倦怠期の乗り越え方を学んで、より深みのある関係を築く秘訣

倦怠期の乗り越え方を学んで、より深みのある関係を築く秘訣
彼氏との付き合いが長くなり倦怠期に入ると、倦怠期の乗り越え方を学んで以前のようにラブラブな関係を取り戻したいと考える人もいますよね。倦怠期を乗り越えるためには、なぜ倦怠期が起こるのかを知る必要があります。

倦怠期の原因は、彼氏と付き合い始めの頃に、相手を理想化してしまっていたこと。恋愛の最初は彼氏を好きな気持ちがとても強いので、彼氏のいいところばかりを目にしがちです。しかし付き合う期間が長くなってくると、現実が見えてきて理想と現実のギャップを感じることでしょう。

そのギャップが倦怠期となってしまいます。しかし、実は倦怠期は悪いことではありません。むしろ二人の関係を良くする潤滑油となるんですよ。そこで今回は、倦怠期の乗り越え方を学んで、より深みのある関係を築く秘訣についてお伝えします。

 

倦怠期の乗り越え方を学んで、
より深みのある関係を築く秘訣

 

新しい体験を二人で共有しよう

まず一つ目の倦怠期の乗り越え方は、「新しい体験を二人で共有しよう」です。倦怠期に陥る原因の1つに、二人の関係性のマンネリ化が考えられます。付き合いが長くなってくると、デートがパターン化してしまうことはよくありますよね。

二人でいても同じことの繰り返しだと、どうしても飽きてきてしまいます。その状況が長く続くほど「二人でいても楽しくない」という気持ちになり、倦怠期に陥ってしまうのです。

このマンネリ化を脱出するには、今までにしたことのない新しい出来事を二人で体験してみましょう。倦怠期の乗り越え方として特におすすめなのが、旅行に行くこと。旅行というのは非日常体験の1つなので、それまで二人で行ったことがあっても、とてもワクワクする体験となります。

旅行先が今まで行ったことのない場所なら、より新しい体験となり、二人の関係性もグッと近づくことでしょう。

 

気持ちを言葉にして二人でよく話し合おう

二つ目の倦怠期の乗り越え方は、二人でよく話し合うことです。彼氏との付き合いが長いと、気持ちを言葉にしなくても相手に伝わっていると勘違いしがちです。しかし、どんなに長い付き合いであっても、彼氏とあなたは違う人間。考えていることが全てわかるわけではありません。

それなのに「言わなくてもわかるはずでしょ?」という気持ちでいては、二人の関係に波風が立ってしまい倦怠期に陥ってしまいます。倦怠期を乗り越えるためには、まずあなたの気持ちをしっかりと言葉にして伝えましょう。

あなたの気持ちをしっかりと伝えることで、倦怠期に陥ってしまった原因がわかることも。倦怠期を乗り越えるためには、二人でしっかり話し合いをして倦怠期の原因を取り除く努力をすることも大切です。

 

相手を褒めたり感謝しよう

倦怠期の乗り越え方、三つ目は相手を褒めたり、相手に感謝することです。付き合い初めの時には、小さなことでも彼氏を褒めたり感謝の気持ちを言葉にしますよね。人間は誰でも、褒められたり感謝されたりすると嬉しいもの。それが好きな人からだと、とても幸せな気持ちになります。

しかし付き合いが長くなってくると、なれ合いの関係になってきて、些細な気遣いを忘れてしまいがちです。「最近なんだか大切に扱われていない」と感じるのは、この気遣いをされていないからなのです。このことが倦怠期の原因になることもあります。

倦怠期を乗り越えたいなら、意識して相手のいいところを探して褒めましょう。そして小さなことでも感謝の気持ちを忘れず、その気持ちを言葉にして伝えてください。

 

自分磨きをしよう

四つ目の倦怠期の乗り越え方は「自分磨きをしよう」です。付き合い初めの頃は、服やメイクにも力を入れて自分をキレイに見せようとしますよね。彼氏に少しでもキレイな自分を見てほしい、かわいいと言われたい、という気持ちから、一生懸命自分磨きをするでしょう。

彼氏も、あなたが自分のためにキレイになろうと努力している姿を見て、愛おしいと感じますし、「俺って特別なんだ」という気持ちになります。

しかし付き合いも長くなってくると、身の回りに気を使わなくなり自分磨きを止めてしまう人も。すると彼氏も自分を大切にされていないと思うようになり、あなたへの気持ちも少しずつ薄れてきて倦怠期を迎える原因となります。

ですから、倦怠期に入ってきたと思ったら、もう一度自分磨きに力を入れましょう。あなたが自分磨きをするようになると、キレイになったあなたに惚れ直すこと間違いなしです。

 

一人の時間を大切にしよう

倦怠期の乗り越え方、最後の項目は「一人の時間を大切にしよう」です。倦怠期に入ると、どうしても彼氏と一緒にいる時間が短くなります。一緒にいられなくてモヤモヤすることも多いですよね。そういう時には、気持ちを切り替えて一人の時間を大切にしましょう。

長い間会っていなかった友人と遊んだり、やってみたかった習い事を始めてみたり。彼氏と離れて一人の時間を楽しむことで、改めて彼氏の存在の大きさに気付くという人は多いものですよ。そして、その思いは彼氏も一緒かもしれません。

お互いの存在の大きさを改めて知ることで、自分の気持ちを再確認することもできます。倦怠期を迎えてしまったら、一緒にいられないことにモヤモヤするのはやめて、一人の時間を思いっきり楽しんでみてください。

 

いかがでしたか。今回は、倦怠期の乗り越え方を学んで、より深みのある関係を築く秘訣について、お伝えしてきました。実は倦怠期を迎えることは、決して悪いことではありません。むしろ、二人の関係がより深まっていくために必要な時期なのです。

付き合い初めの頃と違い、だんだんとお互いの素の部分が見えてくるのが、倦怠期の時期ですよね。この倦怠期を乗り越えて、お互いの素の部分も丸ごと愛せるようになれば、二人の関係はより深くなっていくことでしょう。

倦怠期をネガティブに捉えるのはもう終わり。倦怠期を前向きに考えて行動すれば、あっという間に倦怠期も乗り越えることができます。そして乗り越えた先には、二人の幸せな未来が待っているに違いありません。

まとめ

倦怠期の乗り越え方とは

・ 新しい体験を二人で共有しよう
・ 気持ちを言葉にして二人でよく話し合おう
・ 相手を褒めたり感謝しよう
・ 自分磨きをしよう
・ 一人の時間を大切にしよう


連記事