ストレスチェック制度を活用して健康に働き続けるコツ

ストレスチェック制度を活用して健康に働き続けるコツ
労働安全衛生法の改正に伴い、平成27年12月1日からストレスチェック制度が始まりましたよね。労働安全衛生法では50人以上の労働者がいる事業場で毎年1回ストレスチェック制度を実施することが、事業者に義務づけられています。

職場でのストレスチェック制度で自分のストレスや心身の不調に気付いたという方も多いのでは?なかには医師やカウンセラーからストレスやうつ病を指摘されたという方もいるかもしれません。

ストレスチェック制度は事業者に義務づけられた制度ですが、労働者もストレスチェック制度をただ受けるだけでなく、上手に活用することで健康に働き続けることができますよ。ということで今回はストレスチェック制度を活用して健康に働き続けるコツをお伝えします。

自分のストレスに気付くこと

ストレスは知らず知らずのうちにたまっているもの、「まだ大丈夫」と思っているうちにストレスをためこんでいることもありますよね。「まだ大丈夫」「自分は強いし健康だ」と思っている人ほど、自分のストレスに気付かないものなのです。

ストレスチェック制度では1年に1回労働者のストレスをチェックします。このとき、自分が自覚している以上にストレスをためこんでいたということに気付くこともあるでしょう。医師からストレスを指摘されることもあるはずです。

自分で自分のストレスに気付いていないうちは、ストレスに対処することはできません。自分のストレスに気付くことでストレスに対処したり、上手にストレスを解消することができ、健康に働き続けることができるのです。

 

限界に達しないうちに、ストレスに対処すること

ストレスを限界までためこむと、うつ病などの心身の病気になります。ストレスチェック制度により自分のストレスに気付くこと、あるいは医師に「ストレスがたまっている」というお墨付きをもらうことで、ストレスに対処することができ、限界までストレスをためこむことを予防することができます。

自分で「最近、疲れているなあ」と自覚していても、「このくらいの疲労で休めない」「同僚もこのくらいのストレスはためているのだから自分だけ休めない」と考えているうちは休みをとりにくいですよね。

医師などの専門家から「ストレスがたまっていますよ。休んでください」というお墨付きをもらえば、休みをとりやすいですし、ストレスをためこまない仕事のやり方を見つけやすくなります。

ストレスチェック制度で自分のストレスに気付いたら、ストレスにきちんと対処すること、休みをとりにくくても医師のお墨付きを盾に休みをとることが健康に働き続けるコツですよ。

 

自分の仕事のやり方を見直すこと

ストレスチェック制度でストレスを指摘されたときには、自分の仕事のやり方を見直しましょう。残業が多い方は残業をできるだけ減らすよう、仕事の量やペースを調整してください。

また、ストレスチェック制度の結果を上司に見せて仕事の量を減らしてもらうのもよいですね。ストレスチェック制度をきっかけに、ストレスをためこまないよう自分の仕事のやり方を見直すこと、そうすることで健康に働き続けることができます。

 

同僚や上司部下との付き合い方を見直すこと

人間関係も職場のストレスの一つ、ストレスチェック制度をきっかけに職場での人間関係や付き合い方も見直すのがおすすめです。たとえば、付き合いの飲みがストレスならば、飲みを断る方法を見つけましょう。

部下や上司との相性が悪い場合は、配置転換や転勤を願い出るのもおすすめです。職場での人間関係や付き合い方を見直すことで、ストレスをためずに働くことができますよ。

 

早期に適切な治療を受けること

ストレスチェック制度のメリットは、うつ病などの心身の病気・不調を早期に発見できること、そして迅速に適切な治療を開始できることです。ストレスチェック制度でうつ病などの心身の不調が分かったときには、軽度であっても早めに適切な治療を開始しましょう。

「軽度だから」「自覚症状がないから」「仕事に支障がないから」といって病気を軽く見たり、治療を遅らせるとうつ病が悪化!休職や退職の可能性が高くなります。

せっかくストレスチェック制度でうつ病がわかり治療のチャンスがきたのだから、このチャンスをみすみす逃してはだめ!早期のうちにきちんと治療を受けることが、健康に働き続けるコツですよ。

 

以上がストレスチェック制度を活用して健康に働き続けるコツでした。ストレスチェック制度は自分のストレスに気付くきっかけになります。ストレスチェックの結果や医師のアドバイスを自分のストレスに気付いたり、ストレスに対処するチャンスにすることが健康に働き続けるコツです。

ストレスの対処法については、医師や専門家のアドバイスを参考にするとよいですよ。休みをとりにくいときはストレスチェック制度の結果を盾にして休みをとるのがストレスに対処するコツです。

ストレスチェック制度を仕事のやり方や人間関係を見直すきっかけにすることも健康に働き続けるコツです。また、ストレスチェック制度でうつ病がわかったときにはすぐに適切な治療を開始しましょう。うつ病は軽いうちに治療する、これが健康に働き続ける一番のコツです。

まとめ

ストレスチェック制度を活用して健康に働き続けるためには

・ 自分のストレスに気付くこと
・ 限界に達しないうちに、ストレスに対処すること
・ 自分の仕事のやり方を見直すこと
・ 同僚や上司部下との付き合い方を見直すこと
・ 早期に適切な治療を受けること


連記事