肌の再生リズムを正しく学んで、日焼けした肌を白くする方法

肌の再生リズムを正しく学んで、日焼けした肌を白くする方法
油断して紫外線を浴びてしまうと、そのあとに待っているのが醜い日焼けですよね。日焼けした肌を白くする方法は、肌の再生リズムをまずは理解する点が重要なポイントです。

どんなスキンケア商品を使っても、翌日に日焼けした肌を白くする方法は残念ながらありません。時間がかかるケアで、しかも諦めずに続けないと日焼けの肌は綺麗に戻らないのです。紫外線のダメージはその場だけでなく、数年後のシミやそばかすの原因にもなります。

日差しの強い時は紫外線対策をするのが一番ベストな方法ですが、日焼けをやり過ぎてしまった場合にはどうやって肌を白く戻せるのでしょうか。そこで早速ですが、本日は肌の再生リズムを理解して日焼けした肌を白くする方法をお伝えします。



 

肌の再生リズムを正しく学んで、
日焼けした肌を白くする方法

 

時間がかかる肌の再生の仕組みを理解しましょう 


日焼けした肌を白くする方法は時間がかかることをまずは覚えておきましょう。すぐに白くならないのは肌の再生リズムがあるため。

日焼けした肌の古い角質層がはがれて白い肌に生まれ変わるには、28日周期のターンオーバーと呼ばれるサイクルがあります。

しかしこのサイクルは健康な肌環境の人の場合、乾燥肌や年齢肌ではターンオーバーの周期が長くなり、40日以上もかかって肌の細胞が再生される場合もあります。

このため、どんな日焼け肌用のスキンケアや薬を使ってもすぐに効果が無いことを理解しておきましょう。時間をかけたお肌のお手入れが一番効果的ですよ。

 

日焼け直後は肌の炎症を抑えるため冷やしましょう


日焼けした肌を白くするには、紫外線を大量に浴びた直後のスキンケアが重要なポイント。皮膚の下では火傷をした炎症が起こっている状態です。そこで炎症を早く抑えるために肌をまずは冷やしましょう。

冷たいタオルや日焼け後のローションを使うと効果があります。また日焼け後の肌は水分が蒸発して乾燥した状態。十分な保湿が肌の再生リズムを活性化するためにも欠かせません。

顔はもちろんですが、ボディクリームを使うなど全身のケアを忘れずに行いましょう。肌が乾燥したままではメラニン色素も活発になりシミが残りやすくなってしまいます。紫外線のダメージから回復するには肌に充分な潤いが必要ですよ。

 

美白化粧品を使ってメラニンの働きを抑えましょう 


日焼けした肌を白くする方法として一般的なのが美白化粧品。美白有効成分のハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体はシミの原因になるメラニンの働きを抑制します。

肌が黒くなるのを防ぐ効果もあるため、日焼け後は美白成分が配合されたローションを使いましょう。ここでの注意ですが、美白有効成分には肌を乾燥させる働きがあるタイプもあり、刺激が強い場合もあります。

美白化粧品を使う時は日焼けの炎症が落ち着いた時がオススメです。日焼けした肌を白くするには肌の再生リズムに合わせることがポイントのため、美白化粧品も最低でも1か月は継続しましょう。

 

美白効果の高い食べ物を積極的に取り入れましょう 


日焼けした肌を白くする方法は肌に直接的にケアをする以外にも、食べ物で体の中からも改善しましょう。肌の再生リズムを活性化する効果がある栄養素はビタミン類。

お肌に良いビタミンCをはじめ、紫外線によるダメージや火傷の症状を改善するためには、ビタミンB群も必要です。肌の細胞を回復する働きがあるため、日焼けした後には積極的に摂取したい栄養素です。

緑黄色野菜や果物、そして豚肉類にもビタミンB群が多いですよ。また肌の再生を促すには質のよいたんぱく質も欠かせません。大豆はイソフラボンの働きによりホルモンが活性化されるため美肌にメリットがありますよ。

 

充分な睡眠時間をとりターンオーバーを活性化しましょう 


日焼けした肌を白くする方法は、肌の再生リズムを活発にするのが一番大切な点。ターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝は毎日寝ている深夜の時間が最も活発になっています。

成長ホルモンの分泌が多い深夜の時間帯は、肌の古い角質から新しい角質へと生まれ変わる大切な時。そのため早く日焼けした肌を白くする方法は、しっかり睡眠をとる点がポイントなのです。

せっかく使っている美白化粧品も、肌の細胞が活発でないと効き目はありません。あらゆるケアの効果を引き出すためにも睡眠時間がとても大切なカギを握っているのです。

 

いかがでしたか。

日焼けした肌を白くする方法はスキンケアと体の中から同時にアプローチするのが効果的。また日頃から紫外線対策をしっかり行い油断しないで外出しましょう。

紫外線はメラニン色素を活発にして日焼けする原因ですが、それだけでなく体の細胞を老化させる働きもあります。日焼けした小麦色の肌は憧れますが、将来的には肌トラブルの原因です。

シミやシワが増えるなど、アンチエイジングでもまずは紫外線対策が重要になっています。いつまでも白くて透明感のある肌を維持したいのであれば、日焼けをしないように対策をとる点が重要ですね。

日焼けした肌を白くする方法は、肌の再生リズムの働きのスピード感が一番大切です。そのためには日頃から肌環境を整える生活習慣を意識しましょう。

 

まとめ

日焼けした肌を白くするには

・ 時間がかかる肌の再生の仕組みを理解しましょう
・ 日焼け直後は肌の炎症を抑えるため冷やしましょう
・ 美白化粧品を使ってメラニンの働きを抑えましょう
・ 美白効果の高い食べ物を積極的に取り入れましょう
・ 充分な睡眠時間をとりターンオーバーを活性化しましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c