アメリカを旅行するなら知っておきたいチップの渡し方

アメリカを旅行するなら知っておきたいチップの渡し方
日本にはチップを渡す習慣がないので、アメリカを旅行したときにアメリカのチップの渡し方に戸惑うことが多いですよね。チップはいくらくらい渡せばよいのか、どのタイミングで渡すのか、チップが必要なときと必要でないときの違いも分かりにくいです。

また、チップは心づけや感謝の気持ちをあらわすものなので、日本人の感覚だと「すばらしいサービスだった」と感動したときにだけ渡せばよい気もします。しかしアメリカではチップを渡すのが当たり前、チップを渡すべきときにはサービスの質に関係無くアメリカではチップを渡します。

チップを渡さないのがマナー違反なのです。ということは、アメリカに旅行するのなら金額やタイミングが分からないから渡せないなんてことは言っていられない!アメリカに行くからにはチップの渡し方は知っておく必要があるのです。ということで、今回はアメリカのチップの渡し方についてお伝えします。

チップはお札で渡すこと

アメリカでチップを渡すときは小銭でなく1ドル札以上のお札で渡します。チップを手渡しするときには1ドル札を三つ折りにして、伝票ホルダーに挟むときには折りたたむ必要はありません。

チップというと少額のことが多いので小銭で渡したくなりますが、アメリカではチップを小銭で渡すのはマナー違反です。旅行の最後、残った小銭をチップにするというのもだめですよ。

 

お店やサービスごとにチップの金額を計算すること

アメリカのチップの金額はお店やサービスごとに違います。これが日本人にとっては分かりにくいポイントですよね。アメリカでチップを渡すときには、お店やサービスごとにチップを計算する必要があります。

たとえば、レストランでは合計金額の15~20%をチップとして渡します。ただ実際には12、3%のチップを渡すアメリカ人が多いようです。バーやクラブでは、1杯につき1~2ドルのチップが適正金額です。

ホテルのルームサービスやデリバリーも1~2ドル、フロント係にはチップは必要ありませんが、駐車場係やベルマン、ドルマンに車を移動してもらったり荷物を運んでもらったときには1~5ドルのチップを渡しましょう。タクシーの運転手には合計金額の15~20%をチップとして渡すとよいです。

 

レストランでは担当のサーバーに渡すこと

アメリカのレストランでは、一つのテーブルを一人のサーバーが担当することが多いですよね。食事後、伝票を持ってきてもらうときにも担当のサーバーにお願いしましょう。このとき、違うサーバーにお願いするのはだめです。

レストランのチップは食事の料金と一緒に伝票ホルダーに挟んで渡します。クレジットカードで支払うときには、チップも料金と一緒にクレジット払いにすることができます。

クレジット払いにするとレシートを2枚渡されるので、お店用のレシートのチップ欄にチップの金額を書きましょう。後日、食事の料金と一緒にチップ代も引き落とされます。

また、チップを計算するときには消費税は含みません。消費税(tax)を引いた金額からチップを計算しましょう。チップはきりのよい数字がよいので、端数部分は切り下げるか切り上げるとよいです。

 

「Gratuity」のお店ではチップは不要!チップを渡さないこと

レシートに「Gratuity」と書いてある場合には、チップが料金に含まれているのでチップは不要!チップを渡しません。ちなみに「Gratuity」とは心づけやチップのことです。

また、お店によってはチップの料金がメニューなどにあらかじめ載っていることがあります。このときは決められたチップの料金を渡してくださいね。

 

テイクアウトやファストフードではチップを渡さないこと

お店のテイクアウトやファストフード、フードコートではチップは不要!チップを渡しません。アメリカはチップ文化ですが、どこでもチップを渡すわけでないことを覚えておくとよいですね。

カフェの場合、ウェイターやウェイトレスが給仕してくれるときにはチップが必要ですが、レジでお金を払い自分でレジやカウンターに注文したものを取りに行くスタイルのカフェでは給仕のサービスを受けないのでチップは不要です。

 

以上が旅行するなら知っておきたいアメリカのチップの渡し方についてでした。アメリカのチップはお店やサービスによって違うので、その都度、適正な金額のチップを計算して渡しましょう。

現金で渡すときには小銭ではなくお札で渡すのがマナーです。クレジットカードでチップを支払うときには、レシートにチップの金額を書きます。このときは消費税分は含めず計算するとよいです。

お店によってはあらかじめチップも料金に含まれていることがあります。「Gratuity」と表示されているお店ではチップを渡す必要はないので、気を付けてくださいね。他にもテイクアウトやファストフード、セルフサービスのカフェなどでもチップを渡す必要はありません。

まとめ

アメリカでチップを渡すときには

・ チップはお札で渡すこと
・ お店やサービスごとにチップの金額を計算すること
・ レストランでは担当のサーバーに渡すこと
・ 「Gratuity」のお店ではチップは不要!チップを渡さないこと
・ テイクアウトやファストフードではチップを渡さないこと


連記事