アーモンドを日常に取り入れて、栄養バランスを維持するコツ

アーモンドを日常に取り入れて、栄養バランスを維持するコツ
アーモンドはスナックやお酒のおつまみなどちょっとした時に食べる機会がありますが、栄養価について気にする人は意外と少ないですよね。しかしアーモンドには色々な健康へのメリットがあり、日常的に食べると美容にも良いといわれている大変栄養価の高い食べ物ひとつなのです。

アーモンドはスーパーやコンビニでも販売している食べ物で、調理せずにすぐに食べられる便利な点が魅力。だからこそ日常的に食生活にプラスしやすく、栄養バランスを維持するために欠かせないコツになります。

ナッツ類は体に良いといわれ、アーモンド以外にもピーナッツやクルミなど種類も豊富です。最近ではナッツのオイルを抽出して料理でも使うシーンが増えてきました。そこで本日は栄養価の高いアーモンドをプラスして健康的な栄養摂取をする方法についてお伝えします。



 

アーモンドを日常に取り入れて、
栄養バランスを維持するコツ

 

アーモンドの効能について理解しましょう


アーモンドを日常的に取り入れるには、まずは知っておきたいアーモンドのすごい栄養価について覚えておきましょう。アーモンドはチョコレートやデザートのトッピングなどでも使われていますが、毎日食べるほどチャンスはありませんよね。

このアーモンドですが、食べ物のなかではビタミンEの含有量がトップクラスで多い点が特徴。100g中に31gのビタミンEが含まれてアンチエイジングに大変効果があります。

また成分のリノール酸とオレイン酸は血液中の善玉コレステロールが多く動脈硬化や心筋梗塞の予防など、血液をサラサラにするよい働きを持っています。

さらに牛乳の2倍ともいわれるカルシウムの含有量をはじめ、マグネシウムや鉄分などのミネラルも豊富なので、健康維持に欠かせないありがたい存在です。

 

間食時におやつとして食べましょう


アーモンドは食物繊維が豊富で満腹感がありますので、間食時に食べるとおやつの食べ過ぎ予防になります。小腹が空いた時はついスイーツやスナック菓子を食べ過ぎてしまう時がありますよね。

こんな時でもアーモンドなら数粒程度でお腹が一杯になりますし、食物繊維の働きで腸の内側をコーティングしてくれます。すると余計な油分の吸収を抑え、さらに胃腸の働きを活性化するので便秘改善にもメリットになります。

有名なアスリート達の間でもアーモンドをおやつとして食べることが常識になっているともいわれていますので、とても健康的なスナックとしておすすめなのです。

 

効率的なダイエットをしましょう


アーモンドがダイエットの味方になる食べ物であることを知らない人は意外と多いですよね。ダイエットに欠かせない脂肪燃焼の効果があるビタミンB2を多く含むアーモンドは、ダイエット中に乱れがちな栄養バランスをサポートするために役立っています。

でも気になるのがナッツ類には油分が多い点。アーモンドのカロリーは100gで600kcalありますので、決して低カロリーの食べ物ではありませんが、不飽和脂肪酸なので適量を守ればダイエット食としてもぴったりです。また食物繊維で腹持ちが良い為、食事の前に食べると食べ過ぎ予防にもなります。

 

アーモンドバターを活用しましょう


アーモンドを日常的に食べるのは簡単なように見えても、つい忘れてしまったりアーモンドを切らせてしまう場合もありますよね。

そんなときに代替えとなる便利なアイテムがアーモンドバター。ハリウッドセレブも美容やダイエットのために愛用しているという話題のアーモンドバターはペースト状になっているのでパンに塗って食べる方法やデザートに入れるなど食べ方が色々とアレンジしやすい魅力があります。

アーモンドだけを毎日食べると飽きてしまうこともあるでしょう。そんな場合にプラスするとよいアーモンドバターはリバウンド防止にも役立つため、ダイエット中の食事制限にスムージーやオートミールなどに入れて食べることもできます。

 

アーモンドの食べ過ぎに注意しましょう


体に良いアーモンドですが、どんな健康食品も食べ過ぎては意味がありませんよね。アーモンドを日常的に食べる場合は1日の目安量は20~25粒が良いといわれています。

この範囲内ならカロリーの過剰摂取も心配ありませんし栄養をしっかり補給できますが、過剰に食べてしまうと太る原因にもなりかねません。下痢やふきでもができる場合もありますので、必ず目安量を意識してください。

 

いかがでしたか。小さな粒にぎっしり詰まった様々なアーモンドの栄養は、健康促進、ダイエット、美容、アンチエイジングなど色々なメリットをもたらしてくれます。健康を維持するためには継続しないといけませんので、アーモンドを美味しく毎日食べられるように色々と工夫してみましょう。

おつまみのナッツとして販売しているタイプは塩分が多いので、できるだけ自然のままでローストされたプレーンタイプがおすすめです。アーモンドの茶色の薄皮の部分にはプラボノイドが含まれているので、さらに抗酸化作用を高める作用があるため粒ごと全部食べましょう。

普段の食生活は注意してもバランスが偏ってしまうことがあります。アーモンドをプラスしてさらに健康的な生活を始めてみませんか。アーモンドで栄養バランスを維持するには

まとめ

アーモンドで栄養バランスを維持するには

・ アーモンドの効能について理解しましょう
・ 間食時におやつとして食べましょう
・ 効率的なダイエットをしましょう
・ アーモンドバターを活用しましょう
・ アーモンドの食べ過ぎに注意しましょう

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c