肌にいい飲み物を自宅で作る5つのレシピ

肌にいい飲み物を自宅で作る5つのレシピ
肌にいい飲み物を自宅で作れたら、いつでも肌荒れ対策ができて美肌を目指せるのでとても嬉しいですよね。化粧品や肌のケアに関してはいろいろとこだわっているけどイマイチ肌の調子が悪いというのなら食生活に原因があるのかもしれません。

口にするものから体が作られるのでもちろん肌にいい飲み物を積極的に取り入れていくなら肌の調子が上がっていくこと間違いなし!

だけど肌にいい飲み物って…自分で食材を選ぶことから始まり調理にも自信がない…体に良い飲み物って結局美味しくなさそう…そんな悩みを持つ人でも簡単に自宅で作れちゃう肌にいい飲み物のレシピがあるとしたら是非知りたいものです。そこで今回は肌にいい飲み物を自宅で作る5つのレシピをお伝えします。



 

肌にいい飲み物を
自宅で作る5つのレシピ

 

甘酒で作るバナナとレモンの豆乳ジュース


肌にいい飲み物としてまずお伝えするのが甘酒入りのフルーツジュース。とっても爽やかな味のミックスジュースです。

材料は1人分でバナナ1本、レモン4分の1個、豆乳100cc、甘酒100cc、水適量。甘酒は手作りのものや、市販の液体状のものから粉で溶かすタイプのものでもOKです。

作り方は材料を全てミキサーに入れて混ぜるだけ。ミキサーに入れる際にはバナナやレモンを適当な大きさにあらかじめ切っておくとスムーズに出来上がります。

ビタミンが豊富なレモン、また皮膚を保護し活性化してくれるビタミンB2が入った甘酒、腸の調子を整えてくれるバナナも入って美肌効果抜群です。シミやソバカスの対策にもなりますし健やかな肌を作るのに必要な栄養素が入った簡単なミックスジュースを是非試してみましょう。

 

αーリノレン酸入りトマトジュース


肌にいい飲み物を作る簡単レシピ、次はαーリノレン酸入りトマトジュース。何だか聞くだけですごく難しそうな気がする…という声が聞こえてきそうですが、実は誰でもできちゃう簡単レシピなのです。

材料は100%トマトジュース(無塩)とαーリノレン酸が含まれている油をスプーン1杯のみ。ちなみにαーリノレン酸が多く含まれている油の代表的なものが、えごま油やしそ油、そしてアマニ油など。

最近話題になっているのはえごま油ですが、同じくαーリノレン酸が含まれているのでしそ油などでも効果は変わりません。

トマトジュースにスプーン1杯の油を加えて飲みましょう。血管を柔らかくし美肌効果があると言われている油を使って乾燥知らずの美肌を手に入れましょう。

 

りんごの酵素ジュース


肌にいい飲み物と言ってすぐに思い浮かぶのが酵素ドリンク!と言っても良いぐらい今や人気の酵素ドリンク。今回は自宅で簡単に作れるレシピとしてりんごの酵素ジュースをお伝えします。

材料はりんご500gときび砂糖500gのみ。りんごはよく洗い、芯を切り落としてくし切りにします。食べる時のカットよりも少し薄めに切るのをオススメ。熱湯で消毒したビンに切ったりんごを入れ、きび砂糖も加えます。

よく洗ったきれいな手でりんごと砂糖をなじませます。後はフタを少し緩めて置いておくだけ。できれば毎日フタを一度閉めてビンを上下に振るようにしましょう。

10日ほどで発酵が始まり飲めるようになります。飲める状態になったらビンからりんごを取り出してエキスを保存するようにしましょう。水などで薄めて飲むのをオススメ。肌を健康に保つために欠かせない酵素を手作りジュースで補給しましょう。

 

ビタミン豊富な果物とハチミツのミックスジュース


肌にいい飲み物を作るにはやはりビタミン豊富な材料を選ぶこと。紫外線を浴びた肌がすぐに回復して美肌となるよう積極的に取り入れたいですね。

オススメの材料は2杯分で、手に入る柑橘系の果物1つ。みかんや日向夏などその時期に手に入る柑橘系フルーツを準備しましょう。

そしてキウイ1つ、バナナ1本、りんごジュース100cc、氷5つ、ハチミツ大さじ1。まずはフルーツの皮をむき適当な大きさに切ります。柑橘系の果物に関しては房も取り外し種も取り除きましょう。

全ての材料をミキサーに入れて氷の大きな音がなくなるまで混ぜましょう。甘さ調節はお好みに合わせてハチミツを足すと良いですよ。ヨーグルトが好きな人はヨーグルトを加えるのもオススメ。美味しいフルーツジュースで美肌を保ちましょう。

 

お肌に嬉しいグリーンジュース


肌にいい飲み物としてお伝えする最後のレシピはお肌に嬉しい栄養素の入ったお野菜で作る簡単グリーンジュース。

青汁を毎日飲む気にはならないし、でもシミやシワの対策はしたい…という方のためにとっても飲みやすい野菜ジュースの作り方をお伝えします。

材料は2人分でほうれん草、小松菜、人参をいずれも50gほど、プルーン30g、缶詰パイナップル100g、レモン汁とハチミツをいずれも大さじ1。材料の野菜を適当にカットし材料を全てミキサーに入れます。

缶詰のパイナップルの汁を少し入れることで甘みがプラスされ飲みやすいのでオススメ。氷数個と適量のお水を入れてミキサーにかけましょう。

材料の野菜には肌に嬉しいビタミンKやビタミンA、またビタミンEが豊富に含まれています。酸化防止や粘膜強化などの嬉しい効果を発揮してくれるのでサッと作って飲みましょう。

 

いかがでしたか。

肌にいい飲み物が意外にも簡単にできちゃう!と思った方もいるかもしれません。野菜や果物、麹や酵素など天然の栄養成分に頼ることによってお肌にいい飲み物がたくさん作れます。

毎日日替わりで材料を変えて味の変化を楽しむのも良いですね。材料として積極的に選びたいのがたくさんのビタミンを有する柑橘系フルーツ、そして甘みの調節もしてくれるバナナやパイナップルなど。

それをベースにお好みでヨーグルトや豆乳、ハチミツなどそれまた美肌効果のある食材を加えていくとオリジナルの肌にいい飲み物が出来上がります。

甘酒や酵素を活用するのもオススメ。苦手な野菜を摂取するためにバナナやハチミツなどを加えて少し甘めの味付けにするのも良い方法ですね。肌にいい飲み物を活用して肌荒れ知らずの美肌を手に入れましょう。

 

まとめ

肌にいい飲み物とは

・ 甘酒で作るバナナとレモンの豆乳ジュース
・ αーリノレン酸入りトマトジュース
・ りんごの酵素ジュース
・ ビタミン豊富な果物とハチミツのミックスジュース
・ お肌に嬉しいグリーンジュース

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c