好かれる性格にすぐなれる、5つのコミュニケーション術

好かれる性格にすぐなれる、5つのコミュニケーション術
周りに一人くらいは、誰にでも好かれる性格の人っていますよね。そういう人は、たいていいつも笑顔でさわやかです。そんな人になりたいけど、性格は生まれ持ったものだから変えられないと思っていませんか。

実は、誰にでも好かれる人には、共通点があるのです。それは、コミュニケーションの取り方が上手ということなんです。誰にでも好かれる人の周りには、たくさんの人が寄ってきます。その人たちと上手にコミュニケーションを取っているからこそ、人に好かれているのでしょう。

もし、そのコミュニケーションの方法を知ることができたら、あなたもみんなに好かれる性格になれることでしょう。ここでは、みんなに好かれるためのコミュニケーションのポイントを5つお伝えします。



 

好かれる性格にすぐなれる、
5つのコミュニケーション術

 

ポジティブな言葉を使おう


誰にでも好かれる性格の人のほとんどは、ポジティブな言葉を使います。例えば、ありがとうや幸せ、ワクワクする、大丈夫など、使うと心がぽかぽかするような言葉です。

こういった言葉を使うと、その人の雰囲気は明るくなります。明るい雰囲気は、人を引き寄せるオーラを作り出すので、周りに人が寄ってきます。

はじめは恥ずかしいと思っても、意識的にポジティブ言葉を使ってみてください。何回も使い続けると、なんと自分の脳に自己暗示をかけることができるんです。

ポジティブな言葉を使い続けることで、自分自身もポジティブな人間と変わっていくことでしょう。誰にでも好かれる性格になるためには、ぜひ積極的にポジティブ言葉を使っていきましょう。

 

褒め上手になろう


人に褒められて嫌な人はいませんよね。たいていの人が褒めてくれた人に対し、好意的な感情を持つことでしょう。でも、どうやって褒めたらよいのか、わからないという人も多いのでは?

褒め上手になるには、まず自分を肯定することが大切です。人に好かれる性格になりたいと思ったら、自分を好きになることから始めてみましょう。

自分を好きになると、相手の良いところに目が行くようになりますので、褒めるポイントに気が付くことができるようになることでしょう。褒めどころに気が付いたら、今度は具体的に素直に褒めます。

例えば、髪型が変わった人に対し、「その髪型良く似合っていて素敵ですね」といった感じです。また、直接褒めることが苦手でも、「〇〇さんがあなたのこと褒めていましたよ」と人づてに褒める方法もあるので、試してみるとよいでしょう。

 

挨拶は笑顔で自分から


挨拶は人付き合いの基本ですよね。自分から挨拶ができる人は、周りから好印象を持たれます。さらに、にこりと素敵な笑顔を見せられたら、とても幸せな気持ちになることでしょう。

好かれる性格の人というのは、周りを幸せにしてくれます。ですから、人に好かれたいと思ったら、まずは自分から挨拶してみましょう。

挨拶するときには、「おはようございます」などの挨拶言葉だけでなく、もう一言「今日は暖かいですね」などと付け加えると、印象がぐっとよくなります。そこから会話が弾むこともありますので、相手との距離も近づくことでしょう。

人に好かれるかどうかは、ある程度近い距離になって初めて判断されますよね。相手との距離を縮めることも、好かれる性格になる一歩となることでしょう。

 

聞き上手になろう


人というのは、相手に自分の話を聞いてほしいと常々思っているものです。話しているうちにどんどん言葉が出てきたり、今日はいつもより話が盛り上がったと感じた経験ありませんか?

そういう時というのは、話が上手だったというより、聞き手が上手だった場合でしょう。聞き上手な人は、相手の言いたいことを上手に引き出すことができます。

聞き上手になるには、相槌の打ち方がとても大切になるでしょう。話の内容にあった相槌を打つことで、相手は話を聞いてもらえていると安心することができます。

さらに良いタイミングで質問をすると、話が広がってくるので、相手も気分良くなり、どんどん話してくれるようになりますよ。

また、話を聞いてくれるということは、自分を認めてくれていると感じることにつながるので、相手に対する信頼が生まれます。

信頼できる相手には、好感が持てますよね。聞き上手になって、相手に信頼してもらえることで、好かれる性格になりたいものです。

 

どんな人にも平等に接しよう


誰とでも平等に接している人は、自分に自信を持っています。自分に自信を持ち、しっかりとした芯があるからこそ、どんな人とも平等に接することができるのです。

ぶれない人というのは、好かれますよね。とはいえ、いきなり自分に自信を持つことは難しいかもしれません。そんなあなたでもできることは、相手を敬う気持ちで接することでしょう。

どんな相手でも、上や下に見ることなく、尊敬の念を持って接すれば、その心は通じます。何かをしてもらったら、それが例え小さなことであっても、感謝の気持ちを言葉にする。そういうことから始めてみませんか。

自分にできることを積み重ねていけば、徐々にどんな人にも平等に接することができるようになりますよ。誰とでも平等に接するということは、好かれる性格になるためには、欠かせないものです。

 

いかがでしたか。人に好かれて困る人はいません。むしろ、嬉しいものです。もし誰にでも好かれる性格になれるとしたら、これからの人間関係も円滑に進み、幸せな気持ちで毎日を送ることができることでしょう。

また、誰にでも好かれる性格の人は、相手の立場になって考えることができます。相手の立場になって考えらえるようになると、自然と相手を思いやる気持ちも生まれます。

思いやりのある人だからこそ、誰にでも好かれているのでしょう。今回紹介した5つのポイントは、思いやりの気持ちを育てるためのポイントでもあります。

普段から思いやりを意識して行動することで、自然と好かれる性格になっていくことでしょう。いつも思いやりの心を持って人と接することで、これからのあなたの人生をキラキラ輝いた素敵なものにしてください。

まとめ

すぐに好かれる性格になれるコミュニケーションとは

・ ポジティブな言葉を使おう
・ 褒め上手になろう
・ 挨拶は笑顔で自分から
・ 聞き上手になろう
・ どんな人にも平等に接しよう



1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c