片付けのコツをつかんで快適な部屋で暮らす5つの方法

片付けのコツをつかんで快適な部屋で暮らす5つの方法
疲れて帰ってくると散らかり放題の部屋……うんざりするけど忙しさにかまけて片付けできない、コツさえあれば!とつい考えてしまいますよね。

でもよく部屋を見回してみてください。ちょっと気を配るだけで、実は部屋が見違えるようにきれいになっちゃうんです。忙しくても、なかなか時間が取れなくても大丈夫。

掃除機などはちゃんと時間をかけてかける必要がありますが、片づけだけならコツをつかめば、日々の積み重ねさえ意識すればどうにかなります。

そこで今回は、わざわざ長時間かけなくてもよいような、片付けのコツをつかんで快適な部屋で暮らすための5つのポイントについてお伝えします。まずは何から始めようか、軽く計画を立ててみましょう。



 

片付けのコツをつかんで
快適な部屋で暮らす5つの方法

 

床に物を置かないようにしましょう


片付けのコツは「床に物を置かない」ことです。つい手の届く範囲に物を置いたり「収納場所がない」「片付けるのがめんどくさい」と床に散らかりっぱなしにしてしまったりしていませんか?

床に物がなくなるだけで、部屋は半分片付いたも同然です。とりあえず片付けるコツとして、箱を複数用意し、「よく使うもの」「後でしまうもの」「服類」などなどを分けて入れるように習慣づけてみましょう。

そうすればすべてが箱に入りますから、必然的に床になにかが散らばっているという状態からは脱却することができます。箱は部屋の隅に置くようにするとなおよいですね。

 

物の定位置を決めましょう


部屋を片付けるコツは「物の定位置を決めること」です。定位置を決めてあげれば、必ず物をそこに戻そうとする心理が働きますし、物の数をちゃんと把握することができるため、無駄な買い物が減ります。

無駄な買い物が減れば無駄に物が増えることもなくなりますから、部屋が物であふれかえることもなくなりますよね。

物を増やさないことは片付けのコツにつながりますから、部屋がすっきりするだけでなく、収納場所にも余裕ができますし、掃除もしやすくなるので、より「片付いているきれいな部屋」に近づけることができますよ。

 

短時間で一気に片付けましょう


片付けを始めるときはある程度モチベーションがあがっていますから、ついあれもこれもと手を出したくなります。しかし片付けのコツは「短時間で終わらせること」です。

時間が長くなればなるほど、モチベーションは下がる一方。結局なにも終わらないままになってしまいかねません。片付けのコツは一気にすべてを終わらせようと思わないことです。

「今日は服を片付けよう」「今日は本を片付けよう」という具合に、1つの物を短時間で、その代わり最後まで整理するよう心がけましょう。時間ばかりかけて中途半端にしないように気をつけてくださいね。やるからには最後まで!です。

 

断捨離をしてみましょう


物が多ければ必然的に部屋が散らかる確率も高くなります。片付けのコツは「余計なものを増やさない」ことと「要らないものは潔く捨てる」ことにありますから、この際断捨離も行いましょう。

捨てるかどうか迷っているもの、いつか使うと思っているものなどはここでさっぱり処分してしまうとよいですよ。「いつか使う、のいつかは永遠に来ない」と念頭に置くと、片付けのコツもつかみやすくなるというものです。

捨てるに忍びないものは寄付をしたりオークションやリサイクルショップで売ってしまったりしてもよいですね。断捨離した後も、不要なものはすぐに処分する癖をつけると、部屋も散らからなくて済みます。

 

片付けは座る前に行う習慣を付けましょう


片付けの最大のコツは「習慣づけること」にあります。外から帰ってきてすぐに、着ていた上着や荷物をポンと山積みにしたり放り投げたりしていませんか?これでは片付くはずがありませんよね。

ですが玄関から部屋までの間の動線に沿って、ハンガーやフックなどをうまく利用して収納場所を作ってしまえばいつもの動きのついでに片づけをすることができちゃうんです。

また、一度腰を落ち着けてしまうと、動くこと自体が億劫になってしまいますから、帰って来た時など、目についたらその時その場で片付けることで、きれいな部屋を保つことができます。

動線に沿ってバッグや上着などを収納し、目についたものは座る前に定位置に戻す、もしくは捨てる!これを習慣づけることできれいな部屋を保てるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。片付けのためにまとまった時間が取れればそれに越したことはありませんが、短時間でも片付けのコツさえつかんでしまえばしっかりと部屋をきれいにすることができるとお分かりいただけたのではないでしょうか。

片付けのコツはとにかく「習慣」です。特別なことをしなくても、物は元の位置に戻せばそれで十分ですし、細かなものが目につかないように気を付ければ部屋はまとまって見えます。

収納グッズに頼らなくても、不要なものを処分すればそれだけスペースも心の余裕も生まれますよね。片付けを一大イベントにする必要はありません。常日頃からやっていれば大掃除すらもする必要がなくなるでしょう。ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

片付けのコツ5つ

・ 床に物を置かないようにしましょう
・ 物の定位置を決めましょう
・ 短時間で一気に片付けましょう
・ 断捨離をしてみましょう
・ 片付けは座る前に行う習慣を付けましょう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c