女の心理を読みといて、職場のトラブルを未然に防ぐ方法

女の心理を読みといて、職場のトラブルを未然に防ぐ方法
女の心理とは複雑なもの、「この世は女性がまわしている」というのは大げさだとしても、現実問題、職場で女性の集まりを敵に回すと、業務にまで支障が生じてくることがあるのは、否めないところですよね。女の心理として怖いのは「感情で大きく左右されるところ」です。

もちろん個人差がありますから一概には言えませんし、腹のうちはともかく、きちんとTPOに合わせた対応を行うことができる女性も圧倒的に多いのですが、中には公私の区別をつけられず(そしてそんな自覚もない)女性が職場をひっかきまわしているケースもあります。

そこで今回は、女の心理を理解して、職場で起こりうるトラブルを未然に防ぐための方法についてお伝えします。



 

女の心理を読みといて、
職場のトラブルを未然に防ぐ方法

 

言っていることは立派なのに、行動が伴わない女性の場合


「口を開けば自慢話」「言っていることはとってもご立派なのに、実際にその言葉にのっとった行動をとっているのを見たことがない」「そのくせ他人の功績はさも自分の尽力のおかげと言わんばかり」……いますよね、こんな女性。こういうタイプの女の心理の特徴として、総じて「自己愛性が高い」ことがあげられます。

自己評価が高いので、雑用を嫌い自分が特別扱いされることを当然としてとらえるのです。こういった女の心理が根底にあるゆえに、このタイプは自分の言動が原因で発生した問題についても、自分が悪いという意識が全くありません……そのわりに、他人のミスについては目ざとく見つけ、責め立てることが多々あるので、他人のモチベーションを著しく下げる傾向があります。

【対処法】

このタイプは、とにかく「おだてて、あげて、のせる」のがキモ。持ち上げられると上機嫌で動いてくれます。もっとも、調子づかないように適度に釘を刺す必要はありますが……その釘、効き目がないことの方が多いかもしれないというのは一応覚えておいて損はないでしょう。

 

とにかく詰めが甘い上に、自己判断で物事を進める女性の場合


「人当たりは良いのに、なにかと仕事に穴やアラが目立つ」「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)がない上に詰めが甘い」「指示に従わず、自分の解釈で勝手に物事を進めてしまう」……いますよね、こんな女性。

こういったタイプの女の心理の特徴としては、「循環気質」ということが言えるでしょう。計画組織力と管理統制力、場合によっては問題解決力も欠けているため「他者との情報の共有」ができないのです。

こういった女の心理が影響していますが、本人に悪気があるわけではないので、叱られて表面的には謝ったとしても、実際はなにが悪かったのかがピンとこず、同じ過ちを繰り返す羽目になります。

【対処法】

このタイプは、とにかく日程表やメモなどに、片づけるべき事項や処理すべき案件を明記して確認し、そのために必要となる工程を、事前に本人に考えさせ、報告させるようにもっていきましょう。素直な一面もあるので、問題解決の方法を一緒に考えてあげることで状況が改善することがあります。

 

計画は魅力的なのに、具体性がない女性の場合


「プレゼンはうまいのに、企画倒れで終わることが多い」「人目を引くような意見や計画を立てるのに、具体性に乏しいため尻つぼみで終わる」「言っていることが毎回変わる」……いますよね、こんな女性。この手のタイプの女の心理を表すキーワードが「演技性」です。

自己表現がうまく、明朗快活で社交的、と聞くと、人当たりが良くて問題がなさそうですが……こういった女の心理を奥深くのぞき込んでみると、実は移り気で気分によって言動がころころ変わるため、周りを振り回しがちである、という大きな問題が浮かび上がってきます。インパクトや対人感受性はあっても計画組織力や管理統制力には欠けているが故の問題です。

【対処法】

こういったタイプには、大きなことを言うわりに中身(実現性)が乏しいという問題が潜んでいます。スケジューリングや役割分担、進捗状況のチェックといった部分をフォローするか、状況によっては適度に受け流すことも必要になってくるといえるでしょう。

 

何気ない一言や悪口・陰口で、他人を追い詰める女性の場合


「失敗に対して過剰なまでに責め立てる」「四六時中、陰口・悪口を言っている」「噂話や他人を貶めるのが大好き」……いますよね、こういう女性!まさによくある「お局様」、こういうタイプの女の心理に巣くっているのはズバリ「サディスト」。

対人感受性に欠けているので、その言動で他人がどんな風に感じるのかということに全く意識が向かなかったり、他人が傷つくとわかっていてわざと辛らつな言葉を投げつけたりするケースが多々あります。

こういった女の心理が染みついているゆえに、威圧的な態度に泣かされる人は多数。気に入らない人間を追い詰め、退職にまで追い込むことも決して少ない話ではありません。

【対処法】

このタイプの対処法は「無反応を貫くか」「強い拒絶反応を見せつけるか」「表面的には素直に従っておくか」の3択といえるでしょう。あるいは「第3者を共通の敵として連携するか」……倫理観を問われそうですが、確かにコレが、実は最も有効な手段ではあります。

 

規則や規定に忠実すぎて、物事が進まない女性の場合


「生真面目で、喜怒哀楽が今一つはっきりしない」「上下関係に忠実で、規則にとらわれるあまり融通が利かない」「型にはまった言動が過ぎるため、物事が進まない」……いますよね、こんな女性。

こういったタイプの女の心理に働いているのが「強迫性」です。規則やルールにとことん正確に合わせないと気が済まないうえ、完璧を求めるあまり自分自身にも周囲にも型にはまったやり方を求めます。

こういった女の心理が、彼女をとにかく「細かい人」に育て上げてしまいます。管理統制力・問題解決力には優れていても、決断力や柔軟性には欠けていますし、物事の本質に関係しないところにまで無駄に神経を払うので、肝心の案件が滞ってしまうこともしばしばです。

【対処法】

こういったタイプの対処法としては、根は真面目で慎重なので、とにかく彼女のこだわりのポイントを見極めて合わせていくのが一番無難です。また、上には弱いという面があるため、上司や上位者(彼女が信頼している先輩など)を動かして物事を進めていくという手もあります。

 

いかがでしたでしょうか。もちろん女特有の心理が仕事や人間関係に影響する場合も多々ありますが、人間根幹には男女に大差はありません。となると、もしかしたら今回紹介した特徴には、男性にも当てはまる部分があったかもしれませんね。

とはいえ女の心理は、ホルモンバランスや体調そのもの、感情に左右される部分が男性よりも大きいといえます。特にホルモンバランスは影響が大きく、自分自身でもコントロールがきかなくて苦しんでいるというケースも無きにしも非ずです。

「体調管理も仕事のうち」「プライベートを持ち込むべきではない」、これは仕事をするうえで基本中の基本ですが、その基本が抜け落ちてしまう人というのも存在します。

困ったと思ったら、問題解決に向けて単独で当たるのではなく、できるだけ複数人で協力して状況の改善に努める方が、あなた自身の負担も少なくなるはずです。

まとめ

女の心理を理解して、職場トラブルの回避法

・ 言っていることは立派なのに、行動が伴わない女性の場合
・ とにかく詰めが甘い上に、自己判断で物事を進める女性の場合
・ 計画は魅力的なのに、具体性がない女性の場合
・ 何気ない一言や悪口・陰口で、他人を追い詰める女性の場合
・ 規則や規定に忠実すぎて、物事が進まない女性の場合

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c