集中力がないと悩む人におススメ♪簡単メンタルケアのコツ

集中力がないと悩む人におススメ♪簡単メンタルケアのコツ
集中力はスポーツ、勉強、仕事などあらゆる場面で求められる個人のスキルですよね。パフォーマンス力を高めるには集中して、余計なことを無視する精神の強さが求められています。

仕事がなかなかはかどらなくて困った経験は皆さんあると思いますが、そんな時は無理してプレッシャーをかけるよりもメンタル面で集中力を高めるコツが必要になります。集中して物事を進めるのは、どんな場合でも必要であることはきっとほとんどの人がわかっているポイントだと思います。

でも実際に集中力を持続させるのは困難で、いろいろな葛藤が生まれてくるのです。そこで早速ですが、集中力がない時にどうすればよいのか、簡単にできるメンタルケアのコツについてお伝えします。

 

集中力がないと悩む人におススメ♪
簡単メンタルケアのコツ

 

作業を楽しむ気持ちを意識しましょう

どんなことも、好きなものだと自然と意識が高まり余計な雑念がなく集中できますよね。無理して自分自身をなにかにフォーカスさせるのはとても大変なので、やるべき作業を楽しむ気持ちが大切なのです。

仕事や勉強など時には嫌々やらないといけないタスクがありますが、プラス思考で客観的に判断してみましょう。このプロジェクトが終われば休憩できる、勉強して自分の知識が増えるといったメリットをもっと見つけるのも方法のひとつです。

今目の前にあるやるべきことを自発的に楽しめるようにチャレンジしてください。美味しいものを食べる時、ゲームをしている時のような楽しい時間のようにワクワクするとよいでしょう。

 

ゴールを設定して効率をアップしましょう

集中力がないのはだらだらといつまでも作業を続けてしまうことも原因ですよね。終わりが見えないものってやる気がなくなり、徐々に飽きてしまいます。そんな時は集中力ももちろんありませんから、ミスをしやすく自分が最終的に損をする結果になります。

このような場合は小さなゴール設定を作り、達成感を味わいながら作業を続けていきましょう。テスト勉強をする時も、今日は何ページまでやる、休憩は何時にとる、など達成しやすいゴール目標を設定するとモチベーションもアップしていきます。

最終的なゴールだけを目指すのは難しいので、必ず途中で手ごたえを感じるようなゴールポイントを作ってください。

 

集中できない原因を見つけましょう

集中できないのは自分のスキルが少ないためではなく、周囲に「邪魔」になる環境がある可能性もありますよね。

例えば数を記憶しないといけない時、周りで雑音や人の話し声がしていると、いくら集中力があっても邪魔されてしまいます。もっとパフォーマンス力を高める為には、集中しやすい環境を整える点も忘れてはいけません。

深夜まで続く仕事や勉強など、脳が疲労している時では効率が上がりませんし、うるさい場所では何をやっても進展がありません。集中してやるべきことがある場合は、まず精神を乱す要因を排除して意識を高めましょう。

 

短時間の気分のリフレッシュをプラスしましょう

集中力は長時間キープさせるのは不可能ですよね。短時間に一気に作業を進めれば効率も良く精神的な負担も少なくなります。

集中力を維持するには、短時間でできる気分のリフレッシュがとても効果的で気持ちを入れ替えて、さらに集中できるようになるのです。仕事や勉強をしているときは1時間に最低でも5分間ぐらいの休憩をプラスしましょう。

歩いたりコーヒーやガムを噛むなど、また軽めのストレッチを行うのも方法のひとつです。この5分間のリフレッシュ時間が結果的に作業を劇的に早く終わらせるコツなります。

 

成功した様子をイメージトレーニングしてみましょう

なぜ今この仕事をしないといけないのか、なぜ勉強をしないといけないのか、そんな疑問を抱えながらやっているとつい集中力を持つべき意図が分からなくなってしまいますよね。そんな時はやるべきことが終わった時を想像してみましょう。

自分にとって利益となることが色々あり、成功した様子をイメージトレーニングするとさらに今頑張る意味がわかってくるのです。

瞬間だけをフォーカスするのは難しい時もありますので、長い目で最終地点を見た時にどんな喜びが待っているか、プラス視点てみることも大切なのです。成功した時のイメージトレーニングでもっとモチベーションをアップしてください。

 

いかがでしたか。集中力がない時は何をしてもはかどらず、時間だけが無駄に過ぎていきますよね。もっと集中しないといけないとプレシャーをかけるほど、効率が悪くなっていく一方なのです。

そんな時はメンタルケアで意識を高めどんな場面でもすぐに集中できるような準備が大切。頭が疲れたら休憩を入れながら作業効率を常に安定させてください。

もちろん体が疲れていたり体調が悪い時は脳の働きも低下していますので、最高のパフォーマンスをするためには健康状態が良いことも条件のひとつになります。

やらないといけないことが山積みになっているときは、集中しやすい環境作りスタートしてください。これから大好きなことを始める気持ちで取り組むと自然と意識が高まり効率がアップするでしょう。

まとめ

集中力がないと悩む人のメンタルケアとは

・ 作業を楽しむ気持ちを意識しましょう
・ ゴールを設定して効率をアップしましょう
・ 集中できない原因を見つけましょう
・ 短時間の気分のリフレッシュをプラスしましょう
・ 成功した様子をイメージトレーニングしてみましょう


連記事