女子の人間関係を理解して、円満に仕事をする5つのコツ

女子の人間関係を理解して、円満に仕事をする5つのコツ
時として家事育児・業務内容そのものよりも複雑なのが女子の人間関係。気を遣ってくたくたになってしまう人もいるかもしれませんよね。

女子の人間関係で大切なのは波風立てないようにふるまうのはもちろん、相手に「私は敵ではありませんよ」「味方ですよ」と伝え続けることなのです。

……ああめんどくさい。とはいえ四六時中相手にしないわけにはいきません。連携しなくては何事もうまく回せない場面だって多々あります。

そこで今回は、女子の人間関係の特性を理解してうまくこなしていくためのコツをお伝えします。顔で笑って時に心で毒づいて「大人のお付き合い」を念頭に、華麗にかわしてこそ一人前の女。一人悩みを抱えるのは今日ここで終わりにしちゃいましょう。



 

女子の人間関係を理解して、
円満に仕事をする5つのコツ

 

「共感」は連帯感を深める大事な要素です。


女子の人間関係で大切なのは連帯感。連帯感を作るのに必要なのが「共感」です。女性は共感を得られると満足しますし、共感してくれた相手を憎く思うことはあまりありません。

女子の人間関係においても「(ある程度)あなたと私の考えは似ています」とアピールできるため、雰囲気を損なわずにすむでしょう。

逆に頭ごなしに否定すると心理的に距離が開きますし、できあがっている雰囲気を乱す不穏分子として警戒されてしまいます。

「こいつとはつきあいきれないな」と切り捨てる覚悟ができた時なら別ですが、とりあえずうまくやっておきたい相手ならいったん受け入れて共感する姿勢を見せておくとよいですよ。

 

ピンポイントで「ほめる」と好感度をあげることができます。


誰だって評価されれば嬉しいものですし、誰にだって1つくらいは長所があります。女子の人間関係を円滑にしたいなら、「いいな」と思ったら素直にほめてみましょう。

一番ほめやすいのは髪形やファッション。ネイルなど目に見える部分ですよね。「かわいい」も手軽なほめ言葉ですが「デザインが素敵」「色合いがあなたに似合っている」など、あてはまる事柄と組み合わせて使うことでより好印象を与えることができますよ。

さらに人間が嬉しいと感じるのは「内面を認めてもらえたと実感できたとき」です。ひそかに頑張っていることや力を入れていることに対して注目されると「この人はわかってくれている」と好感を抱きやすくなります。

女子の人間関係をうまくまわすなら観察力をみがいてみましょう。たとえ最初は打算でも、苦手だと思っていた人の印象を変えることだってできるかもしれませんよ。

 

喧嘩やいざこざに対しては「中立」を貫きましょう。


女子の人間関係で大事なのは共感や賛同ですが、喧嘩やいざこざに対しては中立の立場を貫くようにしましょう。

なんとなく八方美人な気がしてしまうかもしれませんが、どちらかに肩入れしたばかりにもう一方と険悪になる可能性は否定できませんし、いざ喧嘩していた当事者が仲直りしたときに「あの時(あなたが)こう言っていた」と余計なとばっちりをくいかねません。

女子の人間関係はどこでどう発言が取りざたされるかわからないところが怖いのです。意見を求められるかもしれませんが、その時も「私は当事者じゃないからわからないけれど」「その場に居合わせたわけではないからあくまでも一方的な意見になるけど」などワンクッションおくようにして、防衛することを心がけてくださいね。

 

悪口雑言は軽く耳に入れてあとは「スルー」しちゃいましょう。


女子の人間関係の潤滑油、とばかりに他人の悪口や嫌味などを吹聴し、それに同意させることで連帯感を強めようとする人がいます。

まさにいじめの構図、陰湿なのは大人の世界も子供の世界も変わらないのかもしれません。しかしここで積極的に話に参加するのはやめておきましょう。

この手のタイプの女性は悪口や噂の発端を平気で他人になすりつけます。下手をするとただ頷いただけなのに「あの人が積極的に悪口を言っていた」と当事者に告げ口することだってあるのです。

あなた自身もその被害にあうかもしれませんよ。そっとその場を離れるのも1つの手ですが、陰湿な女性はその場にいない人間を攻撃するので毎回となると陰口を誘発しかねません。

他人を貶めて持続する女子の人間関係なんて、と辟易しますがここは「へぇ、そうなの?よくわからないや」とスルーするのが一番です。

 

なにごとも「適度に」「適当に」が大切です。


女子の人間関係につきものなのが気遣いと時間、資金力。おそらくたいていの女性が「めんどくさい」と思っているはずなのになぜか開催されるランチ会や飲み会などなど……それでもすべてに出席していればストレスはたまる一方です。

女子の人間関係は社交辞令と割り切って、適度に「用事」を作りましょう。また、全員と密に仲良くなる必要はありません。お互いに険悪にならないよう配慮して、浅くてもある程度の関係ができていればそれで十分。

よっぽど強い思い入れがあるグループでなければ、所詮「少ない共通点のみで寄せ集まった集団」なのです。そこだけがあなたの世界のすべてではないことを忘れないでくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。男性に対する気遣いとはまた別の配慮が必要になってくるのが女子の人間関係、自分自身を曲げるみたいで居心地が悪いと感じている人もいるかもしれません。

ですがこれも処世術と割り切って、まずはあなた自身がストレスフルにならないように防衛していきましょう。同時に「一人の時間も大切にする」のがポイントです。

女子の人間関係に悩む人のなかには、ひとりぼっちになることを恥ずかしいと思ったり疎外感を感じて辛いと思ったりするケースもあるようです。

しかし、その人間関係があなたのすべてではありません。うまく距離感を保つのも1つの手、柔軟性を養えばまた違った人間関係が見えてくるかもしれませんよ。わざわざ群れていなくたって良いのです。肩の力を抜いて、気を楽にするところから始めましょう。

まとめ

覚えておいて損はない、女子の人間関係を構築するコツ

・ 「共感」は連帯感を深める大事な要素です。
・ ピンポイントで「ほめる」と好感度をあげることができます。
・ 喧嘩やいざこざに対しては「中立」を貫きましょう。
・ 悪口雑言は軽く耳に入れてあとは「スルー」しちゃいましょう。
・ なにごとも「適度に」「適当に」が大切です。



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c