35歳からの転職!年収UPを目指すためのマル秘テクニック

35歳からの転職!年収UPを目指すためのマル秘テクニック
転職を考えている方のための、35歳からの転職法を紹介いたします。35歳というと、ある程度の経験を積んで実績もできてくる頃。自分が仕事においてやりたいことも明確に見えてくる時期でしょう。

しかし35歳は会社の中ではまだまだ中堅に差し掛かったばかりの時期。自分の自由にやりたい仕事ばかりに熱中できるわけではありません。そこで自分の指針を曲げずに、やりたい仕事に集中できる企業へと転職を考える人も少なくないのです。

30歳だと経験や実績不足で、40歳になってしまうとフットワークも重くなるため、35歳という年齢は、「転職適齢期」と言ってもいいかもしれません。家族をもって家を購入するのも同じ時期なので、経済状況が悪化しては元も子もありません。できれば年収アップして、希望の職種を手掛けられる転職を目指したいところです。そこで今日は35歳からの転職!年収UPを目指すためのマル秘テクニックについてお伝えします。



 

35歳からの転職!
年収UPを目指すためのマル秘テクニック

 

やりたい職種を明確に提示


35歳にもなれば、若いころに比べてある程度は視野が広がってきます。とはいっても、まだまだ若いと言える年代なので、「やっと自分のことがわかる年代」といったところでしょうか。

自分を見つめると、自分がいかに小さく無力な人間であるかという現実とも向き合わなくてはなりません。心の弱い人間にとっては、自己分析は厳しい作業です。しかし転職するにあたって、自分という人間の能力や可能性を十分に熟知しておく必要があります。

自分を知っていてこそ、転職先の会社へ、「自分がどんな人間であるか」を紹介できるのです。「何が得意」で「何が苦手」で「どんな職種を希望するか」など、転職先の企業の人間が求める自己情報をしっかりとまとめておきましょう

 

今までの経験を生かせる職種へ


35歳ともなると、仕事を始めてから10数年の月日が流れています。学業を卒業して初めて就職してから、転職を考えた今まで、様々な経験を積んできたことでしょう。

その間のあなたの経験や実績を、転職先の会社へ堂々と提示できるようにしましょう。あなたの経験は、転職先の会社があなたを受け入れるかどうかの大切な目安となります。過去の実績から、希望する職種への転職が可能かどうかを判断されるのです。

今までしてきた仕事とは全く違う職種への転職も、どうしてもというのならいいのですが、できれば過去の経験を生かせる職種がいいでしょう。その方が転職できる可能性が高いからです。

 

希望年収額の算出


35歳にもなると、結婚をして子どもも1人か2人生まれていて、持ち家を希望する頃でしょうか。住宅ローンを組んで毎月の支払いに追われている年代かもしれません。月々の支払いに追われて、やりたくもない仕事に毎日出かけて疲れがたまっている時期かもしれませんね。

マニュアル化された人生を歩んでいると、「税金」やローンなどの「支払い」のために仕事をしていることに、生きがいを無くす人も出てきます。せめて希望の職種で毎日充実した生活が送れたらと転職を希望する人もいるでしょう。その場合は、転職した際に今までよりも年収が下がってはいけません。

年収アップしてこそ、転職をする甲斐があるというものです。転職しようとしまいと、月々の支払いは止みません。転職することで生活が苦しくなると、転職そのものを後悔することになりかねません。

そこで、毎月家族が豊かに暮らせる額を算出して、希望年収額として打ち出しましょう。どのくらいの年収を希望するのかというところも、転職先の企業にはっきり伝えられるようにするのです。

 

年収アップの根拠を明確に


上述したように、希望の年収額をきちんと提示できるようにしておくことは転職の際に必要になります。しかし欲張って、自己の能力以上の報酬を期待し、家族で使い切れないくらいの年収を要求してはいけません。転職先の会社に、「こいつは強欲なやつだ」と思われることは避けましょう。

「なぜこの年収額を希望するのか。」を明確にしておくことが大切です。「毎月の出費」と「自分の過去の実績や能力」をはかりにかけ、「このくらいの年収を希望しても欲張りではない!」と胸を張って言える額を算出するのです。闇雲に年収アップを希望していると思われないために、根拠を明確にしておくのです。

 

さて、35歳からの転職を応援すべく、転職する際に必要な情報や心構えについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ハローワークなどである程度の転職先の企業がしぼれて、転職先の会社へ交渉する段階になったら、大人として自己アピールがしっかりとできるように準備しておく必要があるのです。「なんとなく」「人任せで」転職はできません。「自分で」「希望して」転職をするのです。

35歳という働き盛りの年代での転職は覚悟が必要です。転職に失敗すると、思いもよらない職種で嫌な仕事をする羽目にもなりかねません。また、転職先が決まらずに、何か月も失業保険で暮らすことになるかもしれません。

そんな不安をはねのけるためには「絶対に転職するぞ!」という確固たる強い意志が必要です。気持ちを強く持って、転職にのぞんでください

 

まとめ

35歳からの転職!年収UPを目指すためのマル秘テクニック

・やりたい職種を明確に提示
・自分の能力を自己解析
・今までの経験を生かせる職種へ
・希望年収額の算出
・年収アップの根拠を明確に

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c