ストレス解消法を取り入れて生活習慣病を予防する方法

ストレス解消法を取り入れて生活習慣病を予防する方法
ストレスが健康に悪いとわかっていても、実際は思うようにストレス解消法が見つからない場面が多いですよね。知らない間に蓄積されるストレスは心身の健康を乱す原因となり、最近は高血圧などの生活習慣病との関係も重要視されています。

そもそも生活習慣病は食生活や運動不足など生活の中で蓄積されることが原因といわれていますが、なぜストレスとの関係があるのかと不思議に思う人もいるでしょう。

でも、形のないストレスは人間の健康にダメージを与えるとても恐ろしいもので、多くの方がストレスがあることを知っていても何もせずに日常生活を送っています。

そして、何もしないまま引き起こされるのが生活習慣病なのです。そこで、本日はどのようにストレス解消法を行い病気予防をするか大切なポイントをお伝えします。

十分な睡眠時間を確保しましょう

ストレスは生活習慣病の原因になるといわれていますが、ストレスを抱えていると睡眠不足や不眠症を招く可能性があります。睡眠不足は疲労感を増やし自律神経が不安定になりますので、判断力の低下、イライラや不安が募る要因です。

また睡眠不足は交感神経を活発にし抗ストレスホルモンの働きにより血糖値が上がる、または副腎皮質ホルモンの材料になる悪玉コレステロールが増える要因になり、糖尿病や高血圧が悪化することもあるのです。

一日の疲れは質の高い睡眠で必ず解消すること、これが生活習慣病予防にもつながるストレス解消法になります。早寝早起きのリズムを作り、寝る前はテレビやスマホなどの明るい画面を避けて静かな音楽を聴くなど快適な睡眠環境を作りましょう。

 

運動不足を解消して血行改善しましょう

ストレス解消法には定期的な運動は欠かせないことのひとつです。つい忙しいから、疲れているからという言い訳で運動は日常生活のなかでも後回しになってしまいます。

運動不足になると血液のめぐりが悪くなり、高血圧、リンパの流れの低下など生活習慣病を招き、普段食べ過ぎの人は燃焼カロリーを増やすためにも運動を適度にプラスしないといけません。

健康作りは決して一日でできるものはありませんので、普段の心掛けが何よりも大切。時間がないからできない、という人は自分のライフスタイルにうまく運動量を増やす工夫をしてみましょう。

たとえば通勤時間を使いウォーキングをする、階段を使うなど、また疲れている人や腰痛がある場合などもストレッチ程度の無理のない運動からスタートしてください。

 

野菜をたくさん食べて健康維持しましょう

ストレス解消法は色々ありますが、体をリラックスさせるためには細胞の働きを活性化しないといけません。そのための土台となるのが栄養補給で、毎日の食生活は生活習慣病を左右する大切な要素となります。

油っぽい食べ物、スイーツ、偏食など今日だけだから大丈夫という油断が積み重なると健康診断で問題が発見されることも。現代の食生活はよほど自分が注意しないと健康被害を及ぼす食べ物がたくさん存在します。

とくにコレステロールは糖尿病や心臓病、高血圧の原因になりますので、肉食よりも食物繊維の多い野菜を心がけてたくさん食べるようにしましょう。

野菜はビタミン、ミネラルなど体では作り出せない栄養素がたくさん含まれています。どうしても十分は栄養摂取ができない時はサプリもうまく活用しましょう。

 

暴飲暴食に注意しましょう

暴飲暴食は生活習慣病の原因になりますので、食べる時は空腹を満たすためでなく健康のことをちょっとだけ意識しないといけません。

ストレス解消法として好きなものをたくさん食べて気分転換する人がいますが、「やけ食い」は健康状態を乱す原因になります。がつがつ食べてしまうと消化吸収の役目を持つ胃腸器官に負担がかかり効率的な栄養摂取ができなくなってしまうのです。

食べ過ぎは一時的なストレス解消法にしかすぎず、食べた後にやってくる後悔はさらなるストレスの原因なる場合も。健康の維持は決して楽ではありませんが、いつまでも元気で快適な暮らしを続けるために時には自分に厳しくすることも必要です。

 

自分にあったストレス解消法を実践しましょう

ストレス解消法は必ずこれをやりなさい、と決められた方法はありませんので、自分がやりやすい方法や快適に感じることを生活にプラスしてください。

趣味の時間、運動、入浴などほっとする時間を作ることが何よりも忙しい生活のなかで快適なストレス解消法になります。ライフスタイルを考えなにをするのが好きか、楽しいか、じっくり考えてみましょう。

 

このようにストレス解消法は心の癒しだけでなく、体の機能をコントロールするためにも大切な要素を持っています。何気なく続ける不健康な生活習慣は、客観的に判断しないと自覚できないものです。

健康を害する喫煙や飲酒をはじめ、夜更かし、運動不足などあらゆる角度から健康改善するコツがあります。ストレス解消法は難しいことを続けるのでなく、寝る前のアロマキャンドルだけでも十分なのです。

心身ともに疲れが取れるような至福な時間こそが生活習慣病の予防になり、血圧や肥満予防へとつながっていきます。

まずは今までの生活を振り返り、正すべき点を考えてみましょう。朝すっきりと目が覚めて一日がスタートできるようになると、自然と健康に対してモチベーションがアップします。


連記事