将来が不安で仕方ないときに暖かく心を和ませるケア術

将来が不安で仕方ないときに暖かく心を和ませるケア術
将来が不安で仕方なくなるとき、誰にだってありますよね。これまでの人生、山あり谷あり今だって闇の中を手探り状態というスリリングな人生を生きてきた方はもちろん将来は不安でいっぱいでしょう。

はたまた、これまでの人生、順風満帆全て計画した通りに運んできたという方にとっても将来の不安は消えるわけではありません。

思いがけないサプライズが用意されているのが人生だということを知れば知るほど、今の幸せがこの先も続くのだろうかと不安になってしまいますよね。

これまでどのような人生を生きてきたにせよ、あるいは現在の生き方には差があるにせよ、幸せな将来が保障されていないことは皆同じ、将来の不安は皆に共通する不安なのではないでしょうか。

ということで、今回は将来が不安で仕方ないときに暖かく心を和ませるケア術をお伝えします。将来の不安で眠れないとき、ぜひお試しください。



 

将来が不安で仕方ないときに
暖かく心を和ませるケア術

 

温かい飲み物で心をほっとさせること


将来が不安でおしつぶされてしまいそうなときには温かい飲み物が一番!ホットココアやホットレモン、ホットミルクなどで心を和ませましょう。

温かい飲み物を体の中に入れて、体が芯から温まれば、肩や首、頭のコリがほぐれ緊張も和らぎます。体の緊張がほぐれたら、心もまたほぐれるもの、将来の不安もすっと消えますよ。

眠れない夜には温かい飲み物!ただしカフェインは神経を高ぶらせてしまうので×、ホットコーヒーや紅茶は避けてくださいね。

熱燗やお湯割りはほどほどにしておきましょう。深酒はかえって安眠を妨げます。お酒の風味を味わいたいのであれば甘酒がおすすめです。

 

家族や恋人、親友の声を聞くこと


将来が不安なときには、両親や子供、恋人、親友に電話をかけ彼らの声を聞きましょう。電話越しに愛する人の元気な声を聞けば、あなたの不安もすっと消えますよ。

夜中に電話をかけるのは迷惑かもしれないので、「今夜は眠れないかも」という予感がするときには、できれば常識的な時間のうちに電話をかけておきましょう。

たとえば昼間に嫌なことがあった、銀行帰りに通帳を見て不安な気持ちになった、このところ上手くいかないことばかりで将来の不安が大きくなりつつあるというときには、早めに電話をしてくださいね。

電話ができないときにはSNSのやり取りもよいですが、やっぱり文字よりも声の方がずっと安心感を与えてくれます。

 

楽しい予定を立ててみること


漠然とした将来の不安に襲われるときには、具体的な計画で不安を打ち消すのがよいです。週末のお出かけやデートの予定、夏休みの旅行計画に頭を切り替えてみましょう。

宿泊先を検索してみたり、電車やバスの乗り継ぎを調べたりメモしたり……考えるだけでなく、検索したりメモをとるなど手を動かしてみることで、将来の不安から近い将来の計画に頭を切り替えやすくなります。

お出かけや旅行などの楽しい計画の方が頭の切り替えはしやすいですが、もし楽しい計画や予定が何もないのであれば、仕事の予定を考えてもよいですよ。

とにかく、漠然とした将来の不安に負けないためには「近い将来の具体的な計画」を考えることがポイント!私たちの頭は漠然としたことを考えるよりも、乗り継ぎや仕事の段取りのような具体的なことを考える方がずっと得意なので、このような仕事を与えているうちは漠然とした不安で頭がいっぱいになることはありません。

 

目の前の問題を一つ片付けてみること


将来が不安で仕方ないときには、とりあえず不安の種を一つ取り除いてみましょう。目の前の問題を一つ片付けてみるのです。

こうすることで、将来の不安の種が一つなくなるわけですから、将来の不安も少し小さくなるはず!たとえ、それが将来の不安には何ら関係のない問題だとしてもかまいません。

将来の不安を和らげるためには「問題を解決した」という達成感と「いざとなったら問題を解決することができる」という自信を持つことが大切だからです。試しに、台所のシンクにたまった食器を洗ってかたづけてみてください。

これで将来の懸念事項の一つ、いつかはやらなければいけないのに先延ばしにしてきた問題の一つを解決することができましたね。少し将来の不安も和らぐはずです。

 

貯金すること


将来の不安を手っ取り早く和らげる方法は貯金です。通帳の金額が高くなり懐が暖かくなれば心も暖かくなるというもの、将来の不安に襲われたときには、千円でも一万円でもよいのでATMに入れてください。

そして通帳の残高が増えるのを確認してみましょう。これでまた一つ、将来の安心が増えましたね。将来の不安には仕事や結婚、育児、介護など色々ありますが、突き詰めれば「お金」です。

お金が足りるかどうか、将来の不安はこの一点のみといっても過言ではありません。お金が足りないという不安なら、お金を増やすことしか解消する術はなし!がんばって貯金しましょう。

 

いかがでしたか。以上が、将来が不安で仕方ないときに暖かく心を和ませるケア術でした。将来が不安で仕方ない、布団に入っても眠れそうにないというときには、温かい飲み物を飲んだり愛する人に電話をして不安を和らげましょう。

デートや旅行などの楽しい計画を立てることも不安を和らげるのに効果的です。目の前の問題を一つ片付けてみることで漠然とした将来の不安を和らげるという方法もあります。

掃除でも洗濯でもかまわないので、身近な懸念事項の一つをかたづけてみましょう。たまりにたまった仕事なんかはうってつけですよ。さらに、将来の不安を根本から和らげるために貯金をしましょう。

貯金の金額が増えるにつれ、将来の不安に襲われることも少なくなりますよ。まずは老人ホームに入るためのお金から!これで少なくとも老後の不安は解消できます。

まとめ

将来が不安で仕方ないときには

・ 温かい飲み物で心をほっとさせること
・ 家族や恋人、親友の声を聞くこと
・ 楽しい予定を立ててみること
・ 目の前の問題を一つ片付けてみること
・ 貯金すること

1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c


1e3a846cb7248b2ac4977a2a536e3e7c