肌を綺麗にする方法で意外と間違っている5つの落とし穴

肌を綺麗にする方法で意外と間違っている5つの落とし穴
肌を綺麗にする方法には、さまざまなものがありますよね。女性は特に、念入りなスキンケアを心がけている人が多いでしょう。でも、毎日しっかりケアしているのに、思っていたより肌が綺麗にならない、どちらかと言うと肌が荒れてきた気がするなんて人もいるのではないでしょうか。

それは、正しいと思って続けてきた肌を綺麗にする方法が間違っているのかもしれませんよ。多くの人が、正しい方法を誰かに教わったわけでもなく、人から聞いた情報などから「これがスキンケアの常識」と決めつけて自己流のスキンケアをしているもの。

確かに、かつては肌を綺麗にする方法だと言われていたものもありますが、科学や美容医療の進歩とともにスキンケアの常識が180度変わっていることもあるんです。今回は、最新の情報を元に、肌を綺麗にする方法で間違っている落とし穴をお伝えします。



 

肌を綺麗にする方法で
意外と間違っている5つの落とし穴

 

化粧水をつけたあとパンパン叩く


化粧水を肌の奥まで浸透させるために、化粧水をつけたあと、両手でパンパンと肌を叩く人がいますよね。でも、これは肌を綺麗にする方法としては間違い。

確かに、肌を叩くことで化粧水の水分が浸透するような気もしますが、実際には、叩くという刺激が肌のバリア機能を低下させたり、角質層に細かい傷をつくり、肌の水分が失われたりしてしまうんです。

化粧水は、水分が自然に蒸発して、残った美容成分が少しずつ時間とともに肌に馴染んでいくものなので、わざわざ肌を叩く必要はありません。中には、化粧水をつけたあと、叩くことを推奨している商品もありますが、叩かなければ美容成分が浸透しない商品は避けた方が良いでしょう。

 

長時間のクレンジング


しっかりメイクをする女性に多いのが、時間をかけた念入りなクレンジング。確かに、ファンデーションやアイライナーなどが残ってしまうと、肌に悪いイメージがありますが、実はこれこそが落とし穴。よく使われているオイルやリキッドタイプのクレンジング剤は、肌への刺激が強いんです。

さらに、肌を守るためには、適度な皮脂が必要なので、強いクレンジング剤を使って長時間クレンジングすると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、肌荒れを引き起こす原因になります。

クレンジングは、比較的肌に優しいクリームやミルクタイプを選び、1分を目安に手早く洗顔するよう心がけましょう。

また、汚れをしっかり落とそうとすると、つい指に力が入りがちですが、これもNG!汚れはゴシゴシとこすって落とすものではありません。キメの細かい泡を乗せれば自然に浮いてくるものなので、指を肌につけずに泡で洗うことをイメージしましょう。

 

化粧水をたっぷりつける


肌を綺麗にする方法として間違えやすいのが、化粧水をたっぷりつける方法。肌には潤いが大切だという考えから、化粧水をたっぷりつけて、それで終わりにしがちですが、化粧水をつけ過ぎると、かえって肌トラブルを引き起こす原因になってしまうことがあるんです。

化粧水の90%以上は水分なので、どれだけたくさんつけても蒸発します。このとき、もともと肌にあった水分まで奪うだけでなく、角質細胞の表層をめくってしまうので、肌の乾燥を引き起こしてしまうんです。化粧水をつけ過ぎず、角層のセラミドを増やす保湿ケアを心がけましょう。

 

しっとりタイプの洗顔料を使う


乾燥肌に悩んでいる人は特に、肌を綺麗にする方法のひとつとしてしっとりタイプの洗顔料を好んで使うことがありますよね。でも、これはせっかく洗った肌に、半ば強引に保湿成分を押しこんでいるようなもの。肌を守るために必要な皮脂以上の皮脂が残ってしまうんです。

肌の乾燥を防ぐに皮脂を落とし過ぎないようにしている人もいますが、皮脂は、時間が経つと酸化して、肌トラブルを引き起こすので、しっとりタイプの洗顔料を使うのは避けましょう。

皮脂には、肌を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑制するという働きがありますが、肌を乾燥から守っているわけではありません。肌の乾燥は、セラミドの働きによって守られているので、余分な皮脂はしっかり落とすのが正しい肌を綺麗にする方法です。

 

頻繁に生野菜を食べる


肌を綺麗にするには、野菜が良いと考えている人が多いですよね。その考えは間違いではありませんが、肌を綺麗にする方法として、生野菜ばかり食べているのであれば、残念ながら間違いです。

そもそも、肌を綺麗にするために、野菜を生で摂ろうとしたら、ものすごい量の野菜を食べなければいけません。でも実際には、それほど多くの生野菜を食べることはできませんよね。これでは、肌への良い影響はそれほど期待できません。

生野菜を食べると、体を冷や血行が悪くなるので、かえって体を冷やし、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になることもあります。肌のために野菜を摂取するなら、たっぷり野菜が摂れるスープなどにすると良いでしょう。

 

いかがでしたか。女性は特に、若々しくて触り心地が良い綺麗な肌に憧れますよね。さまざまな肌を綺麗にする方法を試しているのに、思ったような効果が得られない。かえって肌トラブルがひどくなったなんて人も少なくないのではないでしょうか。

それは、肌を綺麗にする方法が間違っているのかもしれません。化粧水の美容成分を浸透させるために、両手で叩く人がいますが、これはNG!叩くことで、肌のバリア機能が低下して、肌の乾燥を引き起こすのでやめましょう。

また、肌の汚れやメイクを落とすために、念入りなクレンジングをする人もいますが、残念ながらこれでは肌が綺麗になることはありません。肌を守るためには、適度な皮脂が必要なので、洗い過ぎも洗わな過ぎも肌トラブルの原因になってしまうからです。

肌を綺麗にする方法を試しているのに、思った効果が得られないという人は、ぜひここにご紹介したことを参考にしてみてください。

まとめ

間違った肌を綺麗にするには

・ 化粧水をつけたあとパンパン叩く
・ 長時間のクレンジング
・ 化粧水をたっぷりつける
・ しっとりタイプの洗顔料を使う
・ 頻繁に生野菜を食べる

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c
連記事


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c