その場で周囲に気付かれずできる、イライラを抑える方法

その場で周囲に気付かれずできる、イライラを抑える方法
イライラしていることを相手や周囲に気付かれたくないとき、周囲に気付かれずにイライラを抑える方法があると助かりますよね。

苛立ちをぶつけたりイライラしていることを相手や周囲に見せつけることもときには必要ですが、多くの場面ではイライラしていることは周囲に悟られない方がよいです。

後になってイライラをぶつけたり、苛立っていることを相手に気付かれたことを後悔したという経験をお持ちの方は多いのでは?

とはいえ、イライラを抑えるのはイライラしないことと同じくらい難しいもの、一度苛立つとなかなか気持ちの切り替えができないという方も多いでしょう。

イライラしたとき、周囲に気付かれずイライラを抑えるにはどうすればよいのか。ということで、今回はその場で周囲に気付かれずできるイライラを抑える方法をお伝えします。

深く息を吸うこと

イライラを抑える方法の一つ目は深呼吸です。苛立ったときには、次の一言を発する前にすっと深く息を吸い、今度はお腹からゆっくり息を吐いてみましょう。その後で次の一言を発します。

深呼吸する前のした後では苛立ちや相手への怒りの度合いが変わっているはず!深呼吸する前に言おうと思っていた言葉も深呼吸をした後では、腹の中におさめることができるはずですよ。次に発する言葉は、深呼吸をした後で考えるのがおすすめです。

 

リラックスすること

イライラを抑える方法の二つ目はリラックス!顔や肩から力を抜いてみましょう。感情を押し殺して無理に笑顔を作っているときには、いったん笑顔の仮面を脱いで、顔から力を抜いてみてください。

肩や背中に力が入っているときも同様、一度脱力してみます。ぴんと姿勢を伸ばしていた方も、力を抜いて背中を丸めてみてくださいね。体がリラックスしたり脱力すると、気持ちもだらっとしますよね。

それまではりつめていた緊張や高ぶっていた神経が弛緩するため、苛立ちもおさまります。また、リラックスはイライラの対極です。苛立ちを抑えるためのリラックスですが、傍目にはあなたがリラックスしているように見えますよ。

 

飲み物を飲むこと

苛立ったりかちんときたとき、飲み物を飲むことでイライラも一緒に腹に飲み込むことができますよ。ということで、イライラを抑える方法の三つ目は飲み物を飲むこと!苛立つときには、コーヒーやお茶、ジュースなどを飲んでみましょう。できれば、ハーブティーなどリラックス効果のある飲み物がよいです。また、ジュースやミルクや砂糖入りのコーヒーなど甘い飲み物を飲み糖分を補給することで、脳がリラックスするので苛立ちがおさまります。チョコレートやキャンディなどの甘いお菓子を一緒に食べるのもおすすめです。

 

マスクなどで顔を隠すこと

イライラを抑える方法の四つ目は顔を隠すこと!マスクなどで顔を隠すことで周囲に気付かれずにイライラを抑えることができます。かちんときたりかっとしたとき、感情を表に出しちゃいけないという理性と感情を発散したいという本能が頭の中でぶつかり合いますよね。

このとき、本能を理性で無理やり抑えつけようとするとますます苛立ちが募りますし、気持ちの切り替えが難しくなります。気持ちは顔に出ます。顔を隠すことで、「頭にきた」という気持ちを隠さなきゃいけないという我慢から解放されるため、苛立ちを鎮めやすくなりますよ。

また、怒ったり苛立った顔を周囲に見られないために苛立っていることに気付かれにくくなります。かちんときたときには、さりげなくマスクをするのがおすすめ!

他には、資料を読んだり時計を確認ふりをしながら相手から顔を反らす、デスクワークをしているふりをして顔を下に向けるなど、周囲に顔を見られないようにするとよいです。

 

一度、席を外すこと

イライラを抑える方法の五つ目は一度席を外すこと!「トイレに行く」や「忘れ物を取りに行く」などと言って、一度席を外しましょう。1分や2分の短時間でも席を外す間に気持ちを切り替えることができますよ。

トイレに行くときには、鏡で自分の顔を見たり鏡に向かって笑顔を作るのがおすすめ、自分を客観的に見ることで、イライラしていることは相手や周囲に気付かれない方がよいという理性的な判断や我慢をしやすくなります。

また、口紅を塗り直してみるのもよいですね。口紅を塗り直すことで、気持ちを切り替えたり気合を入れ直すことができます。

 

以上がその場で周囲に気付かれずできるイライラを抑える方法でした。かっとしたときには、まず深く息を吸いましょう。深呼吸をすることで周囲に気付かれず気持ちを切り替えやすくなります。

また、無理に笑顔を作っているときには一度笑顔の仮面を脱いでみて!リラックスしたり脱力することもおすすめのイライラを抑える方法です。イライラを抑える方法では飲み物を飲んでリラックスするのも効果的ですよ。

また、顔を隠すことでイライラしていることを周囲に気付かれにくくなりますし、自分自身もイライラを隠さなきゃいけないという我慢から解放され、気持ちを切り替えやすくなります。

会議や会話の途中で苛立ったときには、いったん席を外しましょう。トイレに行く間に気持ちを切り替えることができます。

まとめ

その場で周囲に気付かれずにイライラを抑えるためには

・ 深く息を吸うこと
・ リラックスすること
・ 飲み物を飲むこと
・ マスクなどで顔を隠すこと
・ 一度、席を外すこと


連記事