集中力を高めるのに即効く、目立たずにできる5つの体操

集中力を高める
集中力を高める時、どんな方法に一番効果があるかわからずに困っている人は意外に多いですよね。試験勉強、仕事などあらゆるシーンで集中力が欲しいと感じる瞬間があります。

しかし難しいのは集中力を高める場面で、逆に焦り気が散ってうまくゴールにたどり着けないことです。今日はここまで仕事を片付けようと気持ちを引き締めたとしましょう。

デスクに向かい山積みになった書類を見た瞬間に気持ちが萎えて、集中力が続くのは最初の数分間だけ。こんなことの繰り返しでは人生のあらゆる場面で自分の実力が発揮できないこともあります。

そこで本日は、メンタル面でなく体からアプローチする、集中力を高める体操についてお伝えします。

首のストレッチで脳の血行を改善しよう

集中力を高めるためには、自分の精神力を鍛えコントロールしないといけません。しかし簡単に集中力が手に入るようになるまでは、訓練に時間がかかり急な場面で失敗することもあるでしょう。

そこでオススメなのが体を動かして身体的に集中力を鍛える方法です。まずは首のストレッチ、前後、左右へゆっくり首を曲げてください。頸椎には太い血管が走っているので刺激を加えると頭部への血行促進効果があります。

血液が十分に脳へ運ばれると集中力が高まり、さらに自律神経も整うので余計なストレスや緊張感を取り除けます。試験の本番前、机に座ったままぜひトライしてください。

 

簡単な脳トレ問題を解きましょう

集中力を高める時に、無理やり自分に言い聞かせてもうまくいかないことが多いですよね。そんなときにオススメなのが簡単な脳の体操です。

脳トレ問題などネットで紹介されているものが多くありますが、新聞に載っているパズルなど簡単な問題でもいいのです。集中力を高める時には脳の準備運動を行い肝心な時に力を発揮できるようにしてください。

たとえば掛け算の九九を頭のなかで考える、なぞなぞを解くなど、わずかな時間でできる脳のトレーニングがとても効果的です。仕事前やテスト勉強用に、いつも脳トレ冊子を携帯しておくのもオススメです。

 

ペンを投げる運動で脳を活性化しよう

集中力を高める場面、シーンと静まり返ったテスト会場や忙しく周囲が仕事をしている職場などがあります。こんなところで一人でいきなりラジオ体操をするわけにいはいかないですよね。

そんな時にこっそりできるのがペンを投げる運動です。左右それぞれの手でペンを5回投げてキャッチ、次は10回、さらに左右の手で投げっこするなど。

机の下でもできるちょっとした手と脳の運動は、脳の前頭葉と海馬を活性化する働きがありますので、記憶力や集中力に結びつきます。もし動ける環境があれば、階段で踏み台昇降のように数分間足踏みするのもオススメです。

 

頭蓋骨を刺激してリラックスしよう

集中力を高めるべき瞬間は、同時に緊張や不安などのネガティブな感情が起こっています。これらがストレスになり集中力が不足する原因で、リラックスするほど脳の働きもコントロールしやすくなるのです。

オススメは頭蓋骨マッサージ、頭皮を両手の指を使い全体に刺激を加えましょう。頭皮は体のなかでも血液が届くのが一番最後になる部分、そのため血行不良を起こしやすく自律神経の乱れを招く場合があります。

また疲労により集中力がでない時にも、頭蓋骨マッサージはとても気持ちよく癒し効果も期待できまます。ストレスから緊張が高まり集中力不足へ。この悪いサイクルを避けるためにも肝心な時は頭蓋骨マッサージで気分をリフレッシュしてください。

 

目を閉じて頭のなかを空白にしましょう

集中力を高めるには運動がとてもメリットになりますが、今ここで集中力が欲しい時、そこは運動できない環境かもしれません。そんなときに周囲に目立たずにできる方法が瞑想です。その場で目を閉じて呼吸パターンだけを意識してください。

ゆっくり息を吐きゆっくり吸う、この動きを繰り返すと副交感神経が優位になり緊張感や不安などストレス原因を取り除いてくれます。

集中力を高めるにはどうしたらいい?と自分にプレッシャーをかけることは一番気が散る原因。そんな場面を回避するためには意識を統一して頭のなかをすっきりする運動も欠かせません。

 

さて私たちの人生において、幾度となく集中力が必要になる場面が訪れますが、「もっとあの時に集中していれば」なんて失敗経験がありませんか。体を動かすことは脳を活性化する働きがあり、集中力を高めさらに記憶力を鍛えるメリットもあります。

短時間のストレッチだけでも脳を刺激し、将来的には認知症予防にもつながるともいわれています。忙しい生活が続くと運動する時間を確保するのは難しいですが、集中力を高める前はすぐにできる体や脳の運動で準備しましょう。

また普段から定期的に運動習慣を作ることで、集中力がさらに鍛えられ心身共に健康促進に効果をもたらしてくれます。今度集中力が必要な場面を迎えたらお好きな方法からまずはトライしてください。


連記事