男性心理を学んで同僚との仲を円満に保つ5つの方法

男性心理を学んで同僚との仲を円満に保つ5つの方法
女性にとって男性心理ほど、難しく理解しがたいものはありません。「どうしてこんな些細なことでつむじを曲げるの?」ということばかりですよね。

とはいえ、「理解できないものは理解できません」で済まないのが、会社や職場です。同僚との仲を円満に保ち、仕事をスムーズに進めるためには、男性心理を理解しておくに越したことはありません。

男性心理を学んでおけば、思いがけない場面で同僚の反感を買ったりすることもなくなるし、うまくいけば同僚をうまく操って仕事を自分のペースで進めることも可能!

あなたの仕事がうまくいくかどうかは、どれだけ男性心理を理解できているかにかかっているというわけです。ということで、ここでは男性心理を学んで同僚との仲を円満に保つ方法をお伝えします。



 

男性心理を学んで
同僚との仲を円満に保つ5つの方法

 

他の男性同僚と比較しない


女性の同性に対する嫉妬は怖いなんてよく言いますが、男性の同性に対する嫉妬はある意味、女性のそれよりも根深いことがあります。

男性心理では、嫉妬とは競争のこと、動物的にはメスよりもオス同士の方がシビアな競争にさらされていますから、男性の嫉妬が女性よりも怖いのはある意味、当たり前のことですよね。

生存競争しかり、メスをめぐっての戦いでも、オスは常に他のオスと戦っています。人間のオスにとって、生存競争やメスをめぐっての戦いの場は会社であり職場!ここでの評価は女性よりも男性の方がずっと気にしています。

男性の同僚との仲を円満に保つためには、この男性心理を刺激しないこと、雑談やお酒の席で同僚本人と他の同僚を比較したり、「彼に比べてあなたはここがだめだ」なんて言わないことです。

あなたが男性同僚の上司であれば部下を評価することもまた業務の一つですが、そうでないのなら、口は慎んだ方がよいでしょう。

 

男性同僚の自慢話には付き合う


男性心理において、会社は戦いの場、そこで「自分はこんなに強いんだぞ」「こんなこともできるんだぞ」とアピールすることはいわば本能の一種です。

それが、会社の業務とは一切関係のない、たとえば「昔はやんちゃだった」「喧嘩が強かった」という自慢でも、男性は自慢話を通して自分の能力を周囲にアピールしています。

この自慢話を遮ったり、「そんなのちっともすごくない」なんて言ってはいけません。男性同僚との仲を円満に保ちたければ、彼に心ゆくまで自慢話をさせてあげましょう。

 

上から目線での助言・アドバイスはしない


女性は友達や同僚など、横のつながりを大切にします。一方の男性、男性心理では自分が群れの中でどのくらいのポジションにいるのかが重要!そのため、男性の社会は縦社会です。

自分よりも上のポジションにいる上司からの助言は素直に受け入れることができますが、自分よりも下のポジションにいる部下からの助言はなかなか受け入れることができません。

さらに、自分と同じポジションの同僚に上から目線で助言された日には……受け入れるどころか、その日は悔しくて眠れないでしょう。

男性同僚との仲を円満に保ちたいときには、彼に上から目線で助言しないこと、どちらかといえば下手に立って「お願いする」という形で助言した方が仕事はスムーズに進みます。

 

プライベートの話を無理に聞き出さない


女性に比べ、男性は会社で家族やプライベートの話をしたがらないですよね。男性心理では、女性よりも明確に「内(家族やプライベート)」と「外(会社、仕事)」の区別がついているためでしょう。

また、家族やプライベートの話をすることは自分の弱みを見せるということ、女性よりも会社や社会に対して警戒心の強い男性心理により、男性は会社では秘密主義を貫きたい方が多いです。

男性同僚との仲を円満に保ちたいのであれば、本人の話したがらない家族やプライベートの話を無理矢理聞き出したり、「秘密にするということは何かやましいことがあるのでは」なんて穿った見方をしないことです。もちろん、本人が話したがりの場合は、話を聞いてあげてくださいね。

 

男性同僚の意見は「YES→BUT」で対応する


男性は女性に比べ、否定されることを深刻なものと捉えがち、意見を却下されただけで男性は自分の全人格が否定されたことと考えてしまいます。

男性同僚の意見を却下するときには、いきなり「NO」と突き付けてはだめ、男性心理を刺激しないようにひとまず「YES」「そういう考え方もあるよね」「その手もあったか」と相手の意見を肯定してから、「BUT」「でも今回はこうした方がいいんじゃない?」「この部分はもうちょっと改善できそうだね」と持っていくようにしましょう。男性のプライドを傷つけずに、仕事の軌道修正をはかることができます。

 

いかがでしたか。

以上が、男性心理を学んで同僚との仲を円満に保つ方法についてでした。上記の通り、男性は女性が思っている以上に、自分の評価や同僚との競争を意識しています。

男性心理において、勝った負けたはとても重要なことなのです。同僚との仲を円満に保ちたい方、男性のこの競争心を刺激しないようにしましょう。

本人の前で競争相手をほめたり、比較して「君は○○に比べてここがだめだね」と言ったりしてはだめ!その瞬間、職場に不穏な空気が流れ始めてしまいます。

さらに、男性心理では、「意見を否定される=人格を否定される」と考えてしまいがち、同僚の意見を却下するときには言葉遣いに気を付けてください。同僚のプライドを傷つけないよう、相手の意見を「受容」してから、まずい点を指摘することが大切です。

 

まとめ

男性の同僚との仲を円満に保つには

・ 他の男性同僚と比較しない
・ 男性同僚の自慢話には付き合う
・ 上から目線での助言・アドバイスはしない
・ プライベートの話を無理に聞き出さない
・ 男性同僚の意見は「YES→BUT」で対応する

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c