肌がきれいになる方法で、1ヶ月ですっぴん美人になる秘訣

肌がきれいになる方法で、1ヶ月ですっぴん美人になる秘訣
肌がきれいになる方法といえば、高価な美容液やパックを使ったり、美顔器のマイナスイオンやスチームを顔中に浴びたり、あるいは、エステに通うといった方法をまず思いつきますよね。

そして、思いついた途端「私には無理だわ」と諦めモード、ついでに肌をきれいにすること自体も諦めてしまうという方は多いのでは?

たしかにお金や時間、手間暇をかければ肌はきれいにはなりますが、肌をきれいにするために必ずしもそれら全てが必要なわけではありません。もっと手軽に、お金や時間をかけなくても肌がきれいになる方法はあります。

きれいな肌を保つことは、実はそれほど難しいことではないのです。ということで、今回は肌がきれいになる方法で、1ヶ月ですっぴん美人になる秘訣をお伝えします。



 

肌がきれいになる方法で、
1ヶ月ですっぴん美人になる秘訣

 

肌をこすらない正しい洗顔方法で顔を洗うこと


肌がきれいになる方法の一つ目が正しい洗顔です。顔を洗うときは、必要な皮脂を洗い流さないように水かぬるま湯を使います。洗顔料はよく泡立てて!両掌いっぱいにもこもこの泡を作りましょう。

顔を水で濡らしたら、もこもこの泡で包み込むようにして顔を洗います。このとき、決して手で顔の皮膚をこすらないでください。手による摩擦はしみやしわの原因になります。

皮脂の分泌量の多い顎やTゾーンは泡をクッションに、指先でくるくると洗います。頬などの乾燥しやすい箇所は泡を載せるだけでOK、顔全体に泡が行き渡ったら、水で泡をすすいでくださいね。

洗い残しはにきびや吹き出物の原因になるので、すすぎは念入りに!特にフェイスラインや髪の生え際に泡が残りやすいので気を付けましょう。

 

洗顔後に丁寧に保湿すること


洗顔後は、顔の皮脂が不足するため、顔はとても乾燥しやすい状態になっています。洗顔後はすかさず保湿ケアをしてくださいね。保湿ケアの基本は化粧水と乳液(クリーム)です。

まずは、化粧水で水分を補給!その後、肌から水分が蒸発しないように乳液でふたをします。なので保湿ケアの順番は化粧水→乳液です。

いずれを肌に塗るときも、まずは掌で温め、掌全体で顔の肌を包み込むようにして載せていきます。掌で肌をこすったり、パンパンと叩きこむのは×!しみやしわができてしまうので気を付けましょう。

 

肌の乾燥が気になるときはコットンパックをすること


冬やクレンジングなどで肌が乾燥してしまうときには、化粧水を含ませたコットンパックで顔の肌を保湿!肌の乾燥を防ぎぷるぷるしっとり肌を目指しましょう。

コットンパックによる肌がきれいになる方法ではパックをする時間が大切!長時間コットンパックを肌に貼り付けておくと、コットンが肌の水分を吸ってしまうため、かえって肌が乾燥してしまいます。コットンパックは3分から長くても5分以内、5分経ったら肌から外してください。

コットンパックの後は、乳液やクリームで肌にふたをします。ワセリンや美容オイルを使うと、さらに肌を保湿することができますよ。極度の乾燥肌の方はぜひお試しあれ。

 

質の高い睡眠で肌のターンオーバーを促すこと


肌がきれいになる方法では、洗顔や保湿などのスキンケアも大切ですが、スキンケアと並んで意識したいのが生活習慣の改善です。まずは毎日の睡眠を見直してみましょう。

肌をきれいにするためには、肌のターンオーバー(新陳代謝)を滞りなく行うことが大切です。正常なターンオーバーを促してくれるのが成長ホルモン!成長ホルモンは睡眠中しか分泌されません。

つまり、肌がきれいになる方法は、一にも二にも睡眠!と覚えておいてくださいね。特に成長ホルモンの分泌量が増える22時~2時はお肌のゴールデンタイム!この時間は起きたりせず、睡眠をとるようにしましょう。

また、肌をきれいにするためには睡眠の質にもこだわりたいもの。寝る前にテレビやスマホの画面を見ると、脳が刺激され、眠りが浅くなってしまいます。

寝る前はテレビやスマホは見ないようにしましょう。さらに、消化活動も寝るときまでに終わらせておきます。食事は寝る3時間前には済ませるようにしてください。

 

食事ではリコピンやポリフェノール、食物繊維を意識して食べること


肌をきれいにするためには食事もまた重要なポイントです。まずはリコピンやポリフェノールなどの抗酸化作用のある成分をとって、肌のアンチエイジングを目指しましょう。

リコピンやトマトに、ポリフェノールやウーロン茶やカカオ、ブルーベリーなどに多く含まれています。食事やおやつで意識して摂取してください。さらに、肌がきれいになる方法では便秘解消も必須です。

便秘はニキビや吹き出物、顔のくすみを招きます。便秘解消に効果があるのが食物繊維です。食物繊維は海藻やきのこ類、ごぼうやレンコンなどの根菜類に多く含まれています。

便秘が気になる方は、食物繊維を多く含む食材を毎日食べるようにしてください。きんぴらやひじきの炒め煮を常備菜として多めに作り、冷蔵庫に保存しておくと、無理なく毎日の献立に盛り込むことができますよ。

 

いかがでしたか。以上が、肌がきれいになる方法で1ヶ月ですっぴん美人になる秘訣でした。肌がきれいになる方法のポイントは大きく分けて二つ、一つ目は洗顔や保湿ケアなどのスキンケアです。

スキンケアでは、とにかく肌をこすらない・叩かないことが大切です。肌をこすったり叩いたりすると、しみやしわができてしまいます。スキンケアでしみやしわができてしまうのは悲しいですよね。気を付けましょう。

肌がきれいになる方法のポイントの二つ目は、睡眠や食事などの生活習慣の改善です。こちらは、肌をきれいにするためだけでなく、毎日を元気に過ごすためにも欠かせないことなので、ぜひ行ってください。

睡眠では量(時間)だけでなく質にもこだわって!ぐっすり寝て成長ホルモンの分泌を促してください。食事は、炭水化物・タンパク質・脂質をバランスよく摂取したうえで、さらにリコピンやポリフェノールなどのアンチエイジング成分、便秘を解消するための食物繊維を意識して摂りましょう。

まとめ

肌がきれいになる方法で1ヶ月ですっぴん美人になるためには

・ 肌をこすらない正しい洗顔方法で顔を洗うこと
・ 洗顔後に丁寧に保湿すること
・ 肌の乾燥が気になるときはコットンパックをすること
・ 質の高い睡眠で肌のターンオーバーを促すこと
・ 食事ではリコピンやポリフェノール、食物繊維を意識して食べること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c