

無性に苛立つときには、脳に必要な栄養を届けたり睡眠をとって脳を休めることを意識してみましょう。エネルギー不足や睡眠不足が解消されると、脳はリラックスすることができ、自然と苛立ちも解消されます。

また、脳がイライラするとき交感神経の優位状態が続いていることもあります。目をつぶったりヒーリング音楽を聞いて副交感神経を優位にするとよいです。忙しすぎることもイライラの原因です。スケジュールを見直し、自分の体力やキャパに合ったスケジュールを立てましょう。

まとめ

イライラする原因を取り除きリラックスするためには

・ イライラの原因は糖質不足!きちんと食事をとること
・ イライラの原因はカルシウム不足!牛乳を飲むこと
・ イライラの原因は睡眠不足!きちんと寝ること
・ イライラの原因は神経が興奮すること!副交感神経を優位にすること
・ イライラの原因は忙しいこと!スケジュールに余裕をもたせること


連記事