35歳以上で転職を成功させるために必要な7つのスキル

35歳以上で転職を成功させるために必要な7つのスキル
「転職をするならば30歳までに」「転職は30歳が最後のチャンス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。実際、転職される方は27歳から30歳が多いようです。

しかし、35歳まで働いてみたものの、この会社だとこの際給料も上がりそうにない、家族ができて今の仕事だと休日日数面で不満に思うなど、ライフスタイルがある程度確立された30歳を過ぎたからこそ、今のライフスタイルに合った給料や休日日数がある会社に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。

ここで不安なことは、年齢だと思います。「35歳は転職に不利か?」と聞かれると、「不利というわけではない」と言うことです。それよりも大切なことがあるからです。今回は、35歳以上で転職を成功させるために大切なことを7つ紹介します。



 

35歳以上で転職を成功させるために
必要な7つのスキル

 

簡潔にわかりやすく伝えるスキル


転職をするということは、当然ながら新しい会社を探し、履歴書を送ったり面接をすることになります。履歴書、面接どちらにも言えることですが、自分がやってきたこと、できることを限られたスペースや時間で相手に伝えなくてはなりません。

その際に大切なことは簡潔にわかりやすく伝えることです。限られているからという理由ももちろんですが、簡潔にわかりやすく伝えることができないと「仕事ができない」と思われることがあるからです。

 

営業以外も大切!トーク力


「話すことが苦手だから営業以外がいい」「前職は営業で会話が辛かったからもう話す仕事は嫌だ」と思うかもしれませんが、仕事をする上で人とは必ず話さなければいけません。事務でもクレームや電話対応があります。クリエイターも相手の求めているものを明確にする必要があります。

また、職場で人間関係がうまくいかないと新しい職場で仕事をしていくことは大変です。営業じゃないからといってトーク力を蔑ろにしないようにしましょう。

 

相手に限らず意見をはっきり言いましょう


面接の際には「仕事を辞める理由」「自分のやってきたこと」「自分のできること」「自分の求めていること(年収や休日日数)」などを聞かたり、伝えるシーンが必ずあります。

その際に落とされたくないからと言って、相手の顔色を窺って答えることはやめましょう。35歳ですので、その会社に入った後また転職とは簡単にいけません。お互いが入社後に「言っていたことと違う」とならないよう、はっきりと言いましょう。

 

好印象を与える身なりを心がける


当たり前ですが、汚い身なりをして面接に臨む人はいませんよね。では、「初対面の人に好印象を与える自信がありますか?」と聞かれたらどうでしょうか。「ある」と言える方はいいのですが、そうでない方は少し自分の身なりを顧みてみましょう。

面接官は「初対面」ですから好印象を与えられるかとても重要です。また、新しい職場でも好印象を与えられるか考えてみましょう。若いわけではありませんので、手をかけてくれるわけではありません。「若いから」といって印象の悪さを許されることもありませんので注意しましょう。

 

年齢を気にしない大らかさを持ちましょう


場合によっては転職先の上司になる方が自分より年下ということは大いにあり得ます。転職先であなたは即戦力として期待される一方、新人なのです。それに耐えきれますか?「そんなことは耐えられない」「そこまで考えていなかった」という方は転職は難しいでしょう。

または、面接時にどのような役職につくかきちんと確認した方がいいでしょう。どちらにしろ、あまり年齢差を気にしないことが転職において大切です

 

大事なものは年収?休日?優先順位を明確に!


35歳以上で転職を考えるということは、今勤めている会社に不満があるからですよね。そして、その不満を解消するために転職をするはずです。その際に、優先順位を明確にしましょう

「給料がいいところにしたい」「休みがある会社がいい」など、譲れない部分を探しましょう。ただやみくもに転職してもまたすぐに転職したくなります。35歳だとそう簡単に何度もできませんので、ここはしっかり考えましょう。

 

資格をきちんと取っているか確認しよう


35歳まで働いていたのですから、やっていた仕事に関係している資格はいくつか持っているのではないでしょうか。もし一つも持っていない、事務職だったから資格という資格は必要なかったという方は関係している資格を取りましょう。事務職だった方はワードやエクセルの資格がいいでしょう。

転職先はあなたのスキルを資格で判断できます。あなたも自分の能力が本当であると証拠を出せるのです。何の資格を持っているか確認、ない方は資格取得をしましょう

 

いかがでしょうか。転職活動は不況と言われようと能力さえあれば難しくありません。また、最近は労働力が減ってきていることから、求人が増えている業界もあります。

しかし、だからと言って簡単にできるものではありません。ましてや35歳以上で転職となると不安が大きいでしょう。全く違う業界を受けたり年齢制限があるところは別ですが、そうでなければ、年齢はあまり関係ないという会社が多いです。

それよりも、今までやってきたこと、何ができるかなどの方が重要です。面接では堂々として自分をアピールしましょう。新しい職場で快適に仕事ができるよう妥協はしてはいかません。ぜひ頑張ってください。この記事を読んで、35歳以上での転職活動に役立てば幸いです。

 

まとめ

35歳以上で転職を成功させるために必要な7つのスキル

・簡潔にわかりやすく伝えるスキル
・営業以外も大切!トーク力
・相手に限らず意見をはっきり言いましょう
・好印象を与える身なりを心がける
・年齢を気にしない大らかさを持ちましょう
・大事なものは年収?休日?優先順位を明確に!
・資格をきちんと取っているか確認しよう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c