症状別、体にいい食べ物で健康になるポイントを解説

症状別、体にいい食べ物で健康になるポイントを解説
健康を維持するには体にいい食べ物は毎日欠かせません。しかしいくら頑張っても体調が悪くなる時ってありますよね。病気の改善や、予防は毎日食べるもの次第。健康は心身ともにバランスが取れた状態です。

疲労が溜まっている時などは健康を害しやすい為、特に食生活には注意が必要です。近年不規則な食生活をしている方は増えています。

体調を崩さない為にも日頃から健康効果のあるものを食生活に取り入れましょう。体にいい食べ物といっても、それぞれの栄養価や効果によって食べるタイミングも異なります。

健康のバランスを保つ体にいい食べ物は、気になる症状別に選ぶのが大切なポイントなのです。では早速ですが、健康状態によってどんな栄養が必要になるのか、ぜひ摂取したい体にいい食べ物を症状別にお伝えします。



 

症状別、体にいい食べ物で
健康になるポイントを解説

 

疲労回復はにんにくのアリシンが効果あり


体にいい食べ物の種類は豊富ですが、健康効果を実感するには体の症状に合わせて食べ物を選ぶ点が大切なポイントです。

まずは疲労回復。毎日忙しい生活を繰り返しているとついつい溜まってしまうのが疲労。朝すっきり目が覚めない方は多いですよね。

そこで体にいい食べ物でまずご紹介したいのが疲労回復効果のあるにんにく。にんにくの滋養強壮効果は大変有名ですが、成分のアリシンには殺菌効果も高い為、風邪予防にもたいへんメリットになります。

またビタミン類と同時ににんにくを食べると疲労回復効果もさらにアップします。一日1個のにんにくは元気の源です。

 

胃腸不良はヨーグルトの善玉菌効果で活発に改善 


健康な体を維持するには胃腸環境が正常でないといけません。ストレスなどより胃腸の働きが不安定になる方や、生活習慣や食生活で腸内環境が悪い方は大勢いますよね。

食欲不振や胃痛などの胃腸のトラブルがある場合には善玉菌が多いヨーグルトがオススメです。乳酸菌には腸内の悪玉菌を抑える働きがありますので、腸の活動を活発にして老廃物を排出する効果があります。

便秘で悩んでいる方にはヨーグルトはお馴染みの食べ物。しかし乳酸菌は熱に弱い為、継続して食べないと善玉菌の本当の効果は実感できません。またキムチや納豆などの発酵食品にも善玉菌が多いのでオススメです。

 

女性の健康は大豆のパワーでホルモンバランスが改善  


女性の体にいい食べ物はホルモンのバランスを整えるもの。生理痛や生理不順、そして不妊や更年期障害など女性特有の悩みを抱えている方は多いですよね。

女性の体はホルモンのバランスと密接な関係があり、年齢とともに分泌量が減少しています。そこでオススメしたいものが大豆。

大豆の成分イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする特徴がありますので、生理痛の緩和などに効果があります。

またビタミン類が不足してしまうと女性の肌のトラブルになりますので、果物や野菜類、そして食物繊維が豊富な食べ物を積極的に食べましょう。

 

関節痛にはコラーゲンたっぷりの鶏手羽先で予防対策


辛い腰痛や膝の痛み。これらの関節通は湿布を貼ってもすぐには改善しません。体にいい食べ物ではこのような気になる体の痛みに効き目のあるものがありますので、症状改善のために食べましょう。

関節の痛みの原因になるのは関節のクッション部分の働きが弱くなっている為。そこで食べたいのがネバネバ成分のオクラや山芋などの食べ物です。

また動物の軟骨類にも多く含まれているグルコサミンと呼ばれる成分には関節を丈夫にする効果がありますので、加齢による関節痛、スポーツをする方などもオススメです。

またお肌にもよいコラーゲンやヒアルロン酸は豚肉や鶏の手羽先に多く含まれている為、関節痛の予防に食べましょう。

 

メタボは野菜の食物繊維で血液サラサラ効果あり


心筋梗塞や高血圧、糖尿病は生活習慣病と呼ばれ、近年患者さんの数も増加しています。その予防のためにも健康診断でメタボ検診が行われていますよね。

メタボは内臓脂肪の量を調べるもので、食生活や生活習慣が原因になるといわれています。脂質や糖質を過剰摂取すると血中のコレステロールが増加し、生活習慣病のリスクも増えてしまいます。

そこでメタボを予防する体にいい食べ物が野菜類です。野菜には食物繊維が豊富でしかも体を構成するビタミン類もバランスが高いことが特徴です。代謝量を増やして脂肪燃焼にメリットがあるため、メタボが心配な方は野菜類を意識して食べましょう。

 

いかがでしたか。

症状別に体にいい食べ物を選ぶことは健康を維持する為の最初のステップ。気になる症状は薬を飲んで治すのも可能ですが、できれば食べ物の自然の栄養で健康管理をしたいですね。

ついつい見逃してしまう疲労をはじめ、現代の私達には健康をもっと意識した生活をすることが求められています。わずかな変化でもすぐに気が付くように、日頃から体調管理を行いましょう。

そして体にいい食べ物を食生活に上手に取り入れて、いつまでも元気で健やかな人生を送ってください。美味しいものを食べて満足することはとても楽しい事ですが、健康のためには栄養価をもっと意識した食生活も重要です。早速今日から自分に必要な、体にいい食べ物を探してみましょう。

 

まとめ

体にいい食べ物で健康になるには

・ 疲労回復はにんにくのアリシンが効果あり
・ 胃腸不良はヨーグルトの善玉菌効果で活発に改善
・ 女性の健康は大豆のパワーでホルモンバランスが改善
・ 関節痛にはコラーゲンたっぷりの鶏手羽先で予防対策
・ メタボは野菜の食物繊維で血液サラサラ効果あり

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c