就活で失敗しない為に、知っておくべき5つの事

就活で失敗しない為に、知っておくべき5つの事
就活で失敗するのは辛いですよね。友達が次々内定をもらっているのに自分だけ就職活動が終わらない、面接では緊張のあまり挙動不審な行動に走ってしまい面接官に冷たい目で見られてしまう、そうこうしているうちに就活シーズンが終わってしまった、

なんてことになったら……どこにも受け入れてもらえなかった自分が情けないだけでなく、先の見通しが立たず将来に絶望してしまいます。まさにお先真っ暗!日本ではまだまだ新卒信仰が強く残っていますから、就活での失敗は許されません。

就活で失敗しない為には、就活が始まる前に就活のコツや注意すべき点を知っておくことが大切です。ですので、ここではこれから就活を始める方のために、就活で失敗しない為に知っておくべき5つの事をお伝えします。



 

就活で失敗しない為に、知っておくべき5つの事

 

就活は「内面1割、外見9割」、身だしなみは整えること


就活で失敗する就活生の多くは「人間は中身が大切」という言葉に騙されています。就活においては、「内面よりも外見」であり、面接での評価ポイントは「内面1割、外見9割」です。

就活で失敗しない為に、まずは身だしなみを整えましょう。日本の就活では、一部の業界を除いて、身だしなみで個性をアピールする必要はありません。

無難なリクルートスーツ、髪は黒髪でさっぱりと、メイクも控えめに、「いつでも就活雑誌の表紙を飾れるぞ」というくらいのTHE就活生スタイルで就活に臨んでください。

 

面接に向けて、マナーや礼儀を身につけておくこと


就活で失敗しない為には、身だしなみと同じくらい「マナー・礼儀」が大切です。ここでいうマナーや礼儀とは、ビジネスマナーのことではありません。

もちろんビジネスマナーを身に付けておいて損はありませんが、それよりもごく一般的な、目上の人に対するマナーや礼儀の方が大切!名刺の向きや扱い方よりも、言葉使いの方がずっと大切ということです。特にマナーや礼儀を試されるのが「面接」です。面接までに、一般的な面接マナーを身に付けておきましょう。

言葉使いはもちろん、椅子に座ったときの姿勢、手の置き方、面接室に入室・退室するときのノックや礼の仕方など、面接マナーには気を付けなければいけないポイントが多いので、ぶっつけ本番ではなかなかうまくできません。面接前には、セミナーや就活塾に通う、自宅で一通りの動きを確認しておくなどの準備を必ずしてください。

 

就活生に求められているのは「若さ、フレッシュ感」、受け答えはハキハキとすること


面接では質問に対する答えの内容ももちろん大切ですが、それよりも大切なのが、「ハキハキと元気に答えること」です。

就活で失敗続きの方、面接でボソボソとしゃべったり、まるで老人のように背中を丸めて受け答えしていませんか?就活では若さを「これでもか」というくらいアピール、面接官のおじさんから「暑苦しいぞ」と言われるくらい、元気にハキハキとこたえるとよいですよ。

 

インターンには積極的に参加!インターンで他の就活生と差を付けること


最近では、本格的な就活が始まる前に、インターンを実施する会社が増えています。インターンの時期には、まだ「就活したくない」「就活はまだまだ先」という気分が先に立って、なかなかインターンに参加する気にならないという方も多いでしょう。

しかし、就活はインターンから始まっています。会社はインターンからすでに就活生の選定を始めているのです。インターンに行かないということは、つまり、就活のチャンスを一回捨てたということ、これはとてももったいないことですよね。

就活成功のコツは、インターンで他の就活生と差をつけること!インターンには積極的に参加しましょう。第一志望のインターンへの参加は必須です。

 

会社の基本情報は頭に入れておくこと


就活では、会社に自分をアピールすることが大切!そのため、「自分の長所をどんな言葉で表現しよう」「どうやって面接官の印象に残ろうか」とそればかりに頭がいってしまいますが、これこそが就活で失敗する罠!

「戦に勝つためにはまず敵を知ることから」、と言う通り、自分のアピールポイントを考える前に、まずは相手を知ることから始めましょう。会社の基本情報、最低限、四季報くらいは目を通し頭に入れておきましょう。

面接で「何をしている会社ですか」なんて間抜けな質問をすることはないようにしてください。また、相手のことを知っておけば、何をアピールすれば相手が喜んでくれるのか、相手に気に入ってもらえるのかも分かりますよね。そうすれば、面接でのアピールも上手にできるようになります。

 

いかがでしたか。

以上が、就活で失敗しない為に知っておくべき5つの事でした。上記の通り、就活でまず試されるのが「常識」と「マナー」です。

社会人としての常識が備わっているか、身だしなみをきちんと整えることができるか、マナーはきちんと身についているのか、このような点を人事担当者や面接官は見ています。

個性や能力は二の次です。就活が始まるまでに、社会人としてはずかしくない常識とマナーを身に付けておきましょう。

そのうえで就活とは、「自分は何ができて、何が人よりも優れているのか」など、自分を見つめ直すことであると同時に、社会の仕組みや会社の何たるかを知ることです。採用試験を受ける会社について研究するのはもちろんのこと、新聞や経済雑誌、業界紙を読んで、自分が目指す業界や社会について勉強しておきましょう。

 

まとめ

就活で失敗しない為に知っておく事とは

・ 就活は「内面1割、外見9割」、身だしなみは整えること
・ 面接に向けて、マナーや礼儀を身につけておくこと
・ 就活生に求められているのは「若さ、フレッシュ感」、受け答えはハキハキとすること
・ インターンには積極的に参加!インターンで他の就活生と差を付けること
・ 会社の基本情報は頭に入れておくこと

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c