やりたい仕事に就くために必要な4つの情報収集法

やりたい仕事に就くために必要な4つの情報収集法
やりたい仕事はありますか。「ない」と答える方もいる一方、「絶対にやりたい仕事がある」と答える方もいるでしょう。やりたい仕事があることはとてもいいことです。人生は仕事がすべてではありません。

しかし、仕事と人生は密接に関わっていますから、決して無視できることではありません。やりたい仕事があるのならば、それをぜひ叶えてほしいです。ですが、やりたい仕事があっても必ずしもその仕事に就けるという訳ではありません。

やりたい仕事に就くためには努力はもちろんですが、情報収集がとても大切になってきます。情報を持っているかどうかでアプローチの仕方も変わってきます。そのため、インターンやOBOG訪問などを活用する方も少なくありません。

しかし、インターンやOBOG訪問は期間や時間が短いため、それだけでは多くの情報は集まりません。そこで、今回はやりたい仕事に就くため必要な4つの情報収集法をお伝えいたします。



 

やりたい仕事に就くために必要な
4つの情報収集法

 

新聞で関連情報を見つけましょう


就職活動で面接の際に、仕事や職種に関する時事ネタを質問されることも多々あります。また、その業界の動向をつかむ必要もあります。そのため、新聞でやりたい仕事に関連する情報を見つけましょう

全国紙はもちろん、自分の住んでいる地域の新聞も読みましょう。そして一番いい新聞は経済新聞です。いくつも新聞を取るとなるとお金もだいぶかかりますから、図書館を利用してみてはいかがでしょうか。

また、気になる記事や関連記事はスクラップをとっておくことで見直すことができますし、動向がわかるためオススメです。

 

やりたい仕事に関連する資格を調べましょう


やりたい仕事の仕事内容を調べることも大切ですが、やりたい仕事に関連する資格を調べましょう。仕事をしないと取れない、取得が難しい資格もありますが、事前に取れる資格があれば取得しましょう。

事前に資格取得のために勉強することでやりたい仕事のことをより知ることができ、仕事について具体的なイメージを抱けます。また、勉強することで今の自分に何が足りないかも明確になるため、やりたい仕事に就くために努力していくことができます。

 

やりたい仕事に関連する仕事を調べましょう


やりたい仕事の関連する記事や資格を調べる一方、その仕事に関連する別の仕事のことも調べましょう。「この仕事がしたい」と思っていても、深く考えてみると、その仕事というよりは、その仕事で関わる内容に惹かれているという方もいらっしゃいます。

例えば、「パイロットになりたい」と考えていても、パイロットや航空に関係する仕事を調べていくうちに、自分はパイロットという職業になりたかった以上に、「飛行機が好き」だからそのような道を目指したと気づくこともあります。

その結果、パイロットではなく整備士やマーシャラーに方向転換することもあり得ます。自分がやりたい仕事とは何なのか改めて考えるためにも、やりたい仕事に関連する仕事も調べましょう。調べた上で変わらないのであれば、その差は何かはっきりとさせ、他の似たような職業との差別化を図りましょう。

 

やりたい仕事をしている人に話を聞きましょう


新聞や本から情報を得ることはとても大切です。特にその仕事に携わっている方が書いた記事や書籍であれば、なおのことやりたい仕事に対して知ることができ、イメージも湧くことでしょう。ですので、積極的にやりたい仕事に関する記事や書籍を読みましょう。

しかし、一方で、実際に自分がやりたい仕事をしている方に話を聞くことも非常に重要です。その方は就職活動にて勝ち抜き、その仕事に就いています。そして現役で働いているため、仕事の内容ももちろんですが、やりたい仕事に就くためのプロセスをよく知っています。それを聞くことで、自分に何が足りないか、何をしていけばいいかがよくわかります。

相手も忙しいため簡単なことではありませんが、インターンやOBOG訪問、直接お願いするなどしてそのような機会を作ってもらうよう頑張りましょう。

 

いかがでしょうか。誰だってやりたいと思った仕事に就きたいものです。しかし、残念ながら誰もがやりたいと思った仕事に就けるわけではありません。採用されなかった場合は諦めるという選択をしなければするときもあります。

ですが、やはりやりたい仕事には就きたいですよね。どうしてもやりたい仕事があるのならば、入社してから勉強すればいいと思うのではなく、入社する前から勉強することで自分はどうしてもこの仕事がしたいということをアピールしなければなりません。能力が同じであれば、情熱がある方を採用するでしょう。

また、きちんと情報収集することで理想と現実のギャップが大きく失望することを避けることができます。どの仕事に就くかはとても大切ですから、そのようなもったいないことが起きないようにしなければいけません。必ず情報収集をしましょう。この記事を読んで、やりたい仕事に就くために必要な情報収集法が少しでもわかれば幸いです。

 

まとめ

やりたい仕事に就くために必要な4つの行動

・新聞を読むことでやりたい仕事の動向と傾向を掴もう
・関連する資格を学んで仕事の具体的なイメージを膨らまそう
・関連する資格を調べてやりたい仕事をはっきりと意識しましょう
・現役の人に話を聞いて就職するためのプロセスを教えてもらいましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7cやりたい仕事に就くために必要な4つの情報収集法