若く見える方法ベスト5!低予算で簡単な選りすぐりの術

若く見える方法ベスト5!低予算で簡単な選りすぐりの術
若く見えるためのケアを、できるだけお金をかけずに行いたい!そんな贅沢な願いがかなうなら、ぜひとも試してみたいところですよね。若く見えるためには、お金をかけるのが最も手っ取り早い方法です。

エステやマッサージ、化粧品、おしゃれな服……あげればきりがありませんし、そこにかける費用も増そうと思えばいくらでも増やすことができます。しかし実際は、筆者も含め、そんな贅沢は不可能な人のほうが大勢いるのが現実ですよね。

多少の必要経費は覚悟のうえ、とはいえ、低予算で若さを取り戻せるなら、それに越したことはありません。そこで今回は、できるだけお金をかけずに、若く見えるためのケアを行うための方法について、お伝えします。



 

若く見える方法ベスト5!
低予算で簡単な選りすぐりの術

 

ベスト5!笑った時に輝く「白い歯」を目指す


笑った時に、目が行くのが「歯」ですよね。若い頃は真っ白だった歯も、加齢や体質、服用している薬、喫煙者ならヤニなど、様々な要因で色がどんどん変化していきます。

黄色がかった歯や変色した歯は、見た目年齢を一気に老けさせてしまう原因に。そこで、若く見えるために「白い歯」を目指しましょう。若く見える要因となる「歯の白さ」を保つためには、ホワイトニングが最も有効です。しかしこれにもいろいろと種類があります。

・薬剤をマウスピースに注入して装着し、就寝中に歯を白くする「ホームホワイトニング」
・クリニックなどでレーザーを当てて歯を白くする「オフィスホワイトニング」
・市販のジェルなどを使い、自宅でホワイトニングを行う方法

個人差はありますが、2~4週間程度で効果が見えてくるといわれているホワイトニング。当然お値段も数千円から十万円単位(保険がききません)と、方法によって大きく変わってきます。

また、お値段は「歯1本に対して○○円」と設定されていることが多いため、サロンやクリニックで施行してもらおうと考えているなら、一度きちんと問い合わせてみることをおすすめします。

 

ベスト4!魅力的な「ウルツヤ肌」を目指す


若く見える人は、肌ツヤがよかったり、肌にハリがあったりしています。もちろん、たるみやほうれい線がないに越したことはありません。メイク次第で実年齢より若く見える肌を作ることも可能ですが、やはり基礎がしっかりしていないと、化粧のよれが目立つ原因になってしまいます。

となると、若く見えるための投資としては、やはり基礎化粧品でしょうか。ただ、やみくもに高いものが必ずしも良いとは限りません。もちろんお値段が高ければそれだけ品質も保証されますが、なによりも、あなたの肌質にあった化粧品をそろえることのほうが重要です。

また、定期的にエステを受けるという手もありますね。「エステ」というとどうしてもお高いイメージがありますが、今はエステ業界も「顔のマッサージとして気軽に利用してもらえるように」手頃な価格で、いろいろと趣向を凝らしているところが多くなりました。

規則正しい生活やバランスの取れた食事はもちろんですが、自分へのご褒美として、数千円から試すことができる、プチエステを取り入れてみるというのはいかがでしょうか。

 

ベスト3!若作りよりも「似合う服装」を目指す


同じ年齢でも、実年齢より若く見える人もいれば、老けて見える人もいますよね。あなたの印象を左右するのに、重要な要素は「服装」です。忙しいからと、おしゃれに気を遣わなくなったら、オバサンへの道まっしぐらです。

若く見えるために最も必要なのは「清潔感」であることは言わずもがなですが、その他にも、体のライン隠し優先の服ばかり選んでしまっては、余計に太って見えますし、どうしても老け感が抜けなくなってしまいます。

年齢にあったファッション雑誌を参考に、「体型を隠す服」「着ていて楽な服」ばかりではなく、「あなたが着たいと思う服」「素敵だと思う服」を選んでみましょう。

また、ぜひ意識してほしいのが「靴」と「下着」です。いくら服が完璧でも、よれた靴では一気に印象が貧相になってしまいます。足元は結構見られているポイントなので、注意しましょう。

「下着」は……「見えない部分なのに?」と思うかもしれませんが、ちゃんと体にフィットする下着は、姿勢や体型を整え、美しく見せてくれますし、おしゃれな下着は、あなたの潜在意識から女性の魅力を引き出してくれるものなのです。

 

ベスト2!髪質に気を配り、「整った髪の毛」を目指す


髪質・ツヤ・白髪の有無・髪の量といった部分は、若く見えるか否かを左右するポイントでもあります。きちんと整えられた、ツヤのある健康的な太い髪が若々しい印象を与えるのに対し、手入れされておらずツヤやコシがない、細い髪やパサついた髪は老けた印象を与えてしまいます。

若く見えるようになりたいと思うなら、定期的に美容院に行くようにして、整ったきれいな髪型を保つようにしましょう。髪の毛がやせ細ってきたなと感じたら、育毛剤使用の検討や、頭皮の保湿にも気を配るとよいですね。

もう1つ、手入れで気にしたいのが、「洗髪」です。洗いすぎもよくありませんが、洗わない日数が長いのも論外です。また、今話題の「ノンシリコンシャンプー」も、実は向き不向きがあります。

『シリコンシャンプーが向いている人』・髪の毛が普通~太い方・ロングヘアでツヤがほしい方・髪の毛がからまりやすい方・髪にボリュームがある方・ドライヤー、コテ、ヘアアイロンを多用する方シリコンシャンプーは、シリコンが髪の毛をコーティングして、守ってくれますが、これが逆に髪の負担になることもあります。

『ノンシリコンシャンプーが向いている人』・髪の毛が細い方・髪が短い方・髪がからまりにくい、枝毛は少ない方・パーマ、白髪染めをよく使う方・自然派、ナチュラルが好きな方シリコンが入っていないので、髪は自然の状態になりますが、シリコンで守ってくれいた保護力がなくなります。自分の髪質に合わせて使い分けてくださいね。

 

ベスト1!正しい「姿勢」を目指す


若く見えるかどうかを最も左右させるのが「姿勢」。猫背になっていると、それだけで見た目が3歳~5歳は老けて見えます。肩や首が凝りやすいという人は特に要注意!知らず知らずに前傾姿勢になっている可能性がありますよ。

姿勢が悪いと、体の後ろは突っ張っているのに、前面はたるんでいるという状態に。そうなると、フェイスライン(もしくは顔全体)のたるみや、首のしわ、デコルテの崩れ、バストの崩れ、ポッコリおなかなどなど、多くの弊害が表面化する恐れが出てきます。

ストレッチなどで背筋力や体幹を鍛えるとともに、普段からも背中を丸めないよう、姿勢に気を配りましょう。両肩を後ろに引っ張り、胸を開くようなイメージで姿勢を正すと、背筋がすっと伸びて若く見えるようになります。

 

いかがでしたでしょうか。若く見えるためのポイントにかかるお値段もピンキリ……お財布と相談しつつ「かけるべきところにはちゃんとお金をかけ、節約できる部分で節約する」「どこに重点を置きたいのか、ポイントを絞る」ことが、美を保つ秘訣になってくるのかもしれませんね。

ですがなにより低予算で若く見えるようになるには、やっぱり「規則正しい生活」に勝る方法はありません。「ストレスをためすぎない」「しっかりと、良質の睡眠をとる」「バランスの良い食事を摂る」といった、ごくごく当たり前の生活習慣こそが、実はもっとも低予算、かつ有効な手段でもあります。すべてを実行するのは難しくても、まずはどれか1つからでも、始めてみましょう。

まとめ

低予算で、若さを保つには

・ ベスト1!正しい「姿勢」を目指す
・ ベスト2!髪質に気を配り、「整った髪の毛」を目指す
・ ベスト3!若作りよりも「似合う服装」を目指す
・ ベスト4!魅力的な「ウルツヤ肌」を目指す
・ ベスト5!笑った時に輝く「白い歯」を目指す

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c